女優・大谷直子、唯一の写真集で妊娠の過程を撮り続けた

女優・大谷直子、唯一の写真集で妊娠の過程を撮り続けた

大谷直子が伝説の写真集について振り返る

 長年にわたり映画やドラマなどで活躍し続ける女優・大谷直子の写真集は、『直子 受胎告知』(1981年5月、集英社)のみだ。6月5日に発売された『週刊ポスト』の袋とじグラビア掲載の写真は、『直子 受胎告知』に収録されなかったアザーカットの中から、写真家・稲越功一氏の著作権継承者の承諾を得て掲載したもの。なぜ、『直子 受胎告知』が生涯唯一の写真集となっているのか、妊娠中だった撮影時の思い出について、大谷みずからが語った。

 * * *
 妊娠中のヌードを撮影してもらったのは、世界で私が初めてなんじゃないかしら。写真集『直子 受胎告知』が出版されたのは1981年ですが、世間に一石を投じたと思っています。そして私の生涯唯一の写真集です。

 主演した、鈴木清順監督の映画『ツィゴイネルワイゼン』が1980年に公開され、突然、写真家の稲越功一先生から連絡があったんです。映画を観てどうしても私を撮りたくなった、着物が似合う日本の女を写真で残したいとおっしゃって。熱意が凄かったですね。当時、稲越先生は、矢沢永吉さんや沢田研二さんなど旬の方々を撮影され、乗っていらっしゃった。その方に自分が選ばれ、一も二もなく喜んでお受けしました。

「ヌードもありますよ」と言われましたが、私はヌードなんて怖くなかった。当時30歳でしたが、デビュー作の『肉弾』から始まり、映画で何度も脱いでいましたから。でも妊娠は予定外(笑い)。お引き受けした3か月後に妊娠3か月だとわかったんです。それで「妊娠の過程を7か月まで撮り続けよう」という話になりました。

 撮影は間を置きながら春から冬まで。冬には北海道の余市で、着物一枚で雪原を走ったんですよ。妊娠中だからといって心配することなく楽しみました。写真撮影は楽です、映画と違って相手がいないから(笑い)。

 この写真集では全然演技をしていません。写っているのは私そのもの。稲越先生は「直子さんそのものを出せばよい」という姿勢で、細かい指示は出されなかったです。巨匠というのは素材を生かして、いじくりまわさない。職人と職人がぶつかりあうような撮影でした。

 裸の全身写真が妊娠7か月の頃で、お腹にいたのは第二子の男の子です。今ではいい大人です。この写真集をずっと自宅の本棚に置いていましたが、本人と話したことはないですね。今、10代の孫に見られたら困っちゃうけど(笑い)。

 私はもともと裸って清潔なものだと捉えています。あれだけの写真家に選ばれて撮られる人は少ない。この撮影は女優冥利、女冥利に尽きる仕事でした。今は裸が氾濫して価値が薄れているような気がしますね。だから「袋とじ」はいいシステム、日本の文化ですね。「袋とじ」という言葉がまたいい。ずっと残してください(笑い)。

●大谷直子(おおたに・なおこ)/1950年4月3日生まれ。東京都出身。高校在学中の1968年に『肉弾』(岡本喜八監督)のオーディションに合格し、映画デビュー。翌1969年にNHK連続テレビ小説『信子とおばあちゃん』のヒロインに抜擢され、高視聴率を叩き出して一躍人気を博す。1980年、鈴木清順監督の映画『ツィゴイネルワイゼン』で一人二役を演じ、日本アカデミー賞優秀主演女優賞とキネマ旬報主演女優賞を受賞。

 翌1981年に写真集『直子 受胎告知』(集英社刊)を発表。1983年には芸術選奨文部大臣新人賞を受賞。2007年に悪性リンパ腫を発病して4年間休業した後、2012年に園子温監督の映画『希望の国』で復帰。2016年に左大腿骨頚部骨折置換手術を受けるも回復し、テレビドラマなどに出演する。

※週刊ポスト2017年6月16日号

関連記事(外部サイト)