BIGBANGのT.O.P 大麻吸引、うつ病…「宇宙人」の暗部

BIGBANGのT.O.P 大麻吸引、うつ病…「宇宙人」の暗部

そのビジュアルとラップでファンを魅了してきたT.O.Pだが…

「こんにちは~。タプで~す! 会いたかったで~す!」。これだけのフレーズで、会場のファンはお約束のように爆笑する。メンバー間で唯一、日本語が不得手。MCでしゃべるのは、ほとんどお決まりのセンテンス。カンペが見えないと慌ててしまう。独特のテンポと噛み合わないコミュニケーションで「宇宙人」「赤ちゃん」とメンバーからいじられ、ダンスもいまひとつ…。

 だが、ひとたびソロ場面になれば、魅惑の超低音ボイスとキレッキレのラップで会場の熱気を全て持っていき、映画に出演すれば学徒兵から詐欺師、殺し屋まで完璧な七変化を見せる。それがBIGBANGのT.O.P(29才)だった。

「ギャップなんです。彼の魅力は。181cmの長身にあのイケメン顔、でもどこか抜けていて、かわいくて格好よくて…。だからこそ、こんな彼は見たくなかった。こんな形でギャップを見せてほしくなかった」(40代ファン)

 T.O.Pが意識不明の状態でソウル市内の病院に搬送されたのは、6月6日未明のこと。主治医によれば、原因は精神安定剤の過剰摂取。昏睡状態が48時間以上続き、ようやく意識を取り戻したのは8日夜のことだった。

「一時は低酸素症と呼吸器不全を併発し、脳への損傷が心配されるほどでした。集中治療室で医師が懸命な治療を続け、ようやく目を覚ましたのです。9日に転院しましたが、まだ体調は万全とはほど遠く、車いすで生活しているようです」(韓国の全国紙記者)

 T.O.Pはこのひと月で人生の坂道を転げ落ちた。発端は6月1日、彼が大麻使用の疑いで書類送検されていた事実を韓国メディアが報じたことだった。

 報道によれば、昨年10月以降、T.O.Pは20代女性と一緒に自宅で大麻を吸引。当初、本人は事実関係を否定していたが、警察の毛髪鑑定と尿検査で陽性反応が出ると、一転して容疑を認め、4月末に書類送検されていたのだという。

「彼は2月から兵役中でしたが、大麻吸引は入隊前の出来事だとして、報道後も勤務先(ソウル地方警察庁広報担当官室楽隊)に出勤していました。しかし5日に在宅起訴されたことで、第四機動団に異動させられています」(前出・韓国の全国紙記者)

 報道を受けて、T.O.Pは「数千回、数万回以上繰り返し反省し、また反省しながら、深く悔やんでいます」とコメントを発表。

◆彼を知る関係者からは…

 緊急搬送されたのは、その矢先の出来事だった。連日連夜、病院前に報道陣が押し寄せるという大騒動の過程で、図らずもT.O.Pの知られざる素顔が続々と明かされている。

「入院中、T.O.Pの叔母がメディアに登場し、彼が長年うつ病とパニック障害を患い、精神安定剤と睡眠薬が手放せない生活だったと話したのです。これにはファンも驚きました。あのつかみどころのないT.O.Pが、薬を常用するほどの心の病を抱えていたとは…と」(在韓ジャーナリスト)

 大麻吸引も含め、「彼のキャラクターと『薬』というキーワードはなかなか結びつかない」というファンの声は多数聞こえた。一方、T.O.Pをよく知る芸能関係者はこう話す。

「彼は一言でいうなら芸術家肌。趣味は絵画鑑賞で、自宅には美術館並みの絵画があるといいます。SNSでもモネやダ・ヴィンチなどの作品を頻繁にアップしている。感受性が極めて豊かで、人一倍繊細な人間です。芸能界という不安定な世界に身を置き、心が疲弊することはあったはず。彼はただ、プロ意識ゆえにそれを見せなかっただけなのでしょう」

 彼の繊細さや寂しがり屋の一面を示すこんなエピソードがある。昨年4月、ドラマの撮影で2か月のドイツロケに臨んだ時のこと。

「撮影の途中、深刻なホームシックになってしまったのです。この時はメンバーのSOL(29才)が心配のあまり、直筆の手紙を書いています。“ヒョン(兄さん)がつらそうで心配しています。元気出してください”という内容で、受け取ったT.O.Pは思わず涙したとか」(前出・芸能関係者)

 大麻吸引は決して許されることではないが、薬を常用せざるを得ないほどのメンタルの不安定さが、元来T.O.Pにはあったのだろう。

※女性セブン2017年6月29日・7月6日号

関連記事(外部サイト)