『ひよっこ』みね子の洋服や銭湯通いに茨城出身女性が疑問符

『ひよっこ』みね子の洋服や銭湯通いに茨城出身女性が疑問符

朝ドラ『ひよっこ』にオバ記者が苦言(ドラマHPより)

 女性セブンの名物還暦記者“オバ記者“こと野原広子が、様々な事象をぶった斬る! 今回は朝ドラ『ひよっこ』のお話です。

 * * *
 腹が立つほどではないけどNHK朝ドラ『ひよっこ』の、日ごとにつのるこのモヤモヤをどうしてくれよう。

 ドラマが始まったばかりは絶好調。「あんなの茨城弁じゃない」とブーブー言っていたわが郷里の茨城県の友達も、ドラマの面白さにしだいに声が小さくなったもんね。

 それより、みんなで雑魚寝をする向島電機の社員寮『乙女寮』の明け暮れや、食堂、コーラス部がほっこりと温かくて、「『走れトロイカ』、歌いたかった」だって。

 問題は舞台が赤坂に移ってからよ──。

◆青いスラックスを月の小遣い900円の勤労少女がはくか?

 みね子の時代に遅れること10年。茨城の高卒の私はボストンバッグ一つで上野駅10番ホームに降り立ち、社員寮付きの靴屋に就職。初任給は7万5000円で、そのうち強制貯金が月々2万5000円。

 食費と寮費と税金など引かれ、手元に残るのは1万2000円。月4日の休みの日の食事代と、必要最小限の生活雑貨を買ったら、残る千円札は1~2枚。洋服なんか買えないって。

 ましてやバッグや靴。靴の替えは1足あるかないかだったけど、みんなそんなものだったのよね。

 なのにドラマのみね子は服をとっかえひっかえ。母親のお手製のチェックのブラウスはおしゃれだし、靴、バッグもいくつも持っている。青いスラックスなんて、月の小遣い900円で、5000円の仕送りをしている勤労少女がはくか?

『あかね荘』の不愛想な“事務員”のメイクがまったく今風というのも雑すぎやしないか。

 このあたりをしっかり描いてくれないと、ホロリの場面でも気持ちがつっかえて泣くに泣けないのよ。

 それだけじゃない。銭湯通いも首を傾げたね。田舎娘が大勢の前で裸になるときの恐怖とためらいといったら…。それなのに、みね子も向島電機の面々も屈託がない。

◆田舎娘がすずふり亭の女将と連れ立って銭湯に行くか?

 同世代の娘同士ならすぐに「お互いさま」という気にもなるかもしれないが、雇い主のすずふり亭の女将や先輩と連れ立って裸になるか。みね子の気が知れないわ。

 上京して約1年がたとうというのに変わらないのも恐れ入るね。変えたのは、髪形をポニーテールにしたぐらいで都会に染まろうという気概もなければ、色気もない。

 昔から「十九厄年、はらむか死ぬか」というほど、19才は危険な年頃といわれているけど、次々に投入されるイケメンたちに向けるみね子の目の静かなこと。

 おかげでこの中の誰と恋仲になって結婚するのか。まったく予想がつかないし、その興味もわかない…って、朝ドラとしておかしくない?

 田舎娘みね子を“純朴”という枠から出さず、奥茨城をいい人ばっかりいる楽天地にしたのもどうかと思う。“なまり”のある人は、みんな純朴という思い込みは、東京に2度目のオリンピックがきても直らないんだね。

※女性セブン2017年7月13日号

関連記事(外部サイト)