銀行員役の2人 向井理は500円玉貯金で斎藤工はギザ10集め

銀行員役の2人 向井理は500円玉貯金で斎藤工はギザ10集め

500円玉貯金をしていると明かした向井理

 ドラマの舞台は1980年代後半、バブル全盛の頃。大企業の御曹司でエリート銀行員・階堂彬(向井理・35才)と、父の会社が倒産し、夜逃げをするなど、過酷な人生を生きてきた、天才バンカーの山崎瑛(斎藤工・35才)。ふたりが7月9日スタートの『連続ドラマW アキラとあきら』(WOWOW 毎週日曜夜10時~・全9話)で演じるのは、そんな好対照な役柄だ。そんなふたりが「おカネ」について語った。

――銀行員とはいえば、札勘定です。札勘は練習しましたか?

向井:それはもう、資料用のDVDを見ながらめちゃくちゃ勉強しましたね。

斎藤:練習用のお札だとしわしわになって、うまくできなくて。かといって、本物の新札を用意するのもどうかと思うし…。

向井:わかる! ぼくも本物のお札で練習したくて銀行に行こうか散々迷った(笑い)。でも結局、行くのはやめて、練習用のお札では扇形にできるようになったんですけど、本番で使った、本物のお札では同じことができなくて、苦労しましたね。

――貯金について、改めて考え直した?

斎藤:そうですね。ぼくは独り身なので、お金の管理は自分でしないといけないから、通帳を見てどのくらい使って、いくらお金が残っているか、意識して確認するようになりました。毎年、確定申告には頭を悩ませますし。

向井:ぼくは普段、あまり買い物はしないんですが、なるべく現金で支払うようにしています。そうでないと、お金の価値を実感できないんです。以前、川村元気さんの『億男』(マガジンハウス)を読んだときにも思いましたが、お金の価値とはなんぞやって、今でも考えています。

――本誌・女性セブンの読者には500円玉貯金している人も多いんですが。

向井:ぼくもやってます。

――えっ向井さんが!? 多くの読者も喜ぶと思います。

向井:いや~ボタンを押すと箱の中から猫が出てきて、小銭を手でひょいっと持っていく貯金箱をもらったんですよ。今、いくら貯まっているんだろ? それに2~3年は貯めてるんですが、気がついたときに入れているから金額はわからないですね。帰ったら見てみようと思います。

斎藤:500円玉貯金かあ。ぼくは小さい頃に周りがギザギザの10円玉を集めていたことはあるけど…。

――親近感が…。意外に庶民的で。

向井:後輩と食事に行くときとか、ごちそうしたりしますが、仕事の帰りとかのタクシーは、メーターが上がる2つ前で降りたりして(笑い)。家の前で止まった瞬間に1メーター上がると、すごく悔しいですね(笑い)。

斎藤:タクシーも初乗りは値下がりしましたが、実は長距離だと逆に割高になったっていいますし。

向井:“ここでいいですよ”と運転手さんに言っても、すぐに止められないから10mくらい走行するじゃないですか。メーターが上がる悔しさはもう味わいたくないので、最近は早めに止めるようにしてます(笑い)。

斎藤:さすがだね(笑い)。節約といえば、先日、ファッションのイベントで上野に行ったんですが、自宅からタクシーで行くか行かないかで迷ったあげく、電車で行きました。

――斎藤さんの移動が電車というのも好感度上がります。

斎藤:上野までタクシーで行く勇気がなかったので。

向井:わかる。ぼくも舞台の稽古のときとか電車で移動してます。

斎藤:タクシーの領収書って凹みませんか?“こんなに使ったんだ”って、後で見て驚くというか。

向井:東京ならPASMOさえあればどこにだって電車で行けますから。楽ですよね。

――そもそもPASMOを持ち歩いている芸能人がいるとは…。これからは電車に乗ってもボーッとしてられません。

撮影/横田紋子

※女性セブン2017年7月13日号

関連記事(外部サイト)