アタック25の予選は倍率150倍 出演決定までのプロセス

アタック25の予選は倍率150倍 出演決定までのプロセス

長寿番組『パネルクイズ アタック25』の秘密

 1975年の放送開始から、放送回数2090回(2017年7月13日時点)を数えるのは、42年続く長寿番組『パネルクイズ アタック25』(テレビ朝日系・朝日放送制作)。民放で唯一の視聴者参加型のクイズ番組で、4人の解答者がクイズの正否によって25枚のパネルを奪い合うというもの。番組出演者決定までのプロセスを紹介する。

◆出場するには筆記試験&面接突破が必須条件!

【筆記試験】
 番組に出るにはまずホームページなどから予選会に応募。予選会に年間約3万通の応募があるが、参加できるのは抽選で年間約7000名と狭き門だ。予選会では制限時間8分間で30問の筆記試験に挑むことに。最終的に番組に出演できるのは年間わずか200名程度。

【面接】
 筆記試験を突破した人は同じ日に面接を。「キャラクターや『アタック25』のことがどれだけ好きかも見させてもらいます」(番組プロデューサー・渡邉拓史さん)。面接を突破すれば合格となり、出場資格が得られる。ただ、向こう1年の間に番組から連絡がなければ、資格はなくなる。

◆本番前打ち合わせに谷原も参加し最終CHECK!
 収録前、解答者4人にはメイク室でメイクが施される。衣装はすべて自前。一方、スタッフらは別室で司会の谷原章介(45才)を含めて最終打ち合わせを行い、進行を確認。加藤明子アナウンサー(41才)が実際に問題を1問ずつ読み上げ、考えられる解答例なども挙げられる。

【アタック25驚きのDATA】
・延べ出場者数:約8600名(2017年6月末時点)
・出場者の男女比:男性52.1% 女性47.9%
・パーフェクト達成者数:14名(ペア大会で達成した夫婦含む)
・シンキングタイム:約7.5秒(問題を読み上げられてから解答を締め切るまでの平均時間)
・最高視聴率:24.4%(1979年1月14日放送・関西地区)
・児玉清さんが司会を務めた年数:36年
(第1回放送の1975年4月6日から、77才で亡くなる直前の2011年4月まで司会を務めた。計1793回出演)

撮影/辻村耕司

※女性セブン2017年7月27日号

関連記事(外部サイト)