松居一代の「離婚会見」FAXと仏壇放置に船越英一郎呆然

船越英一郎、松居一代に離婚調停を申し立て 船越家の仏壇が紙袋に放り込まれて放置?

記事まとめ

  • 松居一代のYouTube動画に注目が集まるも、船越英一郎は離婚調停を申し立てている
  • 胆管がんで亡くなった川島なお美さんのプライバシーをさらし船越は激怒したという
  • 船越の別宅マンション前に紙袋があり船越家先祖の仏壇や位牌が放り込まれていたそう

松居一代の「離婚会見」FAXと仏壇放置に船越英一郎呆然

松居一代の「離婚会見」FAXと仏壇放置に船越英一郎呆然

度重なる妻の奇行に呆然という船越

 次々と更新するブログや、YouTubeへの動画投稿をきっかけに注目を集めている松居一代(60才)。夫・船越英一郎(56才)は、すでに離婚調停を申し立てている。6月7日、約1か月半ぶりに更新された《本当にごめんなさい 多謝》とのタイトルの記事では、《涙をいっぱい流しながら じっと 耐えていたの》とブログを中断した理由を説明。その先は次のような怒涛の更新が続いた。

《船越家の真実をお伝えしましょう》 (6月13日)
《夫のサスペンスシリーズ 昨年暮れの撮影が最後ですべて打ち切り!!!!理由はただひとつ 妻の口からは申せません》(同14日)
《実は…信じられないようなことが起きてさぁ サスペンスどころじゃないのよ!!!!悲しすぎて人生終わっちゃうかと思ったのよ》(同20日)

 27日に更新された《恐怖の告白!!》というタイトルの文章が極めつきだった。

《告白するよ 実はもう…1年5ヶ月も尾行され続けているの だから、夜は、まったく電気を使わない生活をしているのよ 真っ暗のなかにいるんです》

 この尾行告白の後も、《いつでも、全力で走れる靴スニーカー生活です》《常に、後ろを振り返り運転するときは、バックミラーを確認する生活です》と不穏な発言を続けた。 ファンからは彼女の心身の不調を心配する声も上がったが、松居に近しい芸能関係者は、最近の松居の混乱ぶりの原因をこう明かす。

「船越さんとの夫婦関係がいよいよ行き詰まったそうなんですよ。船越さんはついに離婚を決意し、弁護士を立てて離婚調停の準備を進めています。松居さんの言動が変わったのも、夫との関係に心痛なためでしょう」

◆繰り返された夫婦円満アピール

 本誌・女性セブンは船越と松居の夫婦生活を見守ってきた。この夫婦を読み解く最初のポイントは、松居のブログに何度も登場する「1年5ヶ月前」に何が起きたか──である。

 2016年1月、女性セブンは松居との関係に疲れ果てた船越が妻に三行半を突きつけたと報じていた。それまで芸能界きってのおしどり夫婦として知られてきたが、初めての離婚危機報道。その年末年始を船越は単身ハワイ・ホノルルに滞在し、帰国後も松居の待つ自宅には戻らず、自ら購入した別宅マンションで過ごしたと報じた。

 その翌月も本誌は、船越の別宅マンション前をわざわざ通り、駐車場やマンションの建物を名残惜しそうにじっと見つめる松居の姿をキャッチしている。その後、今年に入ってからも何度か夫婦関係の状況を報じた。

 だが松居は、夫婦の危機を報じるたびに全面否定を繰り返してきた。最初の離婚報道の直後、松居は自宅に殺到した報道陣を近くの神社に連れていき、船越と奉納したという夫婦連名の鈴緒(本殿の鈴を鳴らすための布網)を見せつけて夫婦円満をアピールした。

 昨年11月、本誌が松居にインタビューした際も、「夫への愛は16年間まったく変わらない」と語り、京都で撮影する船越のため、朝3時半に起床して2時間半かけてラブメールを打ったと告白した。

 さらに、「主人は不倫はしていません」と満面の笑みを浮かべてこう断言した。

「もちろん、けんかしたりすることはありますよ。だけど夫は、絶対に私を裏切らないですから」

 結婚生活16年目。たしかに夫婦は、羨むようなおしどりぶりを見せたときもあった。2006年、『パートナーオブザイヤー』を受賞した際、船越は妻を「すべての事に全力投球できるパワーとバイタリティー。そして何より家族を守るためならどんな努力も惜しまない。愛情に満ちた姿勢がある」と慈しみ、松居は夫を「人の悪口を決して言わず、どなたに対しても優しい。私と息子を命懸けで守ってくれている」と讃えた。あだが、夫婦の亀裂は広がる一方で、すでに事態は決定的になりつつある──。

