『直虎』の高橋一生と柳楽優弥を両天秤で楽しむ女性ファン達

『直虎』の高橋一生と柳楽優弥を両天秤で楽しむ女性ファン達

“虎絵”には高橋一生派と柳楽優弥派がある

 NHKの大河ドラマ『おんな城主 直虎』のオンエアーが終わると、毎回ツイッターには“虎絵”なるものが多数投稿される。“虎絵”とは、『直虎』の名シーンや、登場人物に対する妄想などをイラストや漫画にしたもの。なかでも人気のキャラクターは、高橋一生(36才)演じる小野但馬守政次と柳楽優弥(27才)演じる盗賊団の頭・龍雲丸だという。

『あまちゃん』の“あま絵”以来、大河や朝ドラのイラストをツイッターにアップしている主婦の南天さんは政次派。

「政次はあんなにがんばっているのに報われないのが、不憫萌えです。史実では、非常に悲しい結末を迎えるので、いつかいなくなっちゃうと思うと、ますます切なくなってしまいます。政次は自分の感情を押し殺しているので、モヤモヤするんですよね。ネットで虎絵を見ていると、政次派は『直虎とこうなってくれたらいいのに』というような願望を託して描く人が多いと思います」(南天さん)

 ツイッターユーザーの三河さんは、「政次の気持ちに心をひきずられて、毎回苦しい」と話す。

「政次は鶴丸の頃から見ているので、もう本当に親戚のおばちゃんみたいな気持ちで応援しています。直虎が頭に惹かれるのもわかるんです。恋愛初心者のお嬢様がいかにもハマりそうな不良っぽいイイ男。政次だって嫌いになりきれなくて、そこも苦しいですよね。そして結局全員うまくいかないんですけど、そこがまたおもしろい」(三河さん)

 龍雲丸派の虎絵で注目されているのがまーぼーさん。ウェブやアプリゲームを中心にイラストレーター・デザイナーとして活躍している。

「龍雲丸は色気がすごい。初登場は真っ赤なふんどしで、水浴びをしていましたし(笑い)、仲間からの信頼が厚く、盗賊団の頭にもかかわらず、武家の出だから、ある程度の教養があって、地頭もいい。話術も交渉事もすごく上手。人としてとても魅力的なんです」

 そう話すまーぼーさんだが、政次がいることで、龍雲丸の存在感が際立つという。

「政次って、おれがおれがって前に出てこない。あえて悪役になって、井伊を守り、直虎をサポートします。直虎の家臣として政次も龍雲丸も仕事ができる男なんですが、陰と陽で、タイプが全然違うのがいいんです」

 イケメン評論家の沖直実さんは、「女子は直虎に自分を重ねドキドキしているのでは」と言う。

「竹内まりやさんの『けんかをやめて』ってあったじゃないですか? まさにあのシチュエーションですよね。タイプの違うイイ男が自分を取り合って、自分でも両天秤にかけるんだけど、どっちか決められない。現実世界ではまずそんなことは起こりえないから、女性の永遠の憧れなんですよね。

 しかも高橋さんも柳楽さんも、いわゆる流行のキラキラ系王子様イケメンではないじゃないですか? 美しいだけじゃない味のあるイイ男。そういう意味でリアルだから感情移入もしやすいんです」 

 政次を演じる高橋と、龍雲丸を演じる柳楽。実際の撮影現場ではどんな様子なのか。

「今回初めての大河出演となる柳楽さんは、大ファンだった柴咲さんをはじめ、素晴らしい役者がたくさんいるなかで、どうやって自分の存在感を出せるかとかなり気負っていたそうです」(芸能関係者)

 14才のときに出演した映画『誰も知らない』で、カンヌ国際映画祭の最優秀男優賞を受賞した柳楽。当時は嬉しい半面、歴代の受賞者と比べたり、本当に自分にそんな実力があるのだろうかなどと自問自答したりするなかで、演技をすることが怖いと思った時期もあったという。

「そういった悩みは、いろいろな出会いのなかで乗り越えていったんですが、さすがに今回は、プレッシャーが相当大きかったみたいです。そんなふうにガチガチになった柳楽さんをリラックスさせてくれたのが高橋さん。『そんなに肩に力をいれなくても大丈夫』という彼の一言で、柳楽さんは本来の姿で撮影に臨めているそう。高橋さんにはすごく感謝しているようですよ」(前出・芸能関係者)

※女性セブン2017年7月20日号

関連記事(外部サイト)