小池百合子氏を彷彿とさせる曲、哲学者が作詞し謎の歌手が歌う

小池百合子氏を彷彿とさせる曲、哲学者が作詞し謎の歌手が歌う

小池百合子氏を彷彿とさせる『豊洲の女』(YouTubeより)

 小池百合子・東京都知事が築地市場の豊洲への移転させる基本方針を発表した。そして、5年後に築地を「食のテーマパーク化」し、豊洲を物流拠点化することを明かした。いわば「築地・豊洲両立案」ともいえるもの。都議選を前に、「決断できる知事」のアピールをした形となったが、築地派・豊洲派の両側から異論が出るほか、実現性についても不安視する意見もある。

 そんな中、『豊洲の女』という小池氏を彷彿とさせるCDが発売されるとともに、プロモーションビデオも公開された。1番の歌詞は、新宿、銀座を経て豊洲に辿り着いた女が「渡り鳥」のようなものであると歌い、2番は、カイロ、アルジェを経て豊洲に辿り着いた女を描く。

 CDジャケットでは、都庁をバックにしたショートカットの女性の後ろ姿が立っている。PVでは、銀座のバーで酒を飲むこれまた後ろ姿のこの女性。全体的にアンニュイな雰囲気満載のPVに仕上がった。CDには『逆賊ブルース』も収録されており、こちらは某政治家をモチーフにした作品のようだ。

 同曲を歌うのは謎の歌手・三沢カヅチカ。そして、作曲が多城康二氏。そして、作詞担当が哲学者で最近『博愛のすすめ』(講談社)を上梓した適菜収氏。適菜氏にとっては初の作詞だが、文筆家が作詞家デビューするに至った経緯を、適菜氏本人がこう語る。

「京都大学の藤井聡さん(京都大学大学院工学研究科教授)と飲んでいるときに、新しい言論の形があってもいいという話になった。それで、藤井さんの音楽仲間である三沢さんと多城さんを紹介していただき、今回のプロジェクトが始まったんです。『豊洲の女』はもちろん、小池百合子さんの迷走っぷりを題材にしていますが、過去の記憶にしがみつく、ぐだぐだな女の悲哀を歌った曲ともいえます。都民ファーストの会のように、大衆社会の気分に乗って素人を集める手法も、どこか時代遅れな感じがあります。要するに痛々しいんですね」

 この時は朝の3時まで飲んでいたというが、適菜氏は朝6時の段階ですでに歌詞を完成させ、関係者全員にメールで送っていた。はたして作詞というものはおいそれとできるものなのか。適菜氏はこう語る。

「最近、頭の中で音楽が常に鳴り響いているんですよ。それをさっと歌詞にした。『豊洲の女』では今年の有線大賞を狙う予定です。7月にはカラオケのDAMにも入る予定なので、皆さん、ガンガン歌ってくださいね」

 こう意気軒高な適菜氏だが、「文章」を生きる糧としている者にとっては「作詞」というジャンルも選択肢になり得るということを示せるか?

関連記事(外部サイト)