五木ひろし、郷ひろみ、田原俊彦、28年半ぶり共演実現の意味

五木ひろし、郷ひろみ、田原俊彦、28年半ぶり共演実現の意味

スター3人の共演は1988年以来とされる(田原俊彦)

 四半世紀の時を超えて、6月7日放送の『日本の名曲 人生、歌がある』(BS朝日)で五木ひろし(69)、郷ひろみ(61)、田原俊彦(56)の3人が揃い踏みする。五木司会の同番組で、郷の『GOLDFINGER ’99』を一緒に歌う。

 五木と郷は1970年代から、田原は1980年代から歌謡界を引っ張ってきたスーパースター。1980年代は頻繁に音楽番組で顔を合わせていたものの、1990年代以降は共演の機会が減っていた。芸能担当記者が話す。

「3人の共演は、おそらく1988年12月14日の『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)以来、28年半ぶりではないでしょうか。この時、郷は1か月出演し続ける『マンスリー』ゲストを務めていました。同年、五木は日本レコード大賞の金賞を10年連続で受賞。田原は主演ドラマ『教師びんびん物語』(フジテレビ系)と主題歌『抱きしめてTONIGHT』が大ヒットしています」

 これ以降、共演が実現しなかった理由の1つには、テレビ界の構造変化がある。1980年代半ばまで音楽番組は強力なコンテンツだったが、視聴率の低下により1989年9月に『ザ・ベストテン』(TBS系)が11年8か月の歴史に幕を閉じると、1990年3月には『歌のトップテン』(日本テレビ系)、9月には『夜のヒットスタジオ』が相次いで終了。ゴールデン帯の歌番組が一気に消えてしまった。

「1980年代前半までは演歌、ニューミュージック、アイドルが一緒くたに出演しても、視聴率20%台をキープしており、大晦日のレコード大賞は30%を超えていた。テレビ界にとって、歌番組が強力なコンテンツでした。しかし、1980年代後半になると、数字が獲れなくなった。『夜ヒット』はゴールデン帯で存続しつつも、他の曜日にロック・ニューミュージック専門、洋楽専門、演歌専門という細分化した派生番組を作っていたほど。家族一緒に歌番組を楽しむというスタイルが消えていったのです」

 1990年代に入ると、歌番組は完全にジャンルごとに分かれてしまったため、3人揃って顔を合わせる機会がなくなってしまったというわけだ。

「ただ、近年の地上波では、フジテレビの『FNSうたの春まつり』やTBS『音楽の日』、日本テレビ『THE MUSIC DAY』など季節ごとに長時間の音楽番組を放送し、歌手同士のコラボレーションが行なわれることもある。

 今の視聴者層は40代、50代が圧倒的に多い。この世代を掴まえないと、高視聴率は望めない。そう考えれば、知名度で群を抜いている五木、郷、田原の3人が既に共演していてもおかしくなかった。地上波はBSに先を越された格好です。

 最近の地上波番組はよく見かける同じようなキャスティングばかり。たしかに視聴率は地上波のほうがBSより良いですが、それは何十年にもわたる視聴者の習慣があるからでしょう。先人が作った歴史に胡座をかいていると、地上波はBSにどんどん視聴者を奪われるのではないでしょうか。地上波の歌番組でも、最近見ない組み合わせをオンエアしてもらいたいものです」

関連記事(外部サイト)