トップ独占中のTBSラジオ 強さの秘密は生島ヒロシ?

トップ独占中のTBSラジオ 強さの秘密は生島ヒロシ?

『生島ヒロシのおはよう定食・おはよう一直線』(公式HPより)

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、TBSラジオの強さの秘密について。

 * * *
 在京テレビ局の年度視聴率では3期連続で日本テレビが“3冠王”を達成していることは皆さんもご存じのとおりだ。

 ではラジオはどうかというと、17年4月に行われた首都圏ラジオ個人聴取率調査(ビデオリサーチ調べ)でトップを獲得したのがTBS。実は15年10か月間にもわたってNo.1を獲得中なのである。

 それより前は若者に人気が高かったニッポン放送の独壇場だったのだが、その層のラジオ離れや聴取者の高齢化が顕著となっていく。その頃からTBSラジオは、森本毅郎、大沢悠里、毒蝮三太夫、荒川強啓、そして故・永六輔さんら、年配リスナーのハートをガッチリ掴んでいるパーソナリティーを揃えており、彼らのワイド番組は、どれも横並びトップの聴取率を獲得。いずれも長寿番組に育っていったのである。

 テレビとは異なり、ラジオの場合は、朝、チューナーを合わせたら、「ずっと、そのまま」というリスナーが少なくない。自営業やタクシーを始めとするドライバーによる“ながら聴取”も多く、なかには入院中の患者さんが一日中、イヤホンで愉しむことも。よって、早朝、TBSラジオにチューナーを合わせてもらうことがとても大事なのである。

 そんなTBSラジオで、月~金の5時~6時30分にオンエアしているのが『生島ヒロシのおはよう定食・おはよう一直線』。なんと、6月5日に放送5000回を迎える。

 同日はハワイから生中継を行い、ゲストは松原千明&すみれ親子。生島に対して、ハワイ州知事やホノルル市長からサプライズが用意されていると聞く。

 生島ヒロシは1950年、宮城県気仙沼市生まれの66才。TBSに入社したのは76年で、同期は鈴木順、高橋進、故・松宮一彦さんと生島の男性アナばかり4人。当時、「TBSヤングライオンズ」と呼ばれた期待の新人で、入社試験時、生島が「TBSのために絶対に役に立ちます」と拳を振り上げたというエピソードは、それから4年後、TBS954キャスタードライバーになった私の耳にも入るほどの“伝説”だった。

 TBSは、在京の民放局では唯一のテレビとラジオの兼営局。小島一慶や故・林美雄さんのように、社員でありながらパーソナリティーとして若者に人気を博すアナウンサーの大先輩も存在した。

 生島も入社間もなく、『生島ヒロシの夜はともだち!!』という人気ラジオ番組のメインパーソナリティーを担当。同番組のヘビーリスナーで、のちに『爆笑問題』となる田中裕二は、当時、アナウンサーを目指していて、TBS954キャスタードライバーの中継を受ける「無線室」のバイトくん候補でもあった。ちなみに、「無線室」のバイトからは、NHKの元エグゼクティブアナウンサー、渡部英美氏、元・日本テレビで現在フリーの小倉淳アナ、テレビ朝日の元アナ、藤井暁氏らが巣立っている。

 話を生島ヒロシに戻そう。80年代になってからの生島は、『ザ・ベストテン』『料理天国』『アッコにおまかせ!』など、TBSの人気テレビ番組を次々担当。『日本レコード大賞』の曲紹介をする実況担当アナウンサーとしても名を馳せた。

 フリーになってからも、バラエティー番組を中心にテレビで華やかに活躍をしていた生島が『生島ヒロシのおはよう定食・おはよう一直線』のパーソナリティーとして古巣に戻って来たのは98年だ。

 TBSラジオでは既に件の森本、大沢、毒蝮、荒川による生ワイドが人気を博していたし、週末には永六輔さんや久米宏といった、いわば“ラジオの達人”が揃っていた。

 もともと“夜とも”のパーソナリティーだったとはいえ、テレビとラジオは全く異なる媒体。久米宏や安住紳一郎アナのように、どちらでも大成功する者はごくわずかで、大沢悠里やニッポン放送の高島ひでたけのように「ラジオで人気だから」とテレビに引っ張ったら、「いいところが全く出せずにアッという間に番組が終わってしまった」ケースもあった。つまり、ラジオとテレビは別物なのである。

 因って、当初はリスナーも生島ヒロシのラジオ生ワイドへの復帰には大きな違和感を抱いていたように思うのだが、回を重ね、生島自身も年齢を重ねるによって、リスナーとの距離はどんどん縮まり、信頼感も劇的にアップ。毎朝、サービス精神溢れる生島のトークに元気をもらい、「そこから一日中、TBSラジオを聴いている」というF3、M3(50才以上の女性と男性)が大多数なのである。

 実は、F4、M4という65才以上の女性リスナー、男性リスナーに強さを発揮し、レーティングのトップを走っているのがTBS。66才の生島は、件の人気パーソナリティーらからしてみたら抜群に若いのだが、やっとメインリスナーの年齢に「追いついて来た」ことになる。

 生島自身、「目指すのはリスペクトより親しみやすさ」と言い、番組で意識しているのは「おもため」=おもしろくてためになること。これは大先輩の大沢悠里からの教えだという。

「台本がないので、毎日、違う番組をやっているよう」とは長年タッグを組むプロデューサーの弁。営業から細かいチェックが入る生CMでも生島は原稿どおりに進まず脱線することがしょっちゅうだ。

 健康マニアであり、さまざまな健康法を試しては惜しげもなくリスナーに体験談を披露したり、あまり知られていないが空手の黒帯をもつ格闘家でもあるため、武勇伝も数知れない。

 テレビでのライトなイメージそのままに、明るく自由に、あくびやクシャミやトイレも我慢せずに5000回。

 東日本大震災発生時は故郷の宮城県で公演中に被災。気仙沼市の実家では妹さん夫婦が津波に流された(義弟はまだ行方不明)ことは番組リスナー以外の方でもご存じだろう。

 実は04年の新潟中越地震のときも上越新幹線内で直撃を受けた経験をもつ生島は、防災士の資格を取得している。

「お辛い経験をなさいましたが、その際も、ためになることを言葉で懸命に伝え続けていらした」(前出・番組プロデューサー)という。

 早朝の時間帯はNHKラジオも強力なライバルなのだが、同率1位、あるいは単独1位でレーティング調査を軽やかに突っ走っているのが『生島ヒロシのおはよう定食・おはよう一直線』。昼の番組に比べ、聴く人が限られてくるため、「だからこそ、一回、一回が勝負」と生島は言う。

 TBSラジオにはレジェンドと呼ばれ、5000回超えのパーソナリティーがたくさん存在するのだが、まだ66才の生島ヒロシはきっと追いつき、追い越せるはず。6000回、7000回も決して夢ではない。

関連記事(外部サイト)