松居一代 「不倫の証拠」求めて飛んだハワイで何があったか

松居一代 「不倫の証拠」求めて飛んだハワイで何があったか

以前はお正月は揃ってハワイへ旅立っていた(2013年末)

 7月5日、0時過ぎ、“松居劇場”が幕を開けた。松居一代(60才)がインターネット上にアップした動画は瞬く間に広まっていく。「『週刊文春』に騙された」との主張がはじまったその30分後には《妻・松居一代を欺き続けた船越英一郎 裏の顔》と題し夫・船越英一郎(56才)の不倫をまくしたてた。

 翌日も翌々日も、ブログや動画をネット上に投稿し、詳細なエピソードを披露しながら夫の不貞を今も訴えている。そして「嘘は絶対につきません」と何度も何度も繰り返している。あまりにまっすぐ前を見据える視線と強い口調を聞いていると彼女の主張が正しいのではないかという気にもさせられてくる。

 しかし世を賑わす松居の投稿を詳細に検討すると、曖昧な根拠で語られたことや、“すべて話す”と言っているのにあえて隠されていることに加えて、明らかに事実とは異なる内容が少なくない。「嘘はない」と断言しているにもかかわらずなぜ──。

「松居さんがインターネットで船越さんを攻撃しはじめたのは『女性セブン』と『週刊文春』が原因です。2誌が『船越が離婚調停申立書を裁判所に届け出た』ことを報じると知って、急きょ発売日前日に動画をアップしたんです。船越さんが松居さんに耐えきれず離婚を決めたという記事が世に出る前に、“船越の方が不倫している悪者なんだ”と世間に印象づけたかったんでしょう」(芸能ジャーナリスト)

 船越は5月中旬から離婚調停の申立書の作成に入り、7月上旬には裁判所に提出された。

「そのことを知っていたのか、“もう船越は戻ってこない”と察したのか、松居さんも5月中旬に『週刊文春』(以下、文春)に連絡を取り、船越さんを攻撃する準備を始めたんです」(芸能記者)

 しかし、その文春と松居は決裂する。

◆私のパーソナルトレーナーにならない?

 今年5月25日、文春の編集長宛に松居は自筆の手紙を出した。船越との夫婦関係について綴っていたという。しかし共に取材を進める中で「発売前に記事の内容を松居が確認する」という約束が一方的に反故にされたと主張している。

《週刊文春に騙されたんです。これほど汚い話はありません。彼らがどんな汚い手を使ったか、この私の真実の叫びで、皆さんにお分かりいただきたいと思います》

 本当は何があったのか。内情を知る出版関係者が明かす。

「松居さんは船越さんとハワイ在住の女性Aさんとの不倫を疑っていた。文春と組んで、船越さんとAさんとの不倫を晒すことはできないかと考えていた。そこで、不倫の証拠を掴むため文春の女性記者とハワイへ飛んだんです」

 6月下旬、松居はハワイ・ホノルルにいた。ブログでは《警察に電話して》《夜はまったく電気を使わない生活をしている》《今も居場所は伝えられない》などと緊迫した状況を綴っていたまさにそのときのことだ。しかし、彼女はハワイで驚くほど悠々自適な様子を見せていた。

「松居さんはハワイNo.1ホテルといわれる『ハレクラニ』に滞在していました。超高級宝石店でショッピングを楽しんだり、5億円はくだらないといわれる超高級新築コンドミニアム物件を物色していたそうです。有名な女性占い師の元を訪れてもいましたよ」(ハワイ在住の日本人)

◆パーソナルトレーナーを勧誘

 現地に住む日系人は、ビーチ前で松居を目撃している。

「朝、散歩をしているところを見かけました。しかも彼女はビーチでヨガを教えていたイケメンのインストラクターに“私のパーソナルトレーナーにならない?”と声をかけていました」

 実際、6月27日付の松居のブログには、ハワイらしい自然の中で大きな岩の上に横たわりポーズをとる彼女の姿もアップされている。

「その間もブログで『恐怖の告白!』など更新は続けられていましたから驚きました。だからあの切羽詰まった様子は嘘だと思いましたよ。バカンスを満喫しているようにしか見えませんでした」(前出・ハワイ在住の日本人)

 もちろん彼女は、バカンスを楽しんでいただけではない。いちばんの目的である“夫の不倫相手”と目をつけたAさんの周辺取材もしつこく行っていた。そのAさんについて、松居は動画でこう明かした。

「彼女は、ゴッドハンドといわれているエステティシャンです。彼女にはご主人がいます。家族ぐるみでおつきあいしていました。でも、いつの間にか私の夫と、私と非常に仲のいい女友達がセックスする仲になっていたのです」

 松居はまずAさんの夫に近づいた。文春の記者とともに夫や夫の母親に取材攻勢をかけたという。

「もし船越さんとAさんが不倫していたとすれば、Aさんのご主人は味方してくれるはずだと思ったんでしょう。なんとか懐柔しようとした。でも彼は全然相手にせず会うこともできない。諦めきれない松居さんらは彼の母親のところに向かった。90才近い母親の元に押しかけたわけですからさすがに不愉快に思ったでしょうね」(別のハワイ在住の日本人)

◆マツイが来た、レッスンに来ている子供たちに身の危険を感じた

 Aさんの夫の友人にも執拗に連絡したがなかなか取り合ってもらえない。

「その友人がサーフィンかなにかでけがをして病院に行くところでしたが、松居さんたちは“その病院に行く!”と騒いで周囲の人間は呆れていたそうです」(ハワイ在住コーディネーター)

 松居はAさんの夫がインストラクターを務める格闘技ジムにも押しかけた。その場に居合わせたジム関係者が言う。

「6月下旬、突然、マツイがジムにきた。泣いたり、大声を出したりして、“(Aさんの夫に)会わせて”と。レッスンに来ている子供たちに身の危険を感じました」

 その時はAさんの夫は不在。あまりに異様な光景だったためジム関係者がそれをムービーで撮影していた。

「Aさんの夫は地元の有力な司法関係者。両親の家やジムを荒らされ、さすがに激怒し、ムービーの映像を添付して現地の裁判所に『接近禁止令』を請求したそうです。松居さんの異常な行動を見た裁判所は迅速に対応しました」(前出・コーディネーター)

 その結果、裁判所から接近禁止令が下され、松居はAさんやAさんの夫に近づけなくなった。

「あまりに証拠が出ないので、文春の記者は先に帰国したそうなんです。松居さんの言っていることに信憑性がないと判断したんでしょう」(前出・出版関係者)

 帰国後、文春は松居と船越の離婚騒動を報じ、Aさんについても、《松居は、二人が密会している証拠を突き止め、確信を得たと語る》とするのみで、肝心の「証拠」については一切触れなかった。

「単なる噂話で松居さんが話していた当初の話とは大きく食い違うので、松居さんが船越さんの不倫を独白するという記事はできないと文春は判断したんでしょう。そうなると片方にだけに事前に記事内容を見せられないというのも当然のことです。でも、松居さんは自分の情報の間違いや行動を一切明かさずに、ただ“騙された”と騒いでいる。それはあまりにも違うんじゃないですかね」(前出・出版関係者)

 その文春から本誌・女性セブンに1枚の「取材のお願い」が届いたのは7月4日のことだ。そこにはこう記されていた。

《この「一年五ヶ月の尾行」について、松居氏は『女性セブン』様の取材だと認識していると確認しております。こうした事実はありますか》

 ここにある「1年5ヶ月の尾行」は、松居のブログに度々登場するキーワードだ。

《告白するよ 実はもう…1年5ヶ月も尾行され続けているの》

 6月27日のブログでこう告げた後も彼女は、《尾行の件ですが、これは、まぎれもなく真実です》《常に、後ろを振り返り運転するときは、バックミラーを確認する生活です》など、あたかも命の危険があるかのように伝えた。その尾行について、「松居氏は『女性セブン』の取材と認識している」というのだ。

 確かに1年5か月前の2016年1月、女性セブンは他誌に先がけて『船越 松居を離婚! 耐えて忍んだ15年』と報じ、その後も続報をお伝えした。だが女性セブンの記事は関係各所への取材に基づくものであり、1年5か月も松居を尾行した事実は断じてない。しかもこの間、尾行どころか女性セブンは何度も松居を直接取材している。

※女性セブン2017年7月27日号

関連記事(外部サイト)