バラエティー、ドラマも 新日レスラーがTVを席巻中の背景

バラエティー、ドラマも 新日レスラーがTVを席巻中の背景

レスラーの中ではいち早く「スイーツ真壁」としてブレーク

 かつてプロレスラーはマットの上で熱いバトルを繰り広げたが、今、彼らはマットの上だけではなくテレビを舞台に活躍中だ。しかも、バラエティーに限らず最近はドラマにも進出している。とくに新日本プロレス所属のレスラーたちの活躍がめざましい。そのワケとは? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 このところ新日本プロレス所属のプロレスラーがさまざまなジャンルの番組に出演しています。

 今春スタートのバラエティー『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』(テレビ朝日系)には、棚橋弘至選手、矢野通選手、タイガーマスク選手、永田裕志選手、田口隆祐選手らが出演。特定のプロレス団体が週替わりのレギュラー枠を持つのは異例です。

 次に、真壁刀義選手が5月から大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK)に俳優としてレギュラー出演。さらに後藤洋央紀選手が5月30日の『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(フジテレビ系)に出演し、主演の小栗旬さんと激しいアクションを披露しました。

 その他にも『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)にオカダ・カズチカ選手が出演したほか、『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)では真壁選手が川田裕美アナに公開告白。『水曜日のダウンタウン』(TBS)にも中西学選手が出演するなど、春以降多くのプロレスラーたちを見かけるようになりました。

 驚かされるのは、ほぼすべてのテレビ局を制覇し、それが新日本プロレス所属のレスラーであること。新日本プロレスの試合は長年テレビ朝日で放送されていますが、他局にもまんべんなく出演しているのです。

過去のプロレスブームではこれほどの状況は見られませんでした。今、なぜレスラーがテレビ番組に出演しているのでしょうか?

◆レスラーのエンタメ性が飛躍的にアップ

 一昨年前ごろ発生した「プ女子」(プロレス好きの女子)ブームの定着が影響していることは間違いないでしょう。当初はイケメンレスラーばかりでしたが、現在ではヒールや外国人、武骨からコミカルまで、さまざまなタイプのレスラーに黄色い声援が飛ぶようになりました。地方会場も超満員を連発するなど全国的な人気があるだけに、テレビ番組の制作サイドがファンの視聴を期待しているのです。

 人気以上に見逃せないのは、レスラーのエンタメ性が飛躍的に上がっていること。もともと新日本プロレスは、アントニオ猪木さんが掲げた「ストロングスタイル」に基づく強さ至上主義でしたが、現在は“魅せる”演出が随所に見られます。

 それぞれのレスラーに強烈なキャラクターや決めゼリフがあり、入場シーンもド派手。リング外でも、真壁選手のようなトーク力やスイーツ好きなどの個性を持つレスラーも少なくありません。実際、ファンサービスに熱心であるのと同様に、テレビ番組の撮影現場でもサービス精神あふれる対応を見せているそうです。

 そもそも他のタレントにはない規格外の体格を持つレスラーは、いかにもテレビ向き。そこにキャラクターやトークなどのエンタメ性が加わったため、テレビ番組の制作サイドも使いたくなっているのでしょう。

◆大手芸能事務所との提携も

 新日本プロレスそのものを取り巻く環境の変化も大きいでしょう。2012年にゲーム会社『ブシロード』が親会社になってから、レスラーのトレーディングカードゲームを発売するなどタレント化が進みました。昨年から大手芸能事務所『アミューズ』と業務提携しているのもテレビ出演が急増している理由の1つと言えます。

 かつて格闘家のテレビ出演は、「新日本プロレスはテレビ朝日」「全日本プロレスやプロレスリング・ノアは日本テレビ」、「(総合格闘技の)PRIDEやRIZINならフジテレビ」というように試合を放送している局がほとんどでした。しかし、現在地上波でレギュラー放送しているのは新日本プロレスだけであり、他局とのしがらみがないため出演しやすくなったという側面もあります。

 また、深夜帯ではあるものの、AKB48が本格的なプロレスに挑むドラマ『豆腐プロレス』や、アニメ『タイガーマスクW』(ともにテレビ朝日系)が放送されるなど、テレビ局がプロレスというコンテンツに注目している様子がうかがえます。

◆「フリもオチもOK」の使い勝手

 レスラーは見た目の大きさや怖さを感じさせられる分、ユーモアとのギャップも大きく、テレビ番組のスタッフにとっては魅力的なタレント。2000年代前半にバラエティーを席巻したボブ・サップのような存在が現れるかもしれませんし、俳優として成功を収めるレスラーがいても不思議ではありません。

 トーク力なら真壁選手、肉体美なら棚橋選手、怪力と天然ボケなら中西選手、罰ゲームなら獣神サンダー・ライガー選手、下ネタなら田口選手など、それぞれの持ち味は多彩。知人のある構成作家が「プロレスラーはフリにもオチにも使いやすい。出演時間が数秒だけで申し訳ないときもあるけど(笑)」と言っていたように、スポット出演も可能であるなど、使い勝手の良さでも重宝されます。

 若手からレジェンドまで、まだまだ人材は豊富だけに、今後もさまざまな番組でレスラーの活躍が見られるでしょう。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本前後のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

関連記事(外部サイト)