泰葉 離婚から10年、元夫・小朝のDVを告発した背景とは

泰葉 離婚から10年、元夫・小朝のDVを告発した背景とは

6月2日に元夫と和田アキ子を提訴する会見を開いた泰葉

 6月2日に行なわれた会見の翌日、新聞各紙は「泰葉が元夫と大物歌手を提訴する意向」とだけ短く報じた。だが、涙あり、笑いあり、そしてなぜか歌ありの会見のヘビーな内容は黙殺されたままだ。メディアが“封印”した衝撃の告白の中身。そして、なぜ泰葉はいま、口を開いたのか──。

「2006年(実際には2007年)11月13日、この帝国ホテル『桜の間』で、金屏風会見を行いました」。和服姿の泰葉(56才)は立ったまま、どこか遠くを見るような目でこう切り出した。

「それはそれは苦しい苦しい戦いでした。自分にフタをしていた。自分の傷をさらけ出すことがどれだけ苦しいことか、よくわかりました」

 次第に目から涙があふれる。

「今回、提訴するのはおふたりです。春風亭小朝さま、そして和田アキ子さまです」

 提訴という言葉に、会場に緊張感が走る。6月2日11時半。そうして始まった、泰葉の『音楽活動状況並びに一連の告発に関するご報告』会見は、80分にも及んだ──。

 泰葉が「金屏風会見」と呼んだのは、元夫・小朝(62才)との離婚会見のこと。昭和の爆笑王・初代林家三平の娘と天才落語家という風変わりな夫婦は、離婚報告にもかかわらず金屏風の前に立った。小朝の「離婚届がラブレター」発言、そしてふたりが握手を交わしたことなど、この会見は今なお語り種だ。

 当時、泰葉は「円満離婚」と言っていたものの、ブログで小朝のことを“金髪豚野郎”と罵り、再度注目の的に。2013年に歌手活動再開を発表、2016年には「あの時は心労が重なって双極性障害を発症していた」と振り返っている。

 そして今年4月24日、泰葉は自身のブログに突如、こう綴った。《私、泰葉事 海老名泰葉は 元夫、春風亭小朝事 花岡宏行を 20年にわたる 暴行 Domestic violence いじめ Power hrunsement 異常性行為 Sexcial hrunsement 全てを網羅した 虐待をここに 告発します》(原文ママ)

 その後もブログでの“虐待”告発は続き、ついに今回の「提訴」会見に至ったのである。和田のことは「明らかに営業妨害です」と主張。具体的には和田がラジオ番組などで「どうしたの」など泰葉を否定するような言葉を発言したり、テレビ局で和田にあいさつした際、「なんであんた、そんな肌出した洋服着てるの」とスタッフらの前で言われたことを挙げた。また、小朝に関しては、驚くようなエピソードが次々に明かされた。

◆今年4月にやっとDVだと…

「まず、度重なる暴力です。いちばんキツかったのは、亡くなった三木助師匠と仲よくなったのを嫉妬されて、布団でぐるぐる巻きにされて2階から突き落とされました」(以下、「」内はすべて泰葉の会見での発言)

 三木助師匠とは桂三木助さん(享年43)のことだ。甘いルックスと噺家としての実力で、「落語界のシティーボーイ」と呼ばれた三木助さんは、2001年に自ら命を絶った。うつ病が原因だと報じられたが、泰葉は《小朝のいじめによるもの》とブログに綴っている。

 泰葉は小朝からの暴力についてこう告白を続けた。

「私はほとんど運転手代わりでしたが、運転をしていると後ろの席から席を足蹴にされ、命の危険を感じました」

「(小朝が)『三匹が斬る』というドラマで、木刀を持って殺陣の練習を始めた時は、(運転中の)私の後頭部を叩き、(私が)『殴ってもいいから、車を止めてからにしてくれ』とお願いしましたが、ダメだの一言。混雑している六本木の交差点で木刀で殴られた時は本当に大変でした。また、高速道路でそれが始まった時は、本当に命が危ないと思いました」

 記者たちが騒然となる中で、さらなる過激な“虐待”の内容が明らかになってゆく。

「逆さ吊りにされ、『そんなにお腹が空いているならこれを食べろ』と言われて、吊るされたまま食パンを喉につめこまれ、息が止まりました。食パンっていうのは、水がないと吐き出してもカサカサが喉から取れない」

「みその配合が気に入らないと熱いみそ汁をかけられたり、『おれを誰だと思ってるんだ』と言って包丁を振り回され、10針か12針を縫ったこともあります」

 2007年の離婚当時、レポーターの故・梨元勝氏は「DVでは?」と指摘していたそう。「『DV』という言葉すら知らなかったんです。私はてっきり『AV』と間違えちゃいまして、それはないなあと」と苦笑いした。

 また、会見の途中でPTSD(心的外傷後ストレス障害)の診断書の内容を読み上げる一幕もあった。

「PTSDは大変深刻な鬱状態になるんです。この4~5年、本当に死にたい、死にたい地獄で、毎日、どこから飛び降りようか、この薬を何錠のんだら死ねるのか、そんな毎日が続いていました」

 一般的に子供の頃に受けた虐待の影響が大人になってから現れるケースは少なくない。 あまりの異常さに、記者から「性的嗜好なのでは?」との質問が飛ぶと、泰葉はためらいがちに、「プロのSMのかたを呼んで、3人でそういう行為に…至ったということも何回かあります」と仰天のエピソードも明かした。

 こうした暴力や虐待行為は婚約中から始まっていたという。これほどまでに異常な結婚生活をなぜ続けていたのか。

「私の父が亡くなって、家が大黒柱を失ってとても大変な時期だった。私の音楽活動も“自分の音楽とは違うな”と思い悩んでいた頃に出会ってしまったので…」

 と苦しげな表情を浮かべたが、最後は用意されたグランドピアノを弾きながら『スマイル』を歌い上げた。会見の内容について、小朝サイドに取材を申し込むも、「その件につきましてはこちらからお答えすることはございません」の一言。

 ふたりの関係について真偽のほどはわからないが、離婚から10年の時がたった今、なぜこのタイミングで会見を開いたのか。泰葉はそもそも一連の小朝の行動が「DV」にあたることを今年4月になるまで気づくことができなかったと告白している。

「4月下旬、知人に元配偶者からの暴力行為について話したところ、それが犯罪行為だとわかりました。それをきっかけに、曖昧だった暴力の記憶が鮮明になりました」

 しかし、海老名家を知る関係者は別の見方もできるのでは、と言う。

「弟である三平の妻、国分佐智子さんに待望の男の子が昨年11月に生まれて以前のように泰葉さんを献身的にサポートすることができなくなってしまった。また、母の香葉子さんも高齢かつ体の調子が万全とはいえない状態。そんな中で泰葉さんが家族との距離を広げていったことも会見を開いた理由なのだと思います」

「家族とも一切の連絡を絶ちました。今いちばんやりたいのは、甥っ子に会うこと。まだ一度も会ってないんです」

 泰葉はこう言って涙で声をつまらせた。

※女性セブン2017年6月22日号

関連記事(外部サイト)