今まで2度死に僧侶経験の高須院長「高須克弥は3度死ぬ」

今まで2度死に僧侶経験の高須院長「高須克弥は3度死ぬ」

「高須克弥は3度死ぬ」という高須院長の真意は?

 高須克弥さん72才、西原理恵子さん52才、2人合わせて124才。そんな熟年カップルのイチャイチャぶりを赤裸々に描いた西原さんの人気エッセイ漫画『ダーリンは71歳』では、「尿漏れかっちゃん」などと罵られ…。高須さんがこのまま言われっぱなしでなるものか!? と自ら筆をとったスピンオフ本『ダーリンは71歳 高須帝国より愛をこめて』(小学館)が4月に発売され、こちらも大反響。それを記念して、高須さんに色々語ってもらいました。

〈スパイ映画007シリーズに『007は二度死ぬ』というタイトルの作品がある。高須さんは、自身の人生を2度死んだだけでは済まないと話す。〉

 今までぼくは2度死んだんだ。だから、ぼくは3度死ぬことになるよね。ぼくの人生は3期に分けられるんだ。第1期は40年前、事業を拡大させようと必死で働き、税務をスタッフに任せきりにしていたところ、所得税法違反の罪になり、医師免許停止に追い込まれた。

〈前科一犯…医者として働くことに生きがいを感じていた高須さんにとって、死んだも同然だった。それでも日本でダメなら海外へ…不屈の精神で免停の間、海外で施術を行った。その高い技術が評価され、2000年には国際美容外科学会の会長に就任した。これが第2期だという。美容外科の発展に力を尽くした時期だった。しかし、2010年に妻と母と愛犬が同時に他界すると、高須さんはまたもや死んだようになり、出家して僧侶になった。〉

 女っ気も事業欲もなくなって、もうこれまでかと思っていたら、西原が出てきて、現世にまた引き戻されちゃった。

 それで第3期が始まったの。第2期は自分の名誉を回復するために全力投球だった。それが、第3期では、彼女の本のネタにされて、「尿漏れかっちゃん」って恥かいて。どこまでぼくは堕ちていくのか…。

 ぼくはこの世で尊敬を得て、即身仏になろうと思っていたんだから。なかなかね、「尿漏れかっちゃん」が尊敬を得るのは大変よ。だからね、得度しておいて本当によかった。すべてを許して受け入れられる。第1期のかっちゃんだったら、もう許せないですよ。「なめんじゃねぇぞ。このバカ女! 退治してくれるわ!」って(笑い)。

 第3期のモットーは、「楽しく、おもしろく生きること」。何かおもしろいことはないかな、楽しいことはないかなって、それがすべて。おもしろいことだったら、何でもやる。

 もう名誉もいらんし、お金も必要な分だけあればいい。お金を使うことが楽しいだけで、お金儲けはもう全然楽しくない。だから、「お金を何倍にもふくらませるイイ話があります」って言われても、バカじゃないの? って。老後の蓄えを死ぬ間際にやるやつはバカですよ。

 大事なのは今ですからね。

撮影/菅井淳子

※女性セブン2017年6月22日号

関連記事(外部サイト)