伊武雅刀 最終的には演技をしないで成り立つ存在になりたい

伊武雅刀 最終的には演技をしないで成り立つ存在になりたい

伊武雅刀が自身の演技についての考えを語る

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、印象的な芝居をすることが多い役者・伊武雅刀が、今村昌平監督と相談して芝居をした思い出について語った言葉を紹介する。

 * * *
 伊武雅刀は短い出演時間でも観る者に強烈なインパクトを残す芝居をすることが多い。1998年の今村昌平監督作品『カンゾー先生』での、料亭の女将に想いを寄せる軍人役も、そうだった。

「女将に惚れているのに全く相手にしてもらえない軍人でした。それで無理やりに関係を結ぼうとするのですが、彼女を押し倒した後でどう芝居をするか今村監督と相談しました。

 今村監督は『鳥居をバックに着物をひっぱがして内股を触れ』とか言うので、僕は『それなら早漏という設定にするのはどうでしょう』と提案したら、『いいね』って。『ようするに、乗っかったはいいけど、すぐいっちゃうんだろう』『そうです』『いった後はどうするんだ』『その後は、いたたまれなくなって、窓か何かを開けて海でも見てごまかすんじゃないですか』『うん、いいね』──という感じで、芝居が決まっていきました。

 今村監督、他の役者さんにはあまりそういう風には言わないのですが、僕には『お前、ここで何かやってみない?』というのは多かったですね。『正統派じゃないから、何かやらせても大丈夫』というようなお考えがあったのかもしれません。共演の松坂慶子さんには『伊武さん、監督に好かれていいわね』と言われたことがありましたが、面白いシーンを一緒に作っていこうという監督は僕にとってありがたいですね」

 その一方で、NHK大河ドラマ『秀吉』の黒田官兵衛、『風林火山』の太原雪斎、NHK時代劇『雲霧仁左衛門』での「木鼠の吉五郎」など、時代劇では、抑えた芝居が必要になる参謀役に回ることも少なくない。

「ああいう役では主役を盛り立てなければならないので、こちらはしっかり芝居をしないといけないと思っています。悪ならしっかり悪を見せないと善が目立ちませんし、参謀役はセリフが多いのでそれをしっかり言うことで主役が目立つだろう、と考えながらやっています。

 それなので、主人公より喜怒哀楽の表現が多くなるんですよ。主人公が『こうだろう』と言った時、『それは違います』という時もあれば、『まさに』という時もあります。そういう受けの芝居って、主人公より感情の色が豊富なんですよね。ですから、やっていて面白いです。

 ただ、そういう演技をして楽しいという気持ちがある一方で、最終的には演技をしないで成り立つ存在になりたいというのがあります。笠智衆さんみたいに。

 ですから、今の若い子たちがうらやましい。ナチュラルで、フレッシュで。『あんなにナチュラルにできていいなあ』と悔しく思うくらい、うらやましい。

 でも、僕には無理でしょうね。テンションを高く求められる役が多いですから、『もうちょっと芝居のタッチを強くしてくれ』と要求されますし、そう言われると強くやってしまうので。

 本当は『ここはスーッと流した感じで芝居したいな』と思うことがあるのですが、そう芝居するとやっぱり『伊武さん、ここはもっと強めでいけませんか』と言われるんですよ」

●かすが・たいち/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『鬼才 五社英雄の生涯』(ともに文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。

◆撮影/五十嵐美弥

※週刊ポスト2017年6月23日号

関連記事(外部サイト)