◆「明後日、離婚会見をする」突然のファクス

 ふたりの結婚生活は当初から火種を抱えていた。松居は1986年に結婚して長男をもうけるも、夫の浮気と借金問題に苦しみ、1996年に離婚。2001年6月、3才年下の船越と番組での共演をきっかけに再婚したが、船越の両親は猛反対した。

「神奈川県の湯河原で旅館を経営していた船越さんの父・英二さんは、跡継ぎとして期待していた船越さんがバツイチで子持ちの松居さんと結婚するのが許せず、披露宴に欠席したほどでした。大正生まれで“夫唱婦随”の価値観が残る英二さんは、結婚後も恐妻ぶりをテレビでおもしろおかしく話す松居さんを受け入れられず、2007年に亡くなるまで一度も息子の嫁に会いませんでした」(船越家の知人)

 2010年2月には、船越家と松居の関係を修復しようと尽力していた船越の妹が重度のうつ病で自殺するという悲劇にも見舞われた。

 船越は夫婦生活に常にストレスを抱えてきた。若い女優からのメールに嫉妬した松居が「船越の携帯を鍋で煮た」という事件や家政婦のミスに怒った松居が怒鳴り散らすため続々と家政婦が辞めていったり、ドラマ撮影で多忙な船越が朝のゴミ出しや玄関掃除を強いられている姿が報じられたこともあった。

「恐妻伝説」が知れわたっても、船越は妻をかばい続けてきた。溜まる一方だった船越のストレスがついに爆発したのは2015年10月のことだった。

 その時、松居は乳がんで右乳房全摘手術を受けたばかりの北斗晶(49才)を見舞ったことをブログに綴った。「年間億単位の収入」と豪語する自らの投資術を綴った本をプレゼントしたと明かしたことが、「病に苦しむ北斗をPRに利用した」と世間から大ブーイングを浴びた。

 さらにこの自著の出版記念会見で、松居は前代未聞の暴露を行って周囲を驚かせる。会見の2週間前に胆管がんで亡くなった川島なお美さん(享年54)について、こう発言したのだ。

「結婚して3年目の時、川島さんと船越が人生のひとときを歩んでいたことを知りました。主人には『お見舞いに行った方がいいのでは?』と言いましたが時間がないまま天国へ召されてしまいました」

 川島さんには最期まで寄り添った夫がいる。なぜ今さら故人のプライバシーをさらしたのか──船越は激怒したという。船越の知人の話だ。

「船越さんは『人の不幸に乗じて、なんという不謹慎な発言をするのか』『二度とメディアで発言してはいけない』と怒った。その上で、妻の非礼を詫びたいと北斗さんと夫の佐々木健介さん、川島さんの夫の鎧塚俊彦さんへの謝罪に出向こうとしていました。

 ところが松居さんはその後もメディアの取材を受けていた。さすがの船越さんも激高し責め立てた。そうしたら、松居さんは『離婚してやる!』と逆ギレしたそうなんです」

 そして松居は、船越が所属する芸能事務所に「明後日、〇〇ホテルの△階で離婚会見を開きます」という旨のファクスを突然送ったという。船越夫婦に近い芸能関係者が言う。

「船越さんにとっては寝耳に水の話。松居さんの気性ですから、会見を本当にやるかは五分五分でした。それでも船越さんは“もしかしたら、本当にやるかも”と万が一のことを想定して自らクライアントへの謝罪行脚に追われていました。結果的には会見は開かれず、一体あのファクスは何だったのか…。船越さんは自分だけでなく、事務所や周囲の人たちに迷惑をかけてしまったことに本気で落ち込んでいました」

 話には続きがある。松居がファクスを送った直後、船越の別宅マンション前に不審な紙袋が放置されたのだ。

「紙袋のなかには船越家先祖の仏壇や位牌が無造作に放り込まれていたそうです。船越さんの呆然とした表情は忘れられないですね」(前出・夫婦に近い芸能関係者)

※女性セブン2017年7月20日号

関連記事(外部サイト)