NMB須藤凜々花的な「婚テロ」で人間関係こじれる

NMB須藤凜々花的な「婚テロ」で人間関係こじれる

一般人にも増えているNMB須藤凜々花的な「婚テロ」(公式HPより)

 先日最終回を迎えたドラマ『あなたのことはそれほど』(TBS系)。W不倫の末、女性側はきれいさっぱり離婚し、男性側は大激怒している妻にひたすら謝り続け元サヤとなったが、これには結婚している人も、していない人も、不倫している人も、していない人も、とにかく私たちの心を最後までかき乱し、今でも女が3人寄れば、“あなそれ”話で盛り上がる。

 結婚の幸、不幸についてそれぞれ思うところを語るわけだが、奇しくも同ドラマ最終回3日前の6月17日に行われた、『AKB48選抜総選挙』での「結婚宣言」がいっそう拍車をかけている。

 騒動のヒロインは、史上初の3連覇を果たしたHKT48の指原莉乃(24才)でも、卒業を発表した渡辺麻友(23才)でもない。20位にランクインしたNMB48の須藤凜々花(20才)だ。

 人生初の恋人というお相手は、『週刊文春』のネット番組によれば、《医療関係の仕事をする20代半ばの一般男性》。母親の友人として出会い、昨年末から結婚を前提に交際。東京在住の彼とは遠距離恋愛だったが、今年に入ってプロポーズされ、須藤は卒業を決断したという。総選挙で発表することへの批判は覚悟していたといい、会見では「自分の口から言いたかった。好きな気持ちもグループの活動も、どちらも真剣だった」と本音もこぼした。

「結婚時期は未定で妊娠もしていません。彼女は会見で、物議を醸すことは百も承知だったけれど、『人を好きになって、恋愛禁止ルールでがまんできる恋愛は恋愛じゃないと思った』と苦悩も明かしていますが、これまで、そのルールを遵守してきた卒業生やメンバーたちは、全然おだやかじゃありません…」(芸能関係者)

 元総監督の高橋みなみ(26才)は、この一件を「爆弾的なこと」と前置きして、「結婚自体は素晴らしいことだと思いますが、あそこの場所で言うのはかなりリスキー」と困惑気味に話した。

 AKB48のOG・大島優子(28才)は「何考えてんのかしら」とインスタグラムのライブ配信で発言するや大炎上する事態になったが、彼女がここまで言うのは総選挙という夢のステージが、ファンの見返りを求めない愛によって用意されてきたからに他ならない。

 マーケティングライターで、『インフィニティ』代表取締役の牛窪恵さんは、「突然こういった結婚発表をするのは、一般のかたの間でも問題になっている」と指摘する。

「SNS上で、お腹が空いている時間帯に食べ物の写真を投稿することを『食テロ』『飯テロ』といいますが、何の前触れもなく、突然結婚を発表する人のことを『婚テロ』といいます。今は20代、30代の未婚者のうち、結婚したいと思っている人が8割以上いますから、何の相談もなかったとなると、ものすごく心臓に悪い。また今まで独身仲間と思っていただけに『裏切られた』との思いが強くなり、人間関係がこじれていきます」

※女性セブン2017年7月13日号

関連記事(外部サイト)