横山裕 「汚い被り物」をしてジャニー氏に怒られた思い出

横山裕 「汚い被り物」をしてジャニー氏に怒られた思い出

背景にはジャニー喜多川氏による巧みな戦略があったという

 ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』(フジテレビ系、毎週月曜21時〜)で、監察官・山内徹を熱演している関ジャニ∞の横山裕(38才)に話を聞いた。「作品ごとに自分の中で何か得ないと、意味がないと思っている」と言うように、役者として作品に向き合う姿勢は実に真摯だ。言葉の端々から、モノ作りの現場を愛してやまない熱い想いが溢れている。さらに、“絶対”にまつわる10の質問には、軽妙な答えで飾らぬ素顔を見せてくれた。

 * * *
 前作(2018年)の撮影中から、「もしかしたら続編があるかもね」と沢村(一樹)さんと話していたので、本当に決まった時には、率直にうれしかったです。シリーズ化するということは、それだけファンのかたがたくさんいらっしゃる作品だということ。その期待を「やられた」と思われるくらい、いい意味で裏切りたいと思っています!

 アクションはもちろん見どころですし、台本がとにかくおもしろいから、ぼくたち役者がどう命を吹き込んで演じるか…というおもしろさがある。潜入捜査で変装することも多いので、多面性を出せる楽しさと難しさを感じながら演じています。

 ドラマってバラエティー番組とは違って、物語の結末というゴールが決まっている。そのゴールに向かって、みんなで1つのモノを作るのがおもしろいんですよね。ドラマの現場って大変なんですよ。2分くらいのシーンなのに、3〜4時間かけて撮ることもあるし、効率はめちゃくちゃ悪い(笑い)。

 でも、大変さを含めてみんなで試行錯誤することも、モノづくりの醍醐味だと思います。スタッフさんを含め、みんなが同じ方向を向いて熱い思いを持って作っているその“熱さ”が好き。ドラマの現場にいると、「仕事してるな」って実感するんです! 

◆“絶対”に関する10の質問

Q.1 絶対に行ってみたい場所は?
「ヨーロッパ。行ったことがないので、死ぬまでには行きたいですね」

Q.2 絶対に克服できないものは?
「キュウリ。子供の頃から食べられない」

Q.3 絶対に変わらないと思うことは?
「絶対に色白なんやろな〜」

Q.4 絶対に会ってみたい人は?
「NBA選手。特にステフィン・カリー選手、レブロン・ジェームズ選手に、めっちゃ会いたい。いっしょに写真を撮りたいな〜」

Q.5 絶対に譲れないこだわりといえば?
「お風呂に入らなければ、絶対に布団で寝ない! 例えば、酔ってお風呂に入れないならソファで寝ます」

Q.6 絶対に見たい東京五輪種目といえば?
「バスケ! アメリカがどんなオールスターで来るのか楽しみですね」

Q.7 絶対にコンビニで買ってしまうものは?
「歯ブラシ。泊まりの仕事がある時には、絶対買ってますね」

Q.8 絶対に誤解されているんじゃないかな…と思うことは?
「ぜんっぜん、ない!(笑い)。パブリックイメージも、そう思われてるんや〜くらいで気にしない」

Q.9 絶対に確保したい睡眠時間は?
「3時間。短いけど、それだけ寝れたら仕事はできます」

Q.10 絶対に忘れられないハプニングといえば?
「Jr.の頃ライブで、ウンチの被り物をして出るコーナーがあって、とにかくウンチになりきったんですよ。あれは、ジャニーさんにめちゃめちゃ怒られましたね〜。“何、汚いことやってるの!”って。それで、あ、ウンチってやったら悪いことなんだって知りました(笑い)」

※女性セブン2020年2月27日号

関連記事(外部サイト)