冬ソナ監督の初監督映画は全編日本語、ヨン様と今も交流?

冬ソナ監督の初監督映画は全編日本語、ヨン様と今も交流?

『心に吹く風』は冬ソナのユン・ソクホ氏の初映画監督作品

 日本に韓流というカルチャーを根付かせたきっかけとなったドラマ『冬のソナタ』から13年。監督のユン・ソクホが初めて手がけた映画『心に吹く風』が公開される。監督生活30年を前に、日本映画で彼が描きたかった“道ならぬ恋”とは──。ユン・ソクホ監督に話を聞いた。

 * * *
〈北海道・美瑛の雄大な景色と、新緑の鮮やかな季節を背景に、映画『心に吹く風』では、23年ぶりに再会した男女の道ならぬ恋を描いている。

 ユン・ソクホといえば、テレビドラマ『冬のソナタ』を監督したことから、日本では十数年ほど前の韓流ブームの火つけ役として有名だが、母国、韓国では1990年代より数々のドラマの制作に携わってきた大ベテラン。だが、意外にも今作が初の映画監督作品。そして、この作品ではあえて“不倫”というテーマを選んだという〉

 今、多くの映画やドラマがリアルな不倫を描いています。ですが、エロティシズムを装った商業主義といえるほど、その多くが性的なものにフォーカスして作られています。

 だからこそ体ではなく、心にフォーカスをした作品を描きたかった。リアリティーがないといわれればそうかもしれないけれど、ファンタジーでもなくリアルでもなく、その間を行ったり来たりする、その狭間を描くことが何より好きなんです。

〈劇中で主人公とヒロインが偶然再会するのは40代。だが、2人は高校時代の同級生で、『冬ソナ』同様に初恋の相手だ。これまでも手掛けた多くのドラマで純愛・初恋を描いてきたユン監督。だが、なぜそこまで初恋にこだわるのか〉

 私自身の初恋なくして、ここまで初恋を語ることはできなかったと思います。私が高校生の頃の韓国では、男女共学の高校が少なかったこともあり、初恋というものに私自身、ファンタジーというか、幻想を抱いているのかもしれません。

 ただ、誰の人生にも1度や2度、大きな恋の事件があると思うのです。私の場合、高校2年生の時の初恋が、その1つでした。

 当時は、携帯電話もポケベルもない時代だったこともあり、デートの約束をして待ち合わせ場所で2時間も彼女を待っていたこともありました。でも、なぜかその時間は、まったく嫌ではなかった。むしろ、そこに集中しすぎて勉強もあまりできなかったくらい、彼女に夢中だったんです。

〈それは彼にとって、とても独特な経験で、今でも強烈に覚えている楽しい思い出の1つだ〉

 2年間の恋でしたが、その恋が終わった数年後に会った友達に、「彼女のことはもう忘れられたのか」って聞かれるくらい、そこにどっぷり浸かっていたのです。

 この恋が、その後の人生に大きな影響を与えることになるとは、まったく思っていませんでしたが、その時の経験から、偶然起こった感情は、どうすることもできないということも知りました。

◆ウォンビンには「また会いたい」と思わせる何かがある

〈代表作といえる『四季シリーズ』とは、『秋の童話』『冬のソナタ』『夏の香り』『春のワルツ』の4作。この4作品から、ユン監督は、多くのスターを発掘している〉

 今回の映画も、新人俳優を発掘するプロジェクトだったのですが、私は新人を発掘するのがとても好きなのです。

 すでにスターになっている人を主人公にすると、その役者の蓄積したイメージがあるので、それをわざわざ一度壊して、新たに色を塗るのは大変な作業です。それより、観客が何の先入観も持っていない白紙状態の俳優に、思うままの色を足していく作業はとても楽しいものなのです。

〈ペ・ヨンジュンはじめ、起用した俳優の多くが有名になった。だが、今は交流を避けている面があるという〉

 なぜか? 彼らが右も左もわからない新人時代にご一緒しているので、当時、私はものすごく怒ったりしているわけです。だから、今会うとお互いちょっと気まずいんじゃないかと思ってしまって…。

 仕事に関しては、すごく欲があるので、自分の予想した通りにいかないと、どうしても怒ってしまいますから。

〈そんなユン監督が、新人を選ぶ際に大切にしていることは、何よりスター性だ〉

 演技は時間をかけて練習していけばうまくなりますが、生まれ持ったイメージというか、スター性はそうはいかない。好感度があって、私が色を足していくことで、大衆に愛されるかどうかがとても重要なのです。でも、まずは私が惚れることですね。

〈監督が、特に魅力を感じたのが、ドラマ『プロポーズ』(97年)でデビューさせたウォンビンだ〉

 当時、彼は田舎から出てきたばかりで、アルバイトをしながらとても苦労していました。でも、その頃の彼には、ずっと見ていると惚れてしまうというか、どれだけ見ていても飽きない何かがありました。あっ、私は決してゲイではありませんよ(笑い)。

 撮影中など、一日の仕事が終わって別れた後も、『ああ、もう1回会いたいな、今度、食事でも誘うかな』と思わせる。これは魅力があるということです。私がそう確信したら、その気持ちを視聴者の皆さんに証明していくわけです。

撮影/森浩司

※女性セブン2017年6月22日号

関連記事(外部サイト)