『花戦さ』で千利休演じた佐藤浩市 「静」の眼力を表現

『花戦さ』で千利休演じた佐藤浩市 「静」の眼力を表現

映画『花戦さ』で千利休を演じる佐藤浩一

 これまで数々の役者が演じてきた茶人・千利休。今回、映画『花戦さ』でその役を務めるのは佐藤浩一(56)だ。これまでの佐藤のイメージとはひと味もふた味も違う利休像をつくりあげていると評判を呼んでいる。その魅力について時代劇研究家でコラムニストのペリー荻野さんが解説する。

 * * *
 先日公開された映画『花戦さ』で、一番びっくりしたのは、千利休を佐藤浩市が演じたことだ。

 物語は、安土桃山時代、京の都の花僧・池坊専好が主人公。出世にも名誉も興味なし! ひたすら花を愛する「けったいな男」専好は、多くの人の命を奪った時の権力者秀吉に、花を生けることで戦を仕掛ける。まさに命がけの『花戦さ』。これがホントの話だったということに驚くが、この変人主人公を野村萬斎が演じると聞けば、納得というものである。

 なにしろ、野村萬斎は、映画『のぼうの城』の領民に慕われるでくの坊のようなのぼう様、三谷幸喜ドラマ『オリエント急行殺人事件』のピピンとしたヒゲと甲高い声の名探偵勝呂武尊(エルキュール・ポワロ))など、ここ数年、映画・ドラマでは、変人ポジションに君臨している「けったい系」。

『花戦さ』でも、信長相手に巨大な松を座敷に持ち込んだり、秀吉相手に奇抜な花でギャフン!と言わせると意気込んだり。時におとぼけ、時に不敵に、まつ毛の動きひとつで自在に感情を伝える技は、さすがだ。この筋金入りの「けったい男」の前に立ちはだかるカリスマ信長中井貴一と権力者の嫌な感じむき出しの秀吉の市川猿之助。ふたりもなかなかの存在感を漂わせる。

 そんな中の佐藤浩市の千利休なのである。千利休といえば、信長、秀吉の茶頭として仕えた天下一の文化人。しかし、秀吉の命令により切腹することに…。

 というわけで、これまでにも大河ドラマでは『黄金の日日』の鶴田浩二、『秀吉』の仲代達矢、『江~姫たちの戦国』の石坂浩二、『軍師官兵衛』の伊武雅刀、近年では『真田丸』の桂文枝、映画では1989年の『利休』で佐藤浩市の父三國連太郎、『利休にたずねよ』の市川海老蔵などが演じてきた。

 利休俳優たちに共通するのは、「眼力」だ。茶道具はじめ、「美」を見極める眼力と、俳優としてカメラ目線の眼力の強さ。海老蔵の「美はわたくしが決めること」というセリフの場面など、眼力がありすぎて、見つめられた茶碗がパリンと割れるんじゃないかと心配になるくらいだった。

 もちろん、佐藤浩市にもすごい眼力がある。しかし、それはギラギラと突撃していく「動」の眼力だったはず。『のぼうの城』では、馬で駆けまわり、刀を持って戦う武将だった。今回、「のぼう」と同じく萬斎とコンビだが、利休浩市は荒々しさを封印。別人のごとく穏やかさ「静」で現れるのだ。

 役作りのため、利休浩市は、白髪交じりの頭に茶人の被り物をし、眉毛も下げ気味に。いつもいからせている肩もすとんと落としたなで肩で、しずしずと歩く。狭い茶室では、体を小さくし、ゆっくりと動く。もちろんギャグもなし。お茶のお点前も見事にこなしたと評判だ。

 衝撃だったのは、怒った秀吉に頭を踏んづけられる場面。これまでだったら、ここで大暴れしてもおかしくない(というより、踏んづけてる側だよね、いつもなら?)が、ぐっと我慢してるよ…!! 何か違う境地に達したのか。利休浩市の茶の味も気になるが、俳優としての今後もおおいに気になる。

関連記事(外部サイト)