五木ひろし 「ダメなら実家で農業」と人生の賭けに出て大勝利

五木ひろし 「ダメなら実家で農業」と人生の賭けに出て大勝利

五木ひろしはいかにしてスターの座に駆け上がったか

 今年で歌手生活53年を迎える五木ひろし(69)。1964年にプロ歌手となり、翌年「松山まさる」の芸名で初めてのレコードを出すも、その後6年もの間ヒットに恵まれなかった。芸名を「一条英一」「三谷謙」と2度変え、銀座のクラブで弾き語りをしていた時期もある。

 しかし、絶対に負けないという強靭な精神でチャレンジを繰り返し、スターの座に這い上がっていった。

「歌手に限らず、どの世界でもすべて競争です。成功した者で負けず嫌いでない人は一人もいない。この気持ちがあるからこそ、勝利を手にすることができるのではないでしょうか」(五木。以下「」内同)

 自信をもって断言する五木は、なるべくしてなった天性の大スターに違いない。レコードが売れずにクラブの弾き語りで稼いでいた頃でも、月収は当時の大卒初任給の20倍近くあったというから、金銭面での悩みはなかった。

 しかし五木は葛藤していた。弾き語りでは引く手あまたなのに何故レコードが売れないのか──そんな時、『全日本歌謡選手権』(日本テレビ系)を知る。10週連続オーディションに勝ち抜くとデビューできるという番組だった。

「正直なところ、弾き語りの世界ではトップクラスだと思っていましたが、僕の夢はレコードがヒットしてスター歌手になることでした。

 戻る場所があると気持ちが弱くなるから、弾き語りの世界に戻ってこないと覚悟を決めて、仕事を全部友達に譲って退路を断ち、これでダメなら実家に帰って農業をやろうと人生最大の賭けに出ました」

 背水の陣で見事10週連続勝ち抜き、1971年、「五木ひろし」に改名して再デビュー。『よこはま・たそがれ』がオリコン1位を獲得すると、その年のNHK紅白歌合戦に出場。瞬く間に大スターへと駆け上がった。

「最後の勝負だから、もう必死でした。でもそれが、“五木ひろし誕生”につながるわけだから、やっぱり男は勝負しないとダメなんです」

 以後、次々とヒットを飛ばし、2002年にはレコード会社「ファイブズエンタテインメント」を設立、レコードが売れないといわれる音楽業界で創立15周年を迎えた。

「この先どこまでやっていけるか、自分との戦いですよね。目標を高く持って、競争しながら負けず嫌いで前に進んでいけば、また新たな目標が生まれてくるんです」

 60代最後の1年も挑戦を続ける。6月21日、五木は歌手として初めて観世能楽堂(東京・銀座「GINZA SIX」)の舞台に立ち、6月24日から始まる「五木ひろし特別公演・坂本冬美特別出演」(大阪・新歌舞伎座、7月23日まで)では、織田作之助原作『夫婦善哉』を演じる。

 その一方、NHKで放送されている『五木先生の歌う!SHOW学校』では後輩歌手に歌を教え、名曲を継承することも大切にしている。

「僕が歌や舞台など新しいことに挑戦するのは、人々に愛されてきた歌や舞台を僕自身が継承するためです。先輩たちが残してくれた素晴らしい歌を後世に伝えるため、僕自身が手本となって頑張ろうと覚悟しています」

 今後の目標を尋ねると「70代の10年間、健康で挑戦し続けることが最大の目標」だと口にした。

「昔から病院が苦手で、結婚するまでほとんど病院には行きませんでした。でも、ありがたいことに今は女房が隣でずっと僕の体の心配をしてくれています。頭が上がりません(笑い)。来年70歳になりますが、『こんな元気で声が出るなんて!』と驚いてくださったら最高に幸せです」

 パワフルな歌声はいささかも衰えを知らない。これからも五木のチャレンジは続く。

●いつき・ひろし/1948年、福井県出身。1964年に歌手デビュー。1971年に『よこはま・たそがれ』が大ヒットし、一躍ミリオンセラー歌手となる。以来、『夜空』(1973年)、『契り』(1982年)、『長良川艶歌』(1984年)など多くの歌を発表し、NHK紅白歌合戦には1971年以来、46回連続して出場。2002年、レコード会社「ファイブズエンタテインメント」を設立。2007年11月に紫綬褒章を受章。2017年4月、ニューシングル『わすれ宿/男の友情』、5月に『船村徹 トリビュートアルバム 永遠の船村メロディー』を発売。

撮影■江森康之、取材・文■戸田梨恵

※週刊ポスト2017年6月23日号

関連記事(外部サイト)