元祖ぶらり旅番組『旅の香り』で見せた野際陽子の職業病

元祖ぶらり旅番組『旅の香り』で見せた野際陽子の職業病

野際さんが出演していた『旅の香り』(番組HPより)

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、13日になくなった野際陽子さん(享年81)の、番組スタッフとして見た素顔について。

 * * *
 02年からレギュラー、特番含め7年間続いた旅番組が『旅の香り』(テレビ朝日系・旧名『旅の香り 時の遊び』)。バラエティー専門放送作家の私にとって、唯一と言っていい、かなり高尚な旅番組。その構成者の末席に入れていただいていた。

 同番組のMCとして、スタジオを仕切ったり、ゲストと旅に出てくださっていたのが、13日にお亡くなりになった野際陽子さんだった。

 アシスタントは元フジテレビアナウンサーの中井美穂。初代番組プロデューサーのイチオシで抜擢されたのだが、同じくNHKの女子アナ出身だった野際さんと全く異なるタイプ。「大女優(=野際さん)の邪魔をしない」「美人ではなく笑顔がウリなタイプ」といった理由から、「名コンビ」と各所から評価されたものである。

 そして、本編の地方ロケと差別化するために用意されたのが、デビュー間もない氷川きよしによる都心の“ぶらり旅”。下町に出向いては、自身のメインターゲットである年配女性と触れあい、どんどん人気を上げて行った氷川。「あのおばあちゃん、かわいい! 僕のタイプです」なる名言は、このコーナーから誕生したものである。

 いま思い出しても、予算が少なく、弾けたバラエティー番組が視聴率を獲り始めていたテレ朝局内にあって、なんとなく「肩身の狭い」番組だったのだが、女優・野際陽子がMCゆえ、地方ロケに出てくれる有名俳優や女優が後を絶たなかった。

 野際さんと親子役をしたのをきっかけに、同じマンションの別フロアに住んでいたこともある浅野ゆう子や、京都通の羽田美智子は何度、出演してくれたことか。番組後期には、故・地井武男さんも準レギュラーとなり、そこから、あの『ちい散歩』が誕生したのである。

 野際さんのナレーションと対比するように起用した男性ナレーターの口調は、後に、さまざまな“ぶらり旅”番組にマネされたものだ。

 もともと、アナウンサーでフランス留学の経験まであったとはいえ、野際さんは好奇心の塊のような方であり、ご自分で下調べもなされば、資料を自腹で購入されていた。

 視聴率不振の際には、なんと、企画会議に顔を出してくださることもあったのである。しかも、テレビ朝日ではなく、制作会社がある場所まで足を運んでくださったのだ。

 すごく憶えているのは、その際の野際さんのファッションである。かつて、「アパート(有名人が多数住んでいたことでも有名な「川口アパート」)の中で私がいちばん、ひどい恰好をしている」「よその奥さまたちが、ごみを捨てにいらっしゃるときにもオシャレをなさっていてビックリした」などと話されていたので、衣装ではない、野際さんの普段着に興味津々だった私。

 だが、シャツの襟を立て、膝下丈のタイトスカートにハイヒール、カーディガンを羽織り、エルメスのガーデンパーティーを抱えて会議室に入っていらした野際さんは、デキる番組プロデューサー役を演じていらっしゃるかのようにオシャレで本当にカッコよかったのである。

 バッグが、ケリーやバーキンよりも、たくさん入り、カジュアル寄りのガーデンパーティーだというのには意味があった。野際さんは女優さんなのに、ペンケースやノート、資料などを同バッグに入れ、会議に出てくださったのだ。

 もちろん、積極的に意見をおっしゃり、ときには冷静に、そして鋭く内情を分析。シャープでありながら、しかし、チャーミングでもあり、ウイットにも富んでいる、これぞ知性派と言えるのが野際さんだった。

 収録時には、楽屋に大きな大きな加湿器を持ち込み、常に喉や声を大切にされていたし、バラエティー番組とは思えないような差し入れをしてくださったり、スタッフ全員を馴染みの中華料理店に連れて行ってくださったことも。

 さらには、逗子の御自宅にスタッフや共演者を招き、バーベキューパーティーを開いてくださったこともあった。

 お庭には、野際さんが大事に育てていらっしゃる季節の植物が咲き茂り、小さな木札に名前が記されていた。

 地元の方との関係がすこぶる良好だとわかったのは、ご近所の方やタクシーのドライバーさんの我々への反応だ。まるで、野際さんの御親戚が訪ねてきたかのように、声をかけてくださったり、笑顔で挨拶をしてくださった。

『旅の香り』と言えば、私は忘れられないことがある。それは、03年、中井美穂が「腹膜炎ということで、腸が破れる病気」(本人談)になったときのことだ。

 その前後の約1年、彼女がストマ(人工肛門)を装着していたことを昨年2月放送の『徹子の部屋』(同)で告白したのである。それは、まさに『旅の香り』が放送されていた頃。だが装着当時、それを知っていたのはごくわずかなスタッフだけだった。

 旅番組ということで、野際さんや中井には、温泉宿で入浴してほしいという演出側のリクエストが度々あったのだが、「中井さんは『お風呂NG』」…。野際さんを始め、往年の女優さんでも、すんなり入ってくださる方がいらっしゃるのに、「どうして中井さんだけ入らないの?」と事情を聞かされていないスタッフは首を傾げていたものだ。もちろん視聴者の皆さんにも、そうした疑問を唱える方は多かったと思われる。

 そんななか、野際さんは全てを承知したうえ、中井を守るかのように、必要とあれば、進んでお風呂に入ってくださった。もちろん、後輩の中井美穂の“事情”には一切触れず、口外もせず、番組中、ずっと彼女を守り抜いたのだ。

 なんにでも本当にお詳しい方だったが、ロケ先で、ちょっとでも疑問に思うことがあると、あらゆる手段を用いて調べあげた野際さん。

『旅の香り 時の遊びSP』で、娘で女優の真瀬樹里と海外ロケに出てくれたときも、「こういう景色を眺めていると、職業病で、あのドラマのロケに使えるんじゃないか…などと考えてしまう」と娘に伝え、ご自分の性分を少し諦めたような表情で説明した。

 知的な女子アナの走りで、語学も堪能で、さらに留学経験まである野際さんは、もしも女優にならなくても、見聞きしたものをさまざま関連付けたり、広げたりして「職業病で…」と、おっしゃりながら、別のキャリアを重ねられたのではないだろうか。

 それでいて、サービス精神旺盛で、チャーミングで、ユーモアにも溢れた、誰にも似ていない美人女優が野際陽子さん。16日に急きょオンエアされた『徹子の部屋』追悼番組では、その時代、時代によって、流行りのファッションに身を包み、ヘアメイクもその都度、変えて出演された野際陽子さんの美しすぎる過去映像が流され、その迫力の美しさに改めて息を呑んだ。

 恐れ多いことだが、我々『旅の香り』スタッフはみな、野際さんのことを「ノギー」と呼ばせていただいていた。そしてテレビ局では、ドラマ班のみならず、情報班やバラエティー班にも野際陽子さんを尊敬したり目標にしていたりした女性スタッフが数多く居たものだ。私もその一人である。合掌。

関連記事(外部サイト)