小出恵介の相手は17才シングルマザー 雑誌暴露に後悔も

小出恵介の相手は17才シングルマザー 雑誌暴露に後悔も

”女子高生淫行報道”の真実は?

「歌織さんって、大阪・ミナミの外れにあるビルの地下のラウンジで働いている子のことですよね? 大人っぽくて、17才にはホンマに見えへん。プライベートでもミナミの飲み屋でよう飲んでました。シングルマザーとはいっとったけど“女子高生”とは聞いたことないな。学校に通う生活してるようには、とても見えんかったな」(歌織さんを知る飲食店関係者)

“歌織さん(仮名)”とは、6月9日発売の『フライデー』が俳優・小出恵介(33才)の淫行騒動の相手として報じた17才の少女のことだ。記事によると、歌織さんは“女子高生”。5月9日深夜、大阪・ミナミのバーで飲んだ後、小出が無理矢理歌織さんを宿泊先の帝国ホテルに連れて行って、行為に及んだという。

 もしそれが事実だとしたら、青少年健全育成条例の中の、いわゆる「淫行条例」に違反するだけでなく、準強姦罪で検挙される可能性もある。事態の重さから、小出は所属事務所を通じて即座に無期限活動停止を発表した。

 歌織さんの知人女性が言う。

「彼女は大阪市の南東部の出身で、本当に17才。でも女子高生ではありません。去年生まれた赤ちゃんを持つシングルマザーです。子供とは一緒に暮らしてなくて、“私が働かんといかん”と言って、施設に預けているそうです」

『フライデー』報道後、こんな意外な事実まで発覚して、ネット上はさらに炎上する。

「歌織さんサイドは小出さんに対して、トラブルの示談金を要求していたそうです。その額はなんと500万円。小出さんは所属事務所に隠して、金額の交渉をしていたそうです」(芸能関係者)

 だが、前述の『フライデー』には、その示談金交渉については一切触れられていない。あの夜、大阪の街では小出と歌織さんの間に本当に何が起きて、その後どんなトラブルが起きていたのか──。

◆“小出のファンが怖い”と後悔していた

 まず、小出と歌織さんが出会った5月9日深夜にまで話はさかのぼる。小出はドラマ撮影のため、大阪の帝国ホテルに宿泊していた。

「小出さんと知人3人が飲んでいた時、大阪在住の知人の1人が『女性も誘おうか』と数人の女性に声をかけ、集まった中の1人が歌織さんでした。場所は大阪・ミナミの中心部にあるカラオケバー。小出さんは歌織さんの隣で、ガンガンお酒を飲みながら熱唱して上機嫌な様子だったそうです」(小出を知る関係者)

 その後、小出と歌織さんはバーをはしごし、タクシーでホテルへと向かった。

「歌織さんはその夜の出来事を何人もの友人に話したんです。それを聞きつけた歌織さんの知人男性が、“小出はひどい奴だ”と憤り、『フライデー』に情報提供を持ち掛けた。写真を提供したことは歌織さんも知らなかったそうです。その知人男性はカラオケバーに集まったメンバーとはまったく関係がなく、彼らは雑誌に写真が載ることもまったく知らなかった。誌面を見て驚いたようで、一緒に飲んでいた知人にしたら今回の件はいい迷惑なんです」(前出・小出を知る関係者)

 歌織さんの知人男性が『フライデー』と接触していたちょうどその時、歌織さんはそれとは別に小出本人と金銭の交渉を始めたという。前出の知人女性が明かす。

「歌織と小出さんは実は、あの夜の後も何度も会ってたんです。ドラマ撮影でしばらく大阪に泊まっていた間、ホテルの部屋で毎日じゃないけど頻繁に会ってました。はじめは嬉しそうに“小出さん、よかった~”“今度会わせたるわ”とかゆっとったから、歌織、かなり本気でつきあいたかったんちゃうかな。

 でも小出さんにそういう気はなく関係がこじれて、小出さんを責めてたら小出さんが“だったらお金を払う”となってしまったんです。“許せない”となった歌織は結構な額を要求したみたいですよ。最初に要求したのが500万円。それから話し合いの中で“とりあえず200万円で”とまとまりそうになったそうです」

 示談金交渉について、小出は所属事務所にも黙って進めていた。が、6月5日、小出の所属事務所に『フライデー』から連絡が入る。

「歌織、小出さんと交渉中だったんですが、直接、取材にきた『フライデー』の記者から謝礼金20万円ほど受け取って取材を受けてしまったんです。歌織は“『フライデー』か『週刊文春』かどっちにしようかなぁ”なんて笑ってました。

 でも、雑誌が出て、歌織はめちゃんこ後悔してましたよ。“私の顔とか、親とか、住所とかがバレるんだったら記事は断った”“小出さんのファンが怖い”と言ってました。結局、歌織は、小出さん側から示談金として1000万円を用意されたと言ってました」(前出・知人女性)

※女性セブン2017年6月29日・7月6日号

関連記事(外部サイト)