フォーチューンアドバイザーが断言「運命は自力で変えられる」

フォーチューンアドバイザーが断言「運命は自力で変えられる」

「運命は自力で変えられます」と語るイヴルルドさん

 世界を見渡しても、朝の情報番組に必ず「今日の運勢占い」があるのは日本くらい。初対面の鉄板トークの「血液型診断」だって、諸外国に行けばそもそも自分の血液型を知っている人がほとんどいないし、たった4つのタイプで性格を判断されるなんて何の根拠もなく、バカバカしいと見なされる。そして1年の下半期に突入するこの時期になると、書店に運命に関する雑誌がズラリと並ぶのが、今や5~6月の風物詩。

 成功者と神社の神様の関係をわかりやすく書いた『成功している人は、なぜ神社に行くのか?』(サンマーク出版)はベストセラーになっている。程度の差こそあれ、こんなにも運命を日常的に考え、占いにハマるのは世界広しといえど日本くらいかもしれない。

「運命を変えるためには何をすればいい?」「どうすれば幸せになれるの?」――こんな思いを持つ人々からの相談が後を絶たない女性がいる。フォーチューンアドバイザーのイヴルルド遙華さんだ。

 西洋占星術やタロットなど、独学でマスターした占いで芸能人やモデル、経営者を中心に絶大な人気を誇るイヴルルドさんだが、若い頃は天から見放されたような人生を送っていたという。

「喘息とアトピー持ちで周りから『汚い』といじめられ、友達がいなくていつもひとりで過ごしていました。19才の時には発作で呼吸ができなくなり、死の一歩手前を経験しました」(イヴルルドさん)

 この時は異変に気づいた母親が娘を病院に緊急搬送し、九死に一生を得たが、この経験は彼女の人生にとって大きな転機になった。

「やっぱり人生は本当に1度きり。明日事故に遭うかもしれないし、未来のことを考えて動けない自分より動きたいと思った時に動ける自分の方が運命を引き寄せられるんじゃないかって思って動きました」(イヴルルドさん)

 一念発起してキックボクシングを始めると、周囲の反応が変わったのだ。

「それまでは太った体が自分のコンプレックスでしたが、キックボクシングの仲間から“腕が太いと重いパンチが打てる”と褒められて、場所が変わればコンプレックスがプラスに動くことができるんだって思いました。それで自分に自信がついて何事にも活発的になれたんですよね。その後もイタリアまで旅行に出かけて、現地で見つけた雑貨を友達に売ったら大評判で、雑貨店のオーナーになるなど、完全に人生が好転したんです」(イヴルルドさん)

 そんな彼女は、運命を変えるためには「マインドを変える」ことが重要だと強調する。

「“宿命”と違って、運命は自力で変えることができます。“運”は運動の運。まず大事なのは“どうせダメだから”と思わず、自分が何をしたいかを真剣に考えて行動に移すこと。マインドが変われば行動力が変わり、行動力が変われば出会う人が変わる。そうすれば世界が大きく変わるんです」(イヴルルドさん)

 ただやみくもに動くのでは意味がない。そんなイヴルルドさんは知人から「2011年11月11日に結婚するといい」というアドバイスを受けた。

「でもその時、私には彼氏がいなかったんです。仕事が忙しくて、新しく出会う人といっても相談者は女性ばかり。どうしようと思いながら女性だらけのお花教室に通っていたある日、ふと外を見たら男性の庭師がいました。その時、“あ、男性は外にいる”って気づいたんです。そこで家に帰って盆栽教室を探して、早速行ったら、隣に1人の男性が座ったんです。

 その男性が今の夫で2011年11月11日に結婚しました。もともとそういう教室に通うくらいですから、植物という趣味が同じで、気も合った。

 だから最初に聞いたんです。『あと1年ちょっとで結婚したいんですけど、あなたできますか』って。相手は引くかもしれないって思ったけど、もし結婚しないのであれば早く引かれちゃった方がいいなと思ったの。運命を引き寄せるには、とにかく自分の意志が大事ですから」

撮影/浅野剛

※女性セブン2017年6月15日号

関連記事(外部サイト)