刑事ドラマのウソホント 電柱に隠れて張り込む刑事はいない

刑事ドラマのウソホント 電柱に隠れて張り込む刑事はいない

刑事は実際に変装する?(公式HPより)

 毎クール数多くのドラマが放送されている中で、特に人気が高いのが刑事ドラマだ。今クールも『緊急取調室』(テレビ朝日系)、『小さな巨人』(TBS系)、『CRISIS~公安機動捜査隊特捜班~』(フジテレビ系)など警察モノがアツい。

 そんな刑事ドラマで気になるのが、「どこまでがリアルなのか」ということ。刑事ドラマでおなじみの展開も、実はフィクションならではなのことなのかもしれない──。そんなドラマのウソ・ホントを、『「警察ドラマ」のトリビア ~ドラマを100倍楽しむために』の著書があり、警察監修多数の倉科孝靖さん、犯罪評論家で元千葉県警部の田野重徳さんに聞いた。

◆捜査一課は殺害現場にいちばんに駆けつける?

 鑑識などに交じって遺体を調査する捜査一課の刑事──。これも警察ドラマではおなじみのシーンだ。

「殺人事件では、犯人がわからない現場に捜査一課が中に入ることは、まずありません。場合によっては署長も入れません。ちょっと歩いただけで、髪やすね毛が落ちて、現場が混乱するんです。現場は証拠の宝庫なのに、鑑識活動に影響してしまいます。もし入る場合には、手袋、下足カバーの他に、頭にキャップを被ります。格好が悪くなるので、キャップを被っている刑事を、ドラマで見ることはありませんよね(笑い)」(田野さん)

◆ホームレスの情報屋がいる?

 刑事が情報屋から裏情報を購入するのは、刑事ドラマにはよくある場面。情報屋がホームレスというケースも実際にあるという。

「彼らは組織化していて、どんな情報を持っているのか、こちらもだいたい把握しています」(倉科さん)

◆捜査員はホワイトボードに事件の情報をまとめる?

 犯人や被害者の写真をホワイトボードに貼って、事件の情報をまとめるのは見所のひとつ。しかし…。

「本当はありません。視聴者にわかりやすくする演出です。実際は黒板に模造紙を張って、発生日時、場所、被害者の氏名くらいしか書きません。突然誰かが部屋に入ってきても、情報が漏れないようにするためです」(倉科さん)

◆逆探知をするため、できるだけ通話を延ばす?

 誘拐犯からの電話を家族が受けた場合、逆探知をするべく「通話を延ばして」と刑事が合図をするシーンは?

「一昔前はともかく、今はデジタルなので、短時間で逆探知が可能です。どれくらいの時間が必要かは言えません。固定電話も携帯電話も関係なく、だいたいのエリアを特定できます」(田野さん)

◆刑事は変装して犯人を監視することがある?

 犯人を尾行する際や、あるいは身代金の受け渡し現場周辺などで、刑事が変装していることがある。

「私の得意技でした(笑い)。捜査一課の特殊班にいたとき、捜査用車両には現場作業員グッズを2セット置いてました。特に身代金目的の誘拐事件などを扱う特殊班は変装なしでは捜査できません。ちなみにドラマでは電柱に隠れて張り込みをしていますが、まずそんな刑事はいません」(田野さん)

◆「犯人は現場に戻る」は本当?

「特に放火は、劇場犯ですから、放火犯は燃える様を見たいわけです。多くが、通行人を装って現場に戻ってきます。ですから、警察関係は燃えてる絵ではなく、集まった野次馬を撮ります。写った人物を照会して、犯人を割り出すことがあります」(倉科さん)

※女性セブン2017年6月15日号

関連記事(外部サイト)