高岡早紀は歌手歴32年、「歌では素の自分を開放しています」

女優、母親、歌手の顔を持つ高岡早紀 映画『モンスター』きっかけに歌手活動を再開

記事まとめ

  • 高岡早紀は『リカ』で愛する人のためなら手段を選ばない役柄を熱演した
  • 2013年に歌手活動を再開させ、シンガーとしてのキャリアは32年になる
  • 2020年は「この年齢になってくるといかに健康に一年を過ごすかが目標」と明かした

高岡早紀は歌手歴32年、「歌では素の自分を開放しています」

高岡早紀は歌手歴32年、「歌では素の自分を開放しています」

デコルテや脚線美が際立つドレスを颯爽と着こなし、デビュー曲『真夜中のサブリナ』や新曲『SUNNY』、ジャズの名曲など14曲を歌い上げた

 昨年放送されたドラマ『リカ』(東海テレビ・フジテレビ系)では、愛する人のためなら手段を選ばない純愛モンスターを熱演した高岡早紀(47才)。プライベートでは、成人した2人の息子と9才の娘をもつ母親でもある。

 そして、女優、母親としての顔以外に、高岡早紀にはもうひとつの顔がある。それが歌手。アイドル歌手として10代でデビューし、シンガーとしてのキャリアは32年になる。

「女優になるためにと歌をやめた過去がありましたが、2013年の映画『モンスター』でエンディング曲を歌わせてもらってから歌手活動を再開しました。役を演じる女優と違い、高岡早紀として自由に楽しく生きるツールとして歌では素の自分を解放しています。私はいつも“今、この瞬間”を大事にしているので、お客さんにもその瞬間、その空間を思い切り味わっていただきたい」

 そう語る高岡のライブを後日訪ねた。歌手活動を再開した折にライブをした思い出の地・横浜の同じステージに立ち、リハーサルから高揚を隠せない様子だった。

「安心できるいつものバンドメンバーに囲まれてリハはリラックスしていますが、お客さんが入ってくると緊張します。特に緊張するのはフリートーク。急にトーク時間が増えたと告げられて、『そ、そ、そんな! 突然なんてしゃべればいいの?』って、持ち時間で緊張してしまう。責任感ですね」

 ステージでは見ているだけでこちらも笑顔になってしまうくらい、のびのびと全身で歌う喜びを表現する高岡。だがMCとなると、「あれっ、なに話そうとしたんだっけ」と時折ど忘れをしたり、話しながらステージの奥まで歩きすぎて慌てて引き返してみたり。 そうかと思えば、「日々の生活の中で、人は孤独を抱えているものですよね」とふいに心の内をさらけ出す。そんなギャップもまた彼女の素顔なのだろう。

 新譜の発売やツアーなど音楽活動にもますます熱が入る2020年の抱負とは。

「この年齢になってくるといかに健康に一年を過ごすかが目標です、って言ったらおばさんみたい? 大丈夫ですか?」

 そう言って笑いながらセーターの袖をめくると、華奢な手首にはなにやら赤い傷痕が……。

「フライパンをジュッと(苦笑)。こないだは犬の散歩中に犬がドンと脚にぶつかったんです。ダルメシアンで30kgくらいあるからねんざしてしまって。それなのに掃除中にそこをガツンとぶつけて、痛いのなんの。で、次は階段を掃除中に頭をガーンとやって“あぁ痛い〜”って。もう大変だったの。でもすべて1月の出来事なので、厄落としをして2月以降は大吉です!」と、胸を張った。

 素の彼女はやはりなんともゆるく、そしてかわいかった。

【プロフィール】
高岡早紀(たかおか・さき)/1972年12月3日生まれ。神奈川県藤沢市出身。1986年「第3回シンデレラ・コンテスト」で4600人の中から優勝し、芸能界入り。1994年『忠臣蔵外伝 四谷怪談』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。現在も、女優、歌手として精力的に活動。7インチレコード『Sunny』(4月 24日)発売予定。5月には、“Sunny Special Tour”を開催予定(東京、名古屋、関西)。

撮影/田中智久

※女性セブン2020年2月27日号

関連記事(外部サイト)