かつて仕事失った津川雅彦 悪名が役立つこともある

かつて仕事失った津川雅彦 悪名が役立つこともある

津川雅彦が「悪役時代」を語る

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、津川雅彦が松竹を退社後、テレビに活路を見出し、悪役をやることで演じることに身が入るようになった時代について語った言葉を紹介する。

 * * *
 津川雅彦は1960年代前半、大島渚・吉田喜重ら松竹若手監督による「松竹ヌーベルバーグ」の作品に立て続けに出演する。

「最初は吉田監督の『ろくでなし』だった。仕事にあぶれて休みの日に演技事務でぶらぶらしてたら、喜重さんの台本が置いてあった。これが面白くてね。早速監督に出演交渉したらもう会社が川津祐介で決めてるという。『会社が押し付けた役者と、あなたの脚本を読んで「やりたい」と言ってる役者と、どっちとやりたい?』って説得した。その後は大島、吉田両監督が交互に使ってくれるようになった。

 大島監督の『日本の夜と霧』の時は慣れない全学連の学生役で、僕の演説に野次を飛ばすエキストラで出た本物の学生たちの方がリアルで素晴らしくて、非常に傷ついた記憶がある」

 松竹を退社後は、大映や東映で叔父のマキノ雅弘監督の時代劇や任侠映画に出演する一方、テレビに活路を見出していく。

「松竹から『君では観客が入らないし、イメージ悪いから辞めてくれ』と宣告されて首になった。それで叔父のマキノ監督が映画に出してくれたんだが、いつまでも頼っているわけにもいかない。そんな時にテレビから話があった。当時は、映画の役者がテレビに出るのは致命的で、落ち目の象徴だったんだが、背に腹は変えられないからね」

 そうした中で、1972年のテレビ時代劇『必殺仕掛人』に始まる「必殺」シリーズの悪役として立て続けにゲスト出演、毎回強烈な印象を残していく。

「一度天狗になった役者の根性って、簡単に治るもんじゃないんだね。こうなったのも全て『おふくろに甘やかされたから』と家を出て、ホテルで一人暮らしを始めちゃった。そのせいで更にだらしなくなり、女に夢中になるわ台詞は覚えないわ、役者としても全く進歩なし。

 結局デヴィ・スカルノさんとスキャンダルが勃発し、毎週のように週刊誌で叩かれて、とうとう全く仕事がなくなった。

 奈落の坂を転げ落ちてる時、朝日放送の演出家で友人の松本明に『山手線の中吊り広告は軒並み津川の名前だらけや。喫茶店ではみんながお前の話をしとる。それだけ話題になるまでにいくら広告料かけたことになるか考えてみい』と言われた。

 でも、嫌いな役者のトップになっちゃった広告だからね。『なんのプラスにもならんわ』と答えたら、『悪役やったらええのんや。嫌われ者ナンバーワンなら悪役。ピッタリや。嫌いな役者が最後に殺されたら、みんな喜ぶで』って。それで『仕掛人』で仇役に起用してくれた。親父も家族を食わすために仇役やってきたことを思い出してね。自分のプライドを納得させた。

 悪役をやってよかったのは、役の悪性を面白く出すためには、最初に善良性を見せておいて後で意表をつく。そういう人間の裏表って、悪役に限らず役者は描かなきゃいけないと気付けた。

 悪役をやることで、性格の二重性を考えるのが面白くなり、演じることに身が入るようになった。観客が嫌がるだろうアイデアって、楽しいからいっぱい浮かんでくるんだな」

●かすが・たいち/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『鬼才 五社英雄の生涯』(ともに文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。

◆撮影/藤岡雅樹

※週刊ポスト2017年7月7日号

関連記事(外部サイト)