『イッテQ!』絶好調の背景に萩本欽一のシンプルな助言

『イッテQ!』絶好調の背景に萩本欽一のシンプルな助言

番組ディレクターが萩本欽一から受けた助言とは?

『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の勢いが止まらない。25日の放送で20.3%(関東地区)を記録し、番組記録を更新する8週連続視聴率20%越えを達成した。最近のテレビ界では少なくなった海外ロケを行ない、出川哲朗やデヴィ夫人が奮闘する姿も人気の要因となっている。 

 実は、番組がスタートする前、スタッフは1980年代前半に『視聴率100%男』と呼ばれた欽ちゃんこと萩本欽一の元へ教えを請いに行ったという。「どんなことに気を配れば番組が当たりますか?」と聞いたディレクターに対して、萩本はこう助言したという。

〈僕は、「ヒントは『遠い』と『辛い』だ」とだけ言いました。すると、そのディレクターはそれを見事に実現しました。『イッテQ!』は、タレントが遠くまで行って辛いことをこなしてくるという実にシンプルな番組です。それがヒットにつながったと思います。

 テレビの現場は常に慌ただしいものです。だから、ともすると「近くて」「楽な」方法で番組をつくりがちです〉(萩本欽一・著『ダメなときほど「言葉」を磨こう』より)

 2000年代に入って以降、テレビの製作費は徐々に下がり、2008年のリーマン・ショック以降は激減している。その前後から、テレビ界では“ひな壇番組”が隆盛を誇るようになった。テレビ局関係者が話す。

「お笑い芸人の数が劇的に増え、レベルが上昇していったことも大きい。スタジオの話術だけで盛り上がれば、出演料だけで済むので、時代とマッチしたのでしょう。メイン司会者はそれなりの金額を持っていきますが、ひな壇芸人はギャラも抑えられるので、良いこと尽くめだったんです」

 1つヒット作が生まれると、追随されるのがこの世界の常。一時期、バラエティはひな壇番組とネタ番組で溢れ返る状況が生まれた。そんな時代の流れに乗ることなどなく、萩本は「ヒントは『遠い』と『辛い』だ」と言ったのだ。

「萩本さんの言葉は、抽象的でよくわからないことがある(笑い)。萩本さん自身も、全部教えずに、敢えて考えさせる狙いがあるようです。そういう点でも、意図をちゃんと読んでそれを実践したディレクターは優秀ですね」(同前)

 以前、萩本は自分の番組で子役を起用する時、ディレクターに相談すると、児童劇団に電話をする方法を提案されたという。「それはやめてくれ」と告げたところ、ADがあらゆる幼稚園や保育園へ足を運び、苦労した末に見つけた1人の男の子を推薦すると、萩本はこう言ったという。

〈「お前たち、二度警察に捕まりそうになったらしいな。辛い思いをしてきたんだから、外れは絶対にない。お前たちの努力で、きっといい運がついたから、その子に決めた!」(前出の著書より)

 その子役を起用すると、視聴率も大きく上昇したという。テレビ事情に詳しい芸能担当記者が話す。

「昨今、テレビ番組の視聴者は40代や50代がメインになっている。そのため、バブル時代のエピソードをスタジオで語ったり、1980年代人気のあったタレントが過去の最高年収などを吐露したりするような懐古番組が目立つ。期首の特番ならまだしも、毎週同じような番組が放送されていては、テレビは完全なオールドメディアになってしまいます。

 もちろん経費の問題もあるので、『イッテQ!』のような大型ロケ番組が何本も出現することは考えにくいですが、ロケの工夫次第ではオリジナリティ溢れる番組を作れる。テレビマンは、今こそ知恵を絞るべき時なのではないでしょうか」

 安易な懐古番組で目先の視聴率を取りに行くのではなく、萩本欽一の『遠い』と『辛い』をテレビマンたちがそれぞれ実践していけば、まだまだ面白い番組は作れるはずだ。

関連記事(外部サイト)