残留する中居正広 独立する3人に逆風吹かぬよう苦心か

残留する中居正広 独立する3人に逆風吹かぬよう苦心か

残留の真意は「自分が防波堤になって…」

 元SMAPの稲垣吾郎(43才)、草なぎ剛(42才)、香取慎吾(40才)の3人が、今年9月にジャニーズ事務所を独立することが発表。一方、中居正広(44才)は事務所に残留することが明らかになった。

 出て行く3人と事務所への恩義に揺れた中居が、残留するにあたり、「譲れなかった約束」があるという。

「解散騒動で事務所スタッフやマネジャーが数人やめましたが、そのことに中居さんは心を痛めていた。だからこそ、今まで一緒に頑張ってきたマネジャーやスタッフにはこれからも一緒にやっていこうという気持ちは伝えていたそうです。そして、大切な約束というのはやっぱり、独立する3人のこと。公に口に出しては言いませんが、3人に逆風が吹かないように苦心しているようでした。いろいろ言われても、自分が防波堤になって3人を守りたいという気持ちなんでしょう」(芸能関係者)

 つい先日、嵐の櫻井翔(35才)は『VS嵐』(フジテレビ系)で、初めて紅白歌合戦に出場したときからずっと中居にお年玉をもらっているというエピソードを披露した。

「この話の反響が大きかった。嵐のメンバーが積極的にSMAPの話をすることはあまりありませんでした。しかもこの時期にオンエアされるなんて。やっぱり中居くんはSMAPはもちろん、事務所の中でもいいお兄さんなんだと認識できました。中居くんはずっとメンバーの懸け橋でいてほしいです」(ファンの1人)

 中居が事務所に残ったことで誰よりも胸をなでおろしているのはファンだろう。なにがあってもSMAPを思うファンの気持ちは変わらない。

※女性セブン2017年7月13日号

関連記事(外部サイト)