山田美保子氏「小林麻耶はこれからも麻央ちゃんのために…」

山田美保子氏が小林麻央さん、麻耶姉妹を語る 自分のすべてを投げうち妹をサポート

記事まとめ

  • 小林麻耶は『恋のから騒ぎ』出演中TBSアナに内定、麻央さんはセント・フォース所属に
  • 麻耶は「妹の笑う時間が増えたらいい」と『スカッとジャパン』でぶりっ子を好演
  • がん告知をうけた麻央さんを自分のすべてを投げ打ちサポートしていたと思われる

山田美保子氏「小林麻耶はこれからも麻央ちゃんのために…」

山田美保子氏「小林麻耶はこれからも麻央ちゃんのために…」

姉が妹キャラ、妹が姉キャラだった小林姉妹

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、22日に亡くなった小林麻央さんと麻耶姉妹の絆を改めて振り返る。

 * * *
 2001年の12月。『恋のから騒ぎ』(日本テレビ系)では恒例となっていた「最低のクリスマス・最高のクリスマス」なるテーマで明石家さんまと“恋からガールズ”がトークを繰り広げていたときのことだ。

 他メンバーが、元カレや今カレとのエピソードをぶっちゃける中、前列上手が定位置だった小林麻耶は、「クリスマスは毎年、母や妹と過ごす」「誕生日も同じ」「それがいちばん幸せ」などと発言し、さんまから「ほんまかぁ?」と何度も問いただされていたものである。

 当時から麻耶が連呼していたのが「妹のことが好きすぎる」ということ。翌年、「小林麻耶に妹がいるらしい」との情報をスタッフの一人が聞きつけ、ほぼ無条件で次年度メンバーとして合格したのが小林麻央さんだった。

 麻央さんの席は前列センター。姉よりも長身で、カワイイというよりも美人タイプだった麻央さんは、特に男性視聴者から抜群の人気を誇り、翌年3月の卒業まで出続けてくれていた。

 小林麻耶の『Wikipedia』には、「妹・麻央と共に全回スカートであった」とあるが、それは『恋のから騒ぎ』前列メンバーに、番組側がスカート姿を“お願い”していたから。前列は、美形であることに加えて、脚がキレイだということが条件だったのだ。

 小林麻耶は、『恋のから騒ぎ』出演中にTBSのアナウンサーとして内定。その年、採用担当だった同局の小島慶子アナ(当時)が『恋のから騒ぎ』をよく見てくれていて、麻耶がTBSを受けに来た際、「ウチの局に、こういう子が来てくれたら…」と強力に引っ張ってくれたと、後から小島本人に聞いた。

 入社後の局内でのお披露目の際、『恋のから騒ぎ』出身であることから採用してもらえないと思っていた…と麻耶は号泣したという。

 入社後の彼女の活躍は、みなさんも憶えておいでだろう。人気番組のすべてからオファーされ、そのジャンルは、料理、音楽、クイズからスポーツに番宣番組まで幅広かった。明石家さんまとは、『さんまのSUPERからくりTV』で再共演を果たしている。

 あまりの忙しさから「このままでは死んじゃう…」と同期の高畑百合子アナにだけ漏らしたことがあるとも聞く。

 そんな姉・麻耶を目の当たりにし、あんなふうにはなりたくないと思ったのかもしれない。麻央さんはセント・フォース所属のフリーアナウンサーとなり、麻耶もTBS退社後、同じ所属となった。

 麻耶は、30代目前のアナウンサーなら誰もが夢見る帯の報道番組に大抜擢される。編成は、一気に“麻耶シフト”となり、人気番組の曜日や放送時間が大きく動いた。結果、これが裏目に出てしまい、麻耶は戦犯とされ、番組は一年で終了した。

 このとき、かなり落ち込んでいた麻耶に「すごいやないか、一年も続いたんやから」とポジティブな言葉をかけてくれたのは明石家さんまで、麻耶は「救われた」と聞く。

 その後の彼女は、ずいぶん楽なスケジュールとなり、13年暮れ、健康雑誌の対談のため、久しぶりに会った麻耶から出て来るのは「ほんとにオババカで…」「姪っ子や甥っ子のオモチャとか絵本とかばっかり買いまくってます」と、いつものハイトーンボイスで嬉しそうに話してくれた。

 その後、市川海老蔵の密着番組を見た。まだ一歳前後だった勸玄くんを抱っこし、あやしていたのは麻央さんではなく、麻耶。姉の麗禾ちゃんもよく麻耶に懐いているように見えた。

 とても驚いたのは、麻耶が立って勸玄くんをあやしているのに、麻央さんはどっしりと座ったままだったこと。お子さんたちと共にキャッキャキャッキャと声を上げているのは麻耶のほうだったのである。

 一卵性姉妹ともいうべき仲の良さの麻耶と麻央さんだが、私が『恋のから騒ぎ』で見ていたときと変わらず、この姉妹は、姉が妹キャラ、妹さんがお姉さんキャラなのだ。

 16年5月19日、小林麻耶がレギュラー番組の『バイキング』(フジテレビ系)生放送で、20分程のVTR中に退席。その後、救急搬送されたことがわかったのは翌20日のこと。

 スタジオの前室では呼吸をするのも苦しい様子で、自分からは動けないような状態だったそうだ。搬送先の病院では、一時、意識を失うこともあったと聞いて本当に驚いた。

 なぜなら、アナウンサー時代、あれだけ過酷を極めたものの、「倒れた」という話を聞いたことはなかったし、そのときより年齢を重ねているとはいえ、仕事のペースを見る限り、「過労」とは考えにくかったからだ。

 そして「麻央さんが進行性のがんを患い、極秘入院している」とスポーツ報知が報じたのは6月9日。麻耶ちゃんは仕事の合間の時間をすべて、麻央ちゃんの看病に費やしているのだ…と、すぐにわかった。

 妹を力づけるだけでなく、麻央さんに代わって、姪っ子さんや甥っ子さんの幼稚園の送り迎えや、遊び相手なども麻耶が一手に引き受けていることも想像がついた。

 何より、幼少期から大好きすぎる妹・麻央さんは闘病中。心配で心配でしかたがない気持ちを横に置き、少しでも妹が喜んでくれるならと無理をし続けた結果の救急搬送だったのだろう。

 そして今年4月に仕事復帰。麻央さんのブログを読む限り、一進一退を繰り返しているように素人目には思えたが、著書『まや道~向かい風でも笑顔の理由~』(小学館刊)の出版記念ハイタッチ会も、約1年遅れで開催。

 フジテレビ系『スカッとジャパン』で、ぶりっ子を好演する理由を「妹が病室で見て、すっごく笑ってくれたので、免疫力アップしたって嬉しくなりました。これからも思いっきり、ぶりっ子して妹の笑う時間が増えたらいいな」とコメントした。

 6月6日、都内で行われた献血推進イベントでは、麻央さんが輸血を受けたことを明かし、「あの輸血がなければ、妹はいま、どうなっているかもわかりません」と目を潤ませながら、しかし、真っ直ぐ前を向いて力強くコメントした麻耶。同イベントに登壇し、麻耶の休養中、ラジオ番組『Love in Action』のピンチヒッターを務めていた川田裕美アナに翌日、聞いたところ、「麻耶さんが来てくださると思っていなかったので」と驚きながら、同じ事務所の先輩の仕事ぶりを心から尊敬している様子だった。

 このとき、同番組で麻耶とコンビを組んでいるDJの山本シュウからは、麻央さんの乳がんが発覚した際、麻耶が仕事を辞めて看病しようとしたことが明かされた。そのとき麻央さんは「何を言ってるの。お姉ちゃんが元気に番組やってる姿を見て、私も元気になるから」と姉にカツを入れたのだという。

 麻耶が復帰したのは麻央さんのため。一昨日、セント・フォースの社長さんに麻央さんへのお悔やみと、「麻耶ちゃんが心配」とメールをしたところ、「『休んでも麻央ちゃんは喜ばないから』と、元々入っていたラジオの収録を頑張ってやりきりました」との返信をちょうだいした。

 一昨年秋、父が亡くなる前の2週間、私は病院に泊まり込み、そこから仕事に行っていた。週に1~2回ある地方出張もこなしていたのだが、一度だけ、新大阪まで乗らなければいけない新幹線を誤って名古屋で降り立ってしまったことがあった。わずか2週間だけだったのに、心身のバランスの取り方がわからず、限界まで無理をしてしまった。たった2週間なのに…である。

 聞くところによると、麻央さんは、がん告知を受けた14年10月の1年半ほど前から体調不良に悩まされていたという。つまり、麻耶ちゃんは、4年ものあいだ、自分のすべてを投げうって麻央さんのサポートをしていたと思われる。

 麻央さんは全力で闘病し、天に召された。そして麻耶ちゃん含むご家族は精一杯、看病されてきた。御葬儀などを済ませ、一区切りついたら、少し身体を休めて、これからは自分のために時間を使って…と言ったところで、麻耶に限っては恐らく無駄だろう。「麻央ちゃんのために」「麻央ちゃんに笑ってもらうために」小林麻耶は歩んで行くにちがいない。麻央さん、どうかずっと麻耶ちゃんを見守っていてください。

合掌

関連記事(外部サイト)