岡田紗佳&高宮まり「牌牌ガールズ」のW役満グラビア

岡田紗佳&高宮まり「牌牌ガールズ」のW役満グラビア

プロ雀士とグラビアの二刀流

 2018年に発足したトッププロだけが集まる競技麻雀のチーム対抗戦「大和証券Mリーグ」。高宮まり(31)と岡田紗佳(25)は、この大舞台に挑戦する女流プロ雀士でありながらグラビアでも活躍する“二刀流”だ。普段は雀卓を囲んでライバルとして鎬を削る2人が、温泉ロケでファン待望の初セッションを果たした。

岡田:まりさんのボディが本当に綺麗すぎて……。これはまさに男の憧れなんだろうな〜と、うっとりと見惚れてしまいました。一応お互いバストはGカップなんですが、私より断然大きく見えます(笑い)。

高宮:なに言ってるの〜! 私は小柄だけど、おかぴー(岡田の愛称)のクビれた長身にこのおっぱいこそ反則でしょ。久しぶりに温泉に来たけど、海もお部屋もいい感じに雰囲気がよくて癒されたよね。

岡田:実は今回、初めて誰かと一緒にグラビア撮影をしたので、すごく楽しみにしていました。

高宮:私も。かなり緊張したけどね。こんなふうに女の子同士で体を寄せ合うなんて初体験だし。

岡田:はい。気心知れたまりさんですが、こんなに素肌を密着させたことはなかったし、かなりドキドキしました。お肌もツヤツヤでしっとりしてて。

高宮:紗佳ちゃんのお肌もスベスベで気持ちがよかったですよ。

岡田:私にとって、まりさんは憧れです。普段の麻雀でも、私はついつい日和って打てないような牌も強気に切り飛ばして上がりに結びつけるので、かっこいいなと常々思います。

高宮:ありがとう。私もおかぴーの、はっきりと自分の意見を発信していくところをリスペクトしてる。私にはなかなかできないから素敵だなぁと。

岡田:2人で何か、麻雀人口を広げるようなアクションを起こせたりしませんかね?

高宮:そうだよね、麻雀にはいまだに近づき難いイメージが残っている気がするし。

岡田:私は女性の麻雀人口がもっと増えてほしいなと思ってるんです。

高宮:それは長年の夢ですね。私は今年の目標として、麻雀教室の講師の研修にも行こうと思っています。

岡田:私の目標は女性も手に取りやすいオシャレな麻雀の「初心者本」を作ることです。今までにないような!

高宮:私たちの二刀流の活動が、これから麻雀を始めてみたい方への掛け橋になれたらいいよね。

【プロフィール】
◆たかみや・まり/1988年生まれ、茨城県出身。日本プロ麻雀連盟所属の美人プロ雀士として活躍する傍ら、2013年からはグラビアアイドルとしても活動している。現在はMリーグ「KONAMI 麻雀格闘倶楽部」のメンバーとしても活躍中。

◆おかだ・さやか/1994年生まれ、東京都出身。ファッションモデルとして活動する傍ら、2017年に日本プロ麻雀連盟に所属する女流プロ雀士となる。Mリーグ「KADOKAWA サクラナイツ」のメンバーとして活躍中。

*2人の濃密なセッションを豊富に収めたデジタル写真集『高宮まり×岡田紗佳 牌×牌』が各電子書店で好評発売中。

●撮影/藤本和典

※週刊ポスト2020年2月21日号

関連記事(外部サイト)