「船越別宅周りを徘徊」松居一代が動画で激怒の記事全文公開

「船越別宅周りを徘徊」松居一代が動画で激怒の記事全文公開

『女性セブン』2016年2月11日号を手にする松居一代(YouTubeより)

 YouTubeに衝撃の独白動画を公開した松居一代。「船越英一郎 裏の顔」という動画では『女性セブン』に掲載された自らに関する記事に対し、強い怒りを訴えている。

『女性セブン』2016年2月11日号に掲載された『松居一代 帰らぬ夫船越英一郎の別宅周りを徘徊の日々』という記事に対しては、「徘徊なんかしてません。この写真は私がスーパーマーケットから出てきた写真です」と主張。さらには、「この(記事が掲載される雑誌の)発売も、船越が以前から全部ノートに書いていたんです」と、話している。

 その記事とはどんな内容なのか。ここで全文を掲載する。以下、女性セブン2016年2月11日号より(年齢などは当時のもの)。

 * * *
「妻の束縛」とGoogleで検索すると、55万7000件がヒットする。「束縛が強すぎて離婚したい」「家に帰りたくない」「愛が痛い」…。そこには男たちの悲鳴が溢れている。松居の“15年束縛愛”に耐え続けた船越が離婚を決意して3か月。離れゆく夫の背中を、松居は今も追い求めている。

 *
「40年に1度」といわれる大寒波が日本列島を襲った1月23日の夜8時。都心の高級和食店に松居一代(58才)の姿があった。

 真剣な表情でなにやら相談している相手は、松居の知人女性。金目鯛や漬物に箸を運びながら、周囲を気遣うように小声で話し合っている。

 賑やかな店内で、2人の空気だけが重い。

 退店後、女性を送った松居は、明かりの消えた自宅にひとり帰宅した。

 *
「皆さんに見ていただきたいものがあるんです」

 1月初旬、本誌による船越英一郎(55才)と松居の離婚報道を受けて、自宅に殺到したマスコミを近くの神社に連れて行った松居。

 昨年末に船越と奉納したという夫婦連名の鈴緒(本殿の鈴を鳴らすための布綱)を見せながら、夫婦円満をアピールした。

「いちばん大きな鈴緒を3本。ね、これを見ていただけたら一目瞭然でしょう」

 微笑みを絶やさずにそう話す松居だが、当の神社関係者は彼女の証言に困惑を隠さない。

「おふたりが鈴緒の注文に来たのは、昨年10月初旬のことです。年末の12月26日に奉納したのは事実ですが、そのときに立ち会ったのは松居さんだけでした。船越さんは時間をずらして、おひとりで鈴緒を見に来られました。ご夫婦一緒ではなかったです。

 というか、鈴緒の注文以降、ご夫婦で来たことは一度もありません。以前はよく早朝に手を繋いで参拝されていたのですけどね…」

 本誌既報の通り、船越と松居の仲を修復不可能にした決定打は、昨年10月7日に行われた松居の新刊出版記念会見だった。

 船越は松居の過剰な束縛ぶりに長年悩み、昨年春には長男Aくん(27才)が独立したこともあって、“鎹”なき家庭での夫婦生活に疑問を抱き始めていた。

 そんな中、松居は同会見で船越と川島なお美さん(享年54)の過去の交際を暴露。船越は激怒し、以降、彼は自宅に帰らなくなった。

 船越が松居に離婚の意思を告げたのは、この会見の直後のことである。

「これから12~13年はお使いいただける鈴緒です。私たちが元気でお仕事させていただいて、“ふたりでまた同じように奉納できたら幸せだね”と話していたんです」

 新年の寒空の下、松居は報道陣にこう釈明していたが、皮肉なことに、夫婦の幸せを祈願した鈴緒を注文してまもなく、夫が去って行ったことになる。

 松居を知る関係者には、ワイドショーに映る彼女の姿が痛ましく見えたという。

「鈴緒を選んでいたときは、まさか直後に離婚話が出るなんて想像もしていなかったんでしょう。きっかけは松居さんの会見にあったとはいえ、いまだ現実が受け入れられていないというか…。彼女が夫婦円満を語るのも、“まだ大丈夫”と無理矢理自分に言い聞かせているように見えました」(芸能関係者)

 550年の歴史を持つ霊験あらたかな神社の本殿では、今日も松居・船越連名の鈴緒が揺れている。

◆帰路の途中、必ず別宅マンションへ

 船越は昨年末、親しい関係者にのみ離婚を打ち明け、ひとりハワイに旅立った。帰国は1月8日の午後4時半。

──船越さんは帰国後、松居さんの自宅に戻りましたか?

 先の会見で報道陣にそう問われた松居は、満面の笑みで答えた。

「もちろんです!」

 しかし、この発言も偽りだった。本誌は帰国後の船越の動きを追っている。

 彼は成田到着後、松居の待つ自宅には帰らず、都内の会員制ホテルか、2011年に自分名義で購入した別宅マンションで過ごしていた。

「ドラマのロケ撮影も始まり、東京から離れることも多くなりましたが、帰京後も松居さんのいる自宅には頑なに帰ろうとしないそうです。年末年始どころか、この3か月間、松居さんとは一度も会っていないといいます。

 川島さん夫妻に迷惑をかけてしまったことをきっかけに今までの不満が噴出した。今回ばかりは離婚の意思が揺らがないのです。離婚の報道が出て、かえってふんぎりがついたと話しているそうです。

 川島さんの件については松居さんも反省していて、船越さんに謝罪の手紙も書いたそうですが、難しい状況でしょう」(前出・芸能関係者)

 松居はもう一度やり直したいと願うが、船越は顔を合わせることさえしない。平行線を辿る夫婦関係に、松居の心身は疲弊していた。

 冒頭の夜、松居は自宅に帰る前に、不思議な動きをした。

 真っ直ぐ帰路には着かず、船越の別宅マンション前を通り、駐車場やマンション建物をじっと眺めてから、自宅に帰ったのだ。

 別の夜も同じだった。近くのスーパーで買い物を終えた松居は、またも帰路の途中で別宅に寄った。車を徐行させ、前を通り過ぎると、一気にアクセルを踏み込んで自宅に向かった。

 帰路だけでなく、別宅前を通ってから外食に出かける日もあった。

 松居は船越の別宅周辺の“徘徊”を繰り返していた。

「船越さんとはほとんど連絡もとれないままです。家の電気が灯っているのか、車はあるのか、彼の行動が気になって仕方ないんでしょう。

 ちょっとしたことから大きな夫婦げんかに発展するのはいつものことでした。船越さんは尻に敷かれるタイプですから、なんだかんだで必ず仲直りをしてきたんです。

 でも、今回は違う。これほどまでに夫婦仲が悪化したのは初めて。“どうしてこうなってしまったのか”って悩んでしまってね…。最近はあまり眠れないようで、だいぶ痩せました」(松居を知る芸能関係者)

 ロケ先でスケジュールをFAXさせる、過去に交際報道の出た女優との共演は禁止させる、浮気を疑うあまり携帯を折る…。

 松居の“恐妻エピソード”は枚挙にいとまがないが、彼女にとってはすべて“愛するがゆえ”のことだった。

一体どこで間違えたのか──。

 松居はもがいている。

(女性セブン2016年2月11日号より)

関連記事(外部サイト)