SMAPファンにTwitter巧者が増加の皮肉 情報への飢餓感高まる

SMAP解散騒動きっかけにTwitter検索スキル上達のファン増加 "スマアカ"で情報収集

記事まとめ

  • SMAP解散騒動をきっかけにスマホやTwitter検索スキルが上達したファンが増えたという
  • 稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の退所が報じられると複数のスマアカがリツイート
  • 木村拓哉と、しんつよのラジオで"Fly"がかかった際には「#Fly」というハッシュタグも

SMAPファンにTwitter巧者が増加の皮肉 情報への飢餓感高まる

SMAPファンにTwitter巧者が増加の皮肉 情報への飢餓感高まる

ケガの功名?でTwitterを使いこなせるように

 インターネットやスマホを使いこなすには、必要に迫られることがもっとも効果を発揮する。2016年のSMAP解散騒動をきっかけにスマホ操作スキル、とくにTwitter検索スキルを急激に上達させたファンが少なくない。

「ジャニーズのアイドルはSNSを全然やらないから、必要ないかなと思ってTwitterはあまり使っていませんでした。去年、SMAPが解散するかどうかと騒がれ始めたときからは一日に何度も見ています。主に”スマアカ”と呼ばれる、情報集めが得意なファンのアカウントをフォローしています。私は5スマ、5人のSMAPを応援するアカウントを主にフォロー。アンリーと呼ばれる、自分の推し以外はすべて排斥するアンチなファンのアカウントは慎重に避けます。そういうアカウントのつぶやきを見てしまうと、心をえぐられるので」(30代・会社員女性)

 ファンの間での有名アカウントによる拡散力は、意外に大きい。6月19日の朝からSMAPメンバーのうち稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人が9月で現在の所属事務所を退社すると報じられた。Twitterで情報共有しているファンたちは、前日夜に前出の複数のスマアカがリツイートした、報道関係者がつぶやいては消した退社情報を閲覧済みだったため、大きな話題となってすでに拡散されていた。

「3人が事務所を辞めるという今回の話は、最初にリツイートで知りました。それによれば翌朝4時に情報解禁だったので、本当かどうか確かめるために朝4時を待っていました」(前出・会社員女性)

 6月19日になると、朝4時台や5時台の早朝から、情報番組では街頭インタビューの模様が放送された。出勤前に番組を見たというある40代男性は「朝4時からファンの人が街にいるってすごいね」と、敏感に反応するファンの様子に驚いていた。前もって情報が拡散されていたことを考えれば、早朝から街頭でインタビューに答えられるファンがいても不思議はない。

 SMAPファンにはTwitterの検索機能を使いこなす人も少なくない。ファンによって記録されたラジオ番組で話したことなど様々な出来事が、Twitterで拡散されることが多いからだ。ファンによる記録を探すのは、事務所の方針でインターネット配信や再配信にほぼ対応しないため、その放送時間を聞き逃す・見逃すと二度と情報を得られないためだ。Twitterには不向きといわれる保存についても、ツールを使いこなすことで補っている。

「以前は、Twitterは友だちとやりとりするくらいでした。今では、定期的にTwitter検索をして、情報を集めるのが習慣になっています。ハッシュタグや検索、記録に残すためにIFTTTを使ってメールにまとめたり、Dropboxに残すとか、いろいろ使うようになりました。必死になると使えるようになるものなんですね」(30代・公務員女性)

 Twitter経由の情報は真偽不明なものが多く、混乱させられるのではないか。そんな危惧を振り払うように、SMAPファンは集まって情報の精査を試み、新たな交流ツールとして楽しんでいるという。

「ハッシュタグで繋がって、勝手に彼らの明るい未来を想像したりするんです。たとえば、16日の木村(拓哉)くんのラジオと、18日のしんつよ(香取慎吾と草なぎ剛)のラジオで同じ『Fly』をかけていたから、『#Fly』というハッシュタグをつけて、何を言われてもSMAPはやっぱり繋がっているんだよねと盛り上がっていました。それなのに、まるで5人が分断しているかのような情報を盛んに流すメディアもあって、悲しいです」(40代・団体職員)

 ハッシュタグや有名アカウントを経由して繋がることにより、オフ会のように共通の話題で盛り上がるだけではない。事務所退社が報じられて以来、多くのSMAPファンによって、冷静に分析して、ファンとして何を信じるべきかという分析を続けている。そこには、インターネット普及期に盛んに言われた「集合知」によって、情報の精度を上げるシステムが存在しているかのようだ。

「事務所を辞める3人、本人たちのコメントがまだないんです。KAT-TUNの赤西仁が辞めるとき、最後には本人によるコメントが発表されました。だから3人が自分から説明してくれるまで理由は分からないんだよという呼びかけがあります。それに先日、テレビ局を動かすのはSNSよりメールだっていうビジネス記事があるとTwitterで拡散されてきたので、彼らの番組が事務所を退社しても続くように、放送局にはメールを送ろうという呼びかけもしています」(20代・大学生)

 SMAPファンによるSNS活動には、同好のファンに呼びかけてLINEグループをつくる動きもある。しかし、応援している人が少なくないと世間に知らしめるためにも、公衆の面前ともいえるTwitterという場所で活動することを選んでいるファンが多いようだ。

関連記事(外部サイト)