「A.B.C-Z」河合郁人にテレビマンたちが注目する理由

「A.B.C-Z」河合郁人にテレビマンたちが注目する理由

「A.B.C-Z」の河合郁人が注目を集める理由とは

 近年、テレビで目にする機会が増えたジャニーズタレントのひとりが、アクロバットを得意とするグループ「A.B.C-Z」の河合郁人(32)。「大のジャニーズ好きジャニーズ」というキャラクターが売りで、亀梨和也や松本潤など事務所の先輩モノマネを披露することでも知られている。

 今やバラエティで活躍するジャニーズタレントは少なくないが、その中でもテレビ局のスタッフの間で河合の注目度が上がっているという。実際に河合と仕事をした某テレビ局ディレクター・A氏が語る。

「番組の打ち合わせをした際、河合さんは自分から積極的に意見を出してくれるので非常にやりやすかった。物腰も柔らかで、高圧的なところが一切ない。ジャニーズの後輩思いで、言葉の端々から一人ひとりをしっかりと見ていることが伝わってくる。

 まだデビューしていないジャニーズJr.のことも熟知していて、それぞれの性格やプライベートでの振る舞いなども踏まえて、番組スタッフに提案してくれるので、とても助かった。最近デビューしたSixTONESやSnow Manとも交流があるので、『今後なにか困ったら河合さんに頼れば上手く行きそう』という気持ちにさせてくれる」(Aさん)

 別のテレビ局スタッフB氏も、ここ最近の河合の活躍に注目しているという。

「正直、ジャニーズのタレントさんには、制作側も『ジャニーズだから』と気を遣う面がある。他方で比較的融通がきく、つまり“イジってもOK”なタレントさんは