「離婚約」宣言のじゃい 布川敏和、山田邦子と語り合う

「離婚約」宣言のじゃい 布川敏和、山田邦子と語り合う

布川敏和、山田邦子らが結婚と離婚についてトーク

《じつは今、嫁と“離婚約”をしている。(現在、2歳の息子が小学校に入る)4年後、嫁は息子2人を連れて出て行くらしい。(嫁さん曰く)慰謝料や養育費はいらないが、今まで嫁に渡したお金は貰うんだと。息子と会うのは問題ないが、家には来ないでくれと言われている。嫁は再婚する気でいる。まあいいでしょう》(本文ママ)

 お笑いユニット『インスタントジョンソン』のじゃい(45才)が、自身のブログで綴ったこの文が大炎上している。「不愉快極まりない」「子供の気持ちを全然わかっていない」などと厳しい意見が。その一方で「別れる前にいろいろ決めておいたほうがよい」「無理に結婚生活を続けるのは子供にとってもよくない」と共感の声も駆け巡った。

 離婚約──初めて聞く人も多いだろう。これはじゃいの造語ではあるが、形としては、いわゆる仮面夫婦の1つ。彼のように“子供が〇才になるまで”というケースもあれば、両親がそろっていることが暗黙の了解である“私立のお受験が終わるまで”など、それぞれの家族の事情を鑑みて“期限”をつくり、表面上はごくフツーの夫婦生活を続けた、あるいは続けている夫婦の状態を、じゃいは“離婚約”と呼んだのだ。

 かつては、ひとたび愛を誓えばそれは永遠で、離縁ともなれば、当人同士ではなく、ひいては親の育て方などにも問題があったかのように白い目で見られてきたもの。しかし時代は変わり、2分おきに1組の夫婦が離婚しているといわれている。今や、バツイチくらいならばもはや珍しくもなく、むしろ“バツイチモテ”とまでいわれるようにもなったほどだ。このように夫婦のあり方が多様化しているゆえ、じゃいの発信した“離婚約”という言葉は多くの人の胸に響いたのだろう。

 そこで、じゃいに加えて、3年前につちやかおりと離婚した布川敏和(51才)、9才年上の夫と結婚17年目の山田邦子(57才)、そして既婚で一児の母である堀井亜生弁護士(40才)の4人で、結婚や離婚について語ってもらった。

山田:ずいぶん、ブログが炎上したみたいじゃない。

じゃい:そうなんですよ。まずヤフーニュースになって「不愉快」「子供がかわいそう」と、反応が穏やかではなくて、もうビックリですよ。

布川:奥さんとうまくいかなくなったのは、どうして?

じゃい:ぼくが子供の面倒を見なかったり、家事をしなかったり、帰りが遅かったり。嫁の負担が大きすぎたんでしょうね。

山田:きっかけはあったの?

じゃい:結婚記念日がバレンタインデーなんですが、4年前のその日にラインを送ったんですよ。「今日は結婚記念日だね。これからも幸せでいようね」って。でもそれが既読スルーだったんです。このへんから、向こうがイラッとすると離婚の話を持ち出され、それがどんどん具体的になっていったんです。

堀井:具体的とは?

じゃい:「4年後に離婚しよう」「引っ越し先決めている」「お金はこうしよう」と。

山田:あぁ、信号はちょいちょい出てましたね。その時、彼女はちゃんと向き合ってほしかっただろうし、「そんなこと言うなよ。おれが悪かったよ」なんて言葉も欲しかったと思うよ。それがなかったからバーンと爆発した。

じゃい:ぼくは典型的なダメ夫で、夫スキルはほぼゼロ。でも、ぼくだってぼくなりにやっているんですよ。この間はおみそ汁も作ったし。

山田:具は?

じゃい:わかめとねぎです。

山田:それって奥さんが好きな物?

じゃい:…どうだろう。

女性陣:あ~わかってない!

堀井:それにしても、奥様に言われっぱなしなんですね。反論はしない?

じゃい:自分からは何も言わないですね。昔から何か言われるとすぐちゃかすところがあって。嫁が「再婚したい」って言うと、「君はモテないから見つからないと思うよ」なんて言ったり。

布川:でもさ、じゃいさんは今でも好きなんでしょ?

じゃい:もちろんです。ぼくはもし別れても再婚する気ないし、彼女もいらない。嫁以上に好きになる人って現れないと思うし。でもつい先日、アウトだなと思う出来事があって。嫁はずっと前から頭痛持ちで、長いこと悩んでいたんです。それである日、「私、頭痛の原因がわかった。お前だ!」って言われて。ぼくがいなくなって、頭痛がなくなるんだったら離婚を選んだ方がいいかもしれないって思ったんです。ぼくは心の底から彼女には幸せになってほしいんです。それが「愛」っていうもんじゃないですか?

