自殺未遂騒動で決意か 船越英一郎が松居一代に離婚調停

自殺未遂騒動で決意か 船越英一郎が松居一代に離婚調停

船越から離婚調停を突きつけられた松居

「1年5ヶ月も尾行され続けているの」などとブログを更新したかと思えば、「松居一代、週刊文春にだまされた」「船越英一郎 裏の顔」という告白動画をYouTubeで公開し、その動向から目が離せない松居一代(60才)。最近の松居の混乱ぶりの背景について、松居に近しい芸能関係者は「夫・船越英一郎(56才)との夫婦関係が行き詰まり、船越側が弁護士を立てて離婚調停の準備を進めている」と明かしている。

 船越は、夫婦生活につねにストレスを抱えていたというが、ついに爆発したのは2015年10月のこと。

 松居は乳がん手術を受けたばかりの北斗晶(49才)を見舞い、自著をプレゼントしたとブログに綴ると、「病に苦しむ北斗をPRに利用した」とバッシングを受けた。さらに、その本の出版記念会見で、その2週間前に亡くなった川島なお美さん(享年54)と船越が過去に交際していたことを明かしたのだ。

 なぜ今さら故人のプライバシーをさらしたのか──船越は激怒したという。しかし、松居はその後もメディアの取材を受けており、船越は再度激怒。すると、松居は「離婚してやる!」と逆ギレし、船越が所属する芸能事務所に「明後日、〇〇ホテルの△階で離婚会見を開きます」という旨のファクスを突然送ったというのだ。

 実際には離婚会見は開かれなかったが、船越は万が一を想定し、クライアントへ謝罪行脚に出ていたという。

 松居のブログに何度も登場する「1年5ヶ月前」には、初めての離婚危機報道があった。2016年1月、本誌・女性セブンは松居との関係に疲れ果てた船越が妻に三行半を突きつけたと報じている。その年末年始を船越は単身ハワイ・ホノルルに滞在し、帰国後も松居の待つ自宅には戻らず、自ら購入した別宅マンションで過ごした。

 そして4月19日、夫婦に決定的なことが起こる。その日、船越のもとに松居から弱々しい声で『今から死ぬ』と電話があった。船越と息子宛に遺書も書かれていた。まさかとは思いつつ船越は必死で探し回ったという。しかし、電話をかけたことで溜飲を下げたのか、松居はブログを再更新するなど正常さを取り戻していた。

「だけどその直後、また松居さんから再び自殺予告の連絡が入ったそうです。『私は睡眠薬を大量に持っている』と。メッセージを聞いた船越さんは仕事の疲れと松居さんによる心労が重なって倒れてしまいました。当の松居さんは2度の自殺未遂騒動後、何食わぬ顔で自宅に戻りました。またもや信じられない思いをした船越さんは、もうこれ以上は無理だと考え、弁護士を立てた離婚調停に踏み切ったんでしょう」(船越家の知人)

 それから船越は弁護士に相談し、離婚調停の申立書を作成し始めたという。本誌は船越の代理人弁護士に対し、以下4つの質問を行った。

・この1年5ヶ月、船越から松居に連絡を取ることはほとんどなかったか。
・2015年10月、松居から船越サイドに「離婚会見を開く」旨のファクスが送られてきたか。
・今年4月、松居が2度にわたって遺書をしたため、自殺未遂騒動を起こしているか。
・船越サイドは家庭裁判所に離婚調停の申立書を提出しているか。

 それらすべての質問に対し、代理人は「事実です」と回答した。その上で、「(松居の2度の自殺未遂騒動は)真意に基づく行動なのかについて、重大な疑義を持っております」と付け加えた。

 松居本人に連絡をとったが、インタビューについては一度はOKだったものの、断りが入った。さらに事務所に質問を送ったが、締切までに回答は得られなかった。

※女性セブン2017年7月20日号

関連記事(外部サイト)