嵐 新型ウイルス影響で今春の北京ライブ断念へ、夏に延期か

嵐、新型コロナウイルスの影響で今春の北京ライブ断念も 松本潤と櫻井翔ら話し合いか

記事まとめ

  • 新型コロナウイルスの影響で北京で開催予定の嵐の公演が延期する可能性が高まったそう
  • 嵐の松本潤と櫻井翔らが集まり、“北京公演について話し合われたのでは?”と噂される
  • Suchmosは2月の中国での3公演を中止、渋谷すばるも3月のアジアツアーの中止を発表した

嵐 新型ウイルス影響で今春の北京ライブ断念へ、夏に延期か

嵐 新型ウイルス影響で今春の北京ライブ断念へ、夏に延期か

ミーティングを終え、移動車に乗り込む櫻井翔

 新型コロナウイルスによる影響を受け、今春に北京で開催される予定だったのコンサートが延期する可能性が高まったという──。

 厳しい冷え込みとなった2月上旬の昼さがり。六本木の路地にあるビルに、嵐の松本潤(36才)と櫻井翔(38才)の姿があった。

「ここは、主にイベントやコンサートの練習をする“稽古場”です。この日は嵐のメンバーが、秘密裏に集まったそうです。都合の付くメンバーだけだったとか。関係者の間では、“北京公演について話し合われたのでは?”と噂されています」(芸能関係者)

 嵐は昨年11月、デビュー20周年の会見で、今春に中国・北京でコンサートの開催予定があることを発表している。しかし、新型コロナウイルスが猛威を振るっていることもあり、開催が危ぶまれていた。

 新型コロナウイルスは、日本のエンタメ業界にも大きな影響を与えている。日本のロックバンド・Suchmosは、2月上旬に予定していた中国での3公演中止を余儀なくされた。渋谷すばる(38才)も3月のアジアツアーの中止を発表した。この“コロナショック”は、嵐にも大きな影響を及ぼしていた。

「嵐の北京公演も、見送られることになりそうです。4月か5月の予定で調整が進められていて、収容人数5万人以上の会場も押さえてありました。しかし収束の気配が全く見えない中、“開催は困難”との判断が下されるようです」(前出・芸能関係者)

 開催予定の会場に確認すると、嵐のコンサートの予定会場であることを認めたが、開催日時や中止に関しては「わからない」と言うのみだった。

 中止への動きを、メンバーは断腸の思いで見守っているという。

 嵐は昨年末に外務省から日中の文化・スポーツ交流を推進する親善大使に任命されている。北京公演の実現には並々ならぬ意欲を持っていたはずだが、メンバーは中国開催という点で、別の熱い思いも抱いていた。

「今年の年末で活動を休止する嵐は、昨年11月、アジアのファンに“20年分の感謝の気持ち”を伝えるため、ジャカルタ、シンガポール、バンコク、台北の4都市を訪問しています。しかしスケジュールの関係で、中国は訪れることができなかった。それだけに北京公演の重要度は高かったんです」(前出・芸能関係者)

 春までに、現在の感染状況が収まっているとは考えにくい。決行か中止かの決断が迫られる中、メンバーやスタッフ、そして5万人以上もの観客の感染リスクを考えると、中止はやむを得ないだろう。

 だが、ファンを失望させたままでは終わらせない。松本や櫻井は冒頭の会合で、そんな思いを闘わせていたに違いない。

「松本さんは、嵐のプロジェクト全体のクリエーティブなディレクションやプロデュースも手がけています。コンサートとなれば、1日10時間を超える打ち合わせの中で、1曲1曲の演出を決めています。北京公演についてもファンに感謝を伝えるべく、熱のこもった打ち合わせを重ねていたはずです」(前出・芸能関係者)

 昨年12月31日にNetflixで配信された嵐のドキュメンタリー『ARASHI's Diary -Voyage-』の第1話で、活動休止までの日々について松本は「絶対に、何が何でも、どんな関係性になってもやらないといけない」と発言している。櫻井もまた「ファンの思いを死守する」と力強くコメントした。2人を筆頭に、メンバーは代替案に思いを巡らせているはずだ。

「嵐はすでに日程が発表されている5月15、16日の新国立競技場でのコンサートに向けて動き出しています。北京公演を、その後の夏頃に延期するプランが浮上しているという情報もあります」(前出・芸能関係者)

 松本は2月8日、公式インスタグラムのストーリーで、ファンからの《嵐のこと好きですか?》の質問に、《好きというか、愛だね》と答え、ファンを歓喜させた。新型コロナウイルスに負けない嵐が吹く。

※女性セブン2020年2月27日号

関連記事(外部サイト)