仲間由紀恵 夫の浮気に「ツラい思いさせたかな」とショック

【田中哲司に不倫報道】仲間由紀恵は「彼に辛い思いさせちゃったかな」と自分責める?

記事まとめ

  • 仲間由紀恵の夫・田中哲司の用意周到な“不倫”が『FRIDAY』に報じられた
  • 仲間と田中は『顔』の共演で出会い『ジョシデカ!-女子刑事-』再共演がきっかけで交際
  • 田中は『CRISIS』では小栗旬、西島秀俊と、『緊急取調室』では天海祐希と共演している

仲間由紀恵 夫の浮気に「ツラい思いさせたかな」とショック

仲間由紀恵 夫の浮気に「ツラい思いさせたかな」とショック

夫・田中哲司の度重なる浮気にさすがにショック

 夫が“モテる”のは昔から承知の上。過去にも何度も女性スキャンダルはあった。世間では不倫に大バッシングが起きる風潮もあるけれど、妻があまり気にしていないという夫婦は周囲にも結構いる。「もし浮気するなら、私にバレないようにやってほしい…」。内心、そんな感想を持つのも無理しているわけではない。だけど、今、この時期、この状況での不倫に、いつもは並大抵のことでは動じない彼女もショックを隠しきれなかったという。

「取り乱したり、怒鳴り散らしたり、そういうことは一切ない人。サバサバもしていますが、根っから優しい人なんですよ。今回も子供のこともあって大変な時期だったと思うのに、“彼にツラい思いをさせちゃったかな…”と彼への文句を漏らすどころか、どこか自分を責めるような感じでした」(仲間の知人)

 仲間由紀恵(37才)の夫・田中哲司(51才)の不倫騒動が報じられた。『FRIDAY』(6月16日号)によると、田中はゴールデンウイーク中の深夜、ハットを目深に被り大きなマスクで変装して、ある女性宅を訪れた。仲間が仕事で日本を離れるタイミングでの用意周到な“不倫”だったという。

 仲間と田中は2003年にドラマ『顔』(フジテレビ系)の共演で出会い、2007年のドラマ『ジョシデカ!-女子刑事-』(TBS系)の再共演がきっかけで交際をスタートさせた。『TRICK』(テレビ朝日系)、『ごくせん』(日本テレビ系)に主演し、紅白歌合戦の司会を務める国民的女優と、いつも脇役の中堅俳優の交際は“格差愛”として周囲を驚かせたが、交際開始から7年経った2014年9月18日に入籍した。

 当時、田中は集まった報道陣にこう心境を語った。

「ぼくにはもったいないくらいの人。同業者なので、助け合えるんじゃないかと思う」

 そんな田中の「3年目の浮気」。不倫相手とされるAさんは46才の超有名ヘアスタイリスト。芸能界だけでなく、政治家や財界人、スポーツ選手や海外セレブなどにも多くのVIP顧客を持つ。

「松下由樹さんをちょっとふっくらさせた美人です。ヘアスタイリストといっても。化粧っ気があまりなく、ファッションもナチュラルで親しみやすい雰囲気。姉御肌のサバサバした性格で同僚や部下からも慕われていますよ。7年ほど前から田中さんのヘアスタイリストを担当していて気心知れた仲です。報道後、周囲は気にしましたが、やつれた様子は見せず、笑顔でヘアサロンで仕事をしています」(Aさんの知人)

 相手がヘアスタイリストと聞いて、仲間の周囲は「またか…」と嘆息をもらしたという。田中には“前科”があるからだ。2009年にスポーツ紙が仲間との熱愛を報じた直後、他の2人の女性との「密会&お持ち帰り」が報じられ、“結婚が延期された”といわれた。

「この時も身近にいるスタッフが浮気相手でした。田中さんは一見クールなのに、優しくて連絡がマメ。しかも相手の喜ぶ顔を見ようと尽くすタイプなので、とにかく女性にモテる。この時は田中さんが土下座せんばかりに平謝りしたそうです。ただ、仲間さんは許しても、周囲の怒りが大きかった。結婚のときは“絶対繰り返すぞ”という周囲の言葉に仲間さんが“大丈夫だから”と説得にまわっていましたから。それなのに、ですよ」(芸能関係者)

 結婚後しばらく、田中は仕事一筋だったという。今や映画にもドラマにも欠かせない名優と評され、今クールでも2つのドラマを掛け持ち。『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(フジテレビ系)では小栗旬(34才)と西島秀俊(46才)を束ねる上司役を、『緊急取調室』(テレビ朝日系)では天海祐希(49才)から絶大な信頼を寄せられる役を好演している。

 現在、不妊治療を行っているという仲間と田中のこの先はどうなるのだろうか? 前出の仲間の知人が話す。

「結婚前から田中さんのプレイボーイぶりは有名でしたし、“どうせ結婚しても変わらないよ”という周囲の目を振り切って仲間さんは彼を選びました。実は田中さんと交際する以前につきあっていた男性も浮気癖がありましたが、仲間さんは許していた。今回は妊活中のことでさすがにショックでしょうが、最終的には夫を許して不妊治療を続けるのではないでしょうか」

※女性セブン2017年6月22日号

関連記事(外部サイト)