五月みどり 円山町のホテル経営を思い立った悲しい思い出

五月みどり 円山町のホテル経営を思い立った悲しい思い出

五月みどりがホテル経営に乗り出した理由とは?

  倉本聰脚本で話題の連続ドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)で女優として活躍する一方、毎月のようにステージに立って歌い続ける五月みどり(77)。初ステージから61年。今も華やかな魅力を放つ五月だが、その人生は波乱に満ちていた──。

 精肉店を営む父親は、自分で作った芝居小屋に役者として立つほどの芸事好き。そのため、五月は6歳から日本舞踊を習い続け、16歳の1956年に『ものまねのどじまん』(ニッポン放送)で優勝。同年に初ステージを踏み、芸能界入りへの扉を開いた。

 とはいえ、すぐにデビューに辿り着いたわけではない。レコード会社の廊下の椅子に座り、声をかけられるのを待つ日々が続く。そんなある時、多くの歌手やダンサーとともに、ベトナムに40日間の興行に出向く仕事が舞い込んだ。

「旅客機ではなく貨物機で行ったんですよ。窓はないし、中は貨物だらけ。私は振袖姿で、家でお母さんに結ってもらった髪に簪をいっぱいつけて、合計30時間以上乗っていました。簪を外したら、自分で元に戻せなくなりますからね(笑い)」

 空港に降り立つと、一人だけ華やかな衣装をまとう五月に一斉に視線が注がれた。

「現地では、全くわからないベトナム語の歌詞を急に渡されて、歌うこともありました。この経験が、のちに随分役立ちました。大変なことでも、何とかやろうと頑張ればできるもんだなって」

「電子(テレビ)の皇后」と呼ばれて人気を博し、帰国後の1958年に『お座敷ロック』でデビュー。そして1961年に、神戸一郎のB面として出した曲『おひまなら来てね』が中京地区から徐々に話題を呼び、大ヒットする。

「当時はファンが家まで来たんですよ。客商売だからか両親が気さくで、彼らを家の中に入れちゃうんです。ある朝、寝巻き姿で起きてきたら、知らない男の子たちが、食卓でおにぎりを頬張っていて驚きました(笑い)」

『NHK紅白歌合戦』出場を3年連続で果たした翌1965年、村田英雄所属の新栄プロダクション社長・西川幸男氏と結婚する。14歳年上だった。

「私は違う事務所でしたし、顔見知り程度の間柄でした。複数の歌手の方と地方興行に行った時、旅館の部屋に呼ばれたんです。部屋の障子を開けると、いきなり頭を下げて『結婚してくれ』って……。お父さんにすごく反対されました。でも、ずっと敷かれたレールを歩いてきたから、言いなりになりたくない自分がいたんですね」

 芸能活動を休止し主婦業に専念するも、結婚生活は6年で破綻。芸能界に舞い戻る。

「芸能界に未練があったからじゃなく、別れたから働かなくちゃいけなくなったんです」

 この頃、東京・渋谷の円山町でラブホテルの経営もしていた。

「一度、千駄ヶ谷の連れ込みホテルに入った時、部屋も布団もすごく汚らしかったんですね。良い思い出を作る場所なのに、悲しくなった。じゃあ、私がホテルを作ってみようと。大阪のラブホテル街にも行って研究しましたよ。『紅白』に出場した時の衣装を切って、布団の生地に使いました。もう着ないだろうと思ったから(笑い)」

【プロフィール】さつき・みどり/1939年生まれ、東京都出身。1956年、『ものまねのどじまん』(ニッポン放送)で優勝し、審査員の宮城秀雄(宮城まり子の弟)に才能を認められる。1958年に『お座敷ロック』でデビューし、1961年に発表した『おひまなら来てね』が大ヒット。その後も『来てねシリーズ』『芸者シリーズ』をヒットさせる。1975年の東映ポルノ映画『五月みどりのかまきり夫人の告白』をはじめ、日活ロマンポルノにも主演し、熟女ブームの先駆けとなる。一方、独学で始めた油絵が1989年に「二科展」に初出品初入賞し、書道や着物デザインでも才能を見せる。現在は、放送中のドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)にレギュラー出演する他、『夢コンサート』などに出演。今秋には新曲も発売予定。

取材・文■岡野誠 撮影■山崎力夫

※週刊ポスト2017年7月7日号

関連記事(外部サイト)