『ひよっこ』アプレ娘 ぱるるのオーデ受け答えでキャラ誕生

『ひよっこ』アプレ娘 ぱるるのオーデ受け答えでキャラ誕生

『ひよっこ』の今後の展開をPがポロッと…

 視聴率も絶好調で人気上昇中のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』。ヒロイン・谷田部みね子(有村架純・24才)が働く東京・赤坂の料理店「すずふり亭」。みね子の同僚を演じる俳優たちは入り時間や終わりの時間も一緒になることが多く、自然と仲よくなるという。すずふり亭で働く井川元治を演じるお笑い芸人、エレキコミックのやついいちろう(42才)はこう話す。

「最近、ぼくと磯村(勇斗)くんと、佐藤(仁美)さんでハマっているのがスマートフォンの対戦ゲームですね。最初は佐藤さんがやってたんですが、ぼくもある番組の仕事でやることになったんです。その後、磯村くんも入ってきましたね。けっこう3人でやったりして、自然に交流が深まりました」(やつい)

◆ビートルズには行けなかったけどポールを見に行った!?

『ひよっこ』出演者にはミュージシャンや音楽好きが多い。小祝宗男役の峯田和伸(39才)、あかね荘の住人・久坂早苗役のシシド・カフカ(32才)、和菓子屋の息子・柏木ヤスハル役の古舘佑太郎(26才)はミュージシャン。和菓子屋の店主・柏木一郎役の三宅裕司(66才)もバンド活動をしているほか、中華料理屋の店主・福田五郎役の光石研(55才)はソウルミュージック好き。DJイベントなどを定期的に行っている。前出のやついが話す。

「すずふり亭の店主役の宮本信子さんも歌をやられてますしね。そういえば、ビートルズ来日のシーンを撮っている頃、ちょうど日本にポール・マッカートニーが来日していて、ぼくも見に行ったんですけど、後で聞いたら、佐々木蔵之介さんも、三宅さんも行かれてたんですよ。なんか、ドラマと現実がつながってるみたいでしたね」

 ほかにも、三宅、佐々木、光石、やついで昭和歌謡の『ラブユー東京』を歌うシーンがあった。

「ぼくと(佐々木)蔵之介さんが上のパート、三宅さんと光石さんが下のパートだったんですけど、三宅さんがつられるから上のパートのぼくに、『あんまり大きい声で歌うな』って(笑い)。本番前にもいっぱい練習して楽しかったです」(やつい)

◆ぱるるがヒントになったアプレ娘

 オーディションで出演することになった島崎遥香(23才)は、はねっかえりの「アプレ娘(不良娘)」牧野由香として登場している。

「実はオーディションのときには、由香のキャラクター設定はそこまで細かく決まっていなかったんです。脚本の岡田さんは、島崎さんの受け答えが個性的だったので、そこから、はねっかえりの娘がいたら面白いから書いてみたいということで、あのアプレ娘のキャラクターが生まれました」(チーフ・プロデューサーの菓子浩さん)

◆乙女寮の仲間や永井愛子の登場は?

 物語の展開としては、かつて“乙女寮”に住んでいた面々が、すずふり亭で久々の再会をしたばかり。公式インスタグラムを担当しているNHK広報局の石崎晃子さんがぽろっと漏らした。

「乙女寮の人たちの写真は人気がありましたから、これからのシーンでもたくさんいい写真を撮っておかなくては」

 前出の菓子さんもこう話す。

「乙女寮のメンバーの1人にはあっと驚く展開が待っています」

 乙女寮といえば、みね子のお姉さんのような存在である和久井映見(46才)演じる永井愛子も気になるところ。

「もちろん愛子さんも、再び登場しますし、今までよりも更に輪をかけてチャーミングなことをしてくれそうです」(菓子さん)

 あかね荘の大家の立花富(白石佳代子・75才)や、すずふり亭の高子、元治、宗男、再び登場する愛子など、ヒロインの周りにいる憎めないキャラクターたちにこのドラマの最大の魅力は隠されている。

 みね子と個性的な面々が織りなす物語から、これからも、ますます目が離せなくなりそうだ。

※女性セブン2017年7月27日号

関連記事(外部サイト)