女性陣:うざ~~いっ! きれいごとっ! 

山田:じゃいさんは正しいことを言っているつもりかもしれないけど、その発言、女子はちょいちょいイラッとくるんだよね(笑い)。そこが女と男の難しいとこね。

布川:男ってバカだから気づかないんですよ。ほら、おれも3年前に同じだったじゃん。ちょうど6月23日に離婚してから、丸3年なんだけどさ。おれの場合は向こうから“いつ離婚します”っていうのはなかったんだけど、2~3泊、地方ロケ行って帰ってきたら、嫁さんがすでに荷物持って出ていってた…っていうパターンだから。

◆布川敏和、つちやかおりとのやり取り語る

〈布川は1991年に高校の時からつきあっていたつちやかおり(52才)と結婚。1男2女をもうけるも、2013年から別居。2014年5月につちやと都内割烹料理店店主の手つなぎデートが『週刊新潮』に報じられ、その1か月後、23年の結婚生活に終止符を打った〉

じゃい:布川さんがアウトだと思ったのはどういうときだったんですか?

布川:おれもじゃいさんと一緒で、家事はほぼ丸投げ。しっかりした奥さんだったから安心しきって家のことは全部任せっぱなしだったんだよね。そのうち、なんとなく夫婦の間に距離が生まれてギクシャクしてきて…。いつしか、手料理じゃなくて、お総菜が並ぶようになりましてね。

山田:離婚あるあるね。

布川:それでお互いギクシャクした流れで、ある日、ぼくの車でお盆の墓参りに出かけたんです。そのとき彼女が助手席ではなくて、後ろの席に乗ったわけですよ。おかしいでしょ、後部座席って(笑い)。それで息子が20才を超えたころ、ふたりの間で楽しい会話が一切なくなったので、ぼくから「もう仲よくしようよ。おれに悪いところがあったら、全部直すから」って言ったのよ。そうしたら彼女が、「いや、今、直してもらうことない」と。

全員:爆!

布川:その時、上の子が20才で下が高校生。子育ても一段落。彼女は子供とおれの面倒を一生懸命30年もやってきて、亭主といえば家のことなんて何もやらない。「自分はこの先、このままでいいのかしら」って、人生の再スタートを考えても当然だよね。それに彼女は20年ぶりに芸能界復帰して、今までの平和なママ友から、シングルマザーの友達が増えて、そりゃあたくさん離婚のアドバイスももらえる。夜の外出や朝帰りも増えてついに別居。で、おれは世間体もあって、別居していたのを周囲に黙っていたんですよ。いつバレるんだろうって、ドキドキしながら。そうしたら、彼女が男の人と手をつないでいるところをスクープされて。

山田:まさに再スタートね。女って逞しいなあ。

堀井:離婚の計画を立てるのは女性です。女性は「子供が○才になったら、こういう条件で離婚したい」と、将来を見据えた相談が多い。一方で男性は「今、離婚したい」「離婚しようか迷っている」と、“今”の悩みがほとんど。女性は子供を中心に考えるので、計画的なんだと思いますよ。

じゃい:男は今のことでいっぱいいっぱいですから。彼女の考えを理解する余裕がない。

堀井:どうやら、布川さんもじゃいさんも、奥さんの不満をキャッチできなかったんですね。「もっと男らしくしてほしい」とか、「もっと話を聞いてほしい」と、たくさんSOSを出していたのに、まったく受け止めてこなかった。

布川:もっと男らしくって何? 「おれについてこい!」って力こぶ出せばいいの?

女性陣:違~~うっ!(怒)

堀井:離婚するならするで、しないならしない。「きみの好きなようにしていい」「きみが幸せならそれでいい」って曖昧に言われるのがいちばん、女子は嫌いです。

山田:男って女の不満の限界を理解できないんだなぁ。

堀井:ちなみに口頭での約束はもちろん、書面での約束であっても「離婚約」に法的な強制力はないんです。その時こういう条件で離婚したかったという以上の意味はありませんし、将来離婚したくないとか、その条件は嫌だと言うこともできます。

じゃい:確かに嫁もそうです。最初は「4年後」って言ってたのに、ついこの間は「夏までに別れる」って言ってきて…。住むところも近所のドラッグストアの2階とか、ものすごくリアルに話してきました。

山田:薬局なら頭痛が起きてもすぐに薬も買いに行けていいんじゃない?(笑い)

堀井:ですから真剣に考えているのであれば、後でもめないよう、お互いのために書面は残しておいた方がいいかもしれませんね。それはきちんと代理人を立てたり、公正証書である方がベターです。

※女性セブン2017年7月13日号

関連記事(外部サイト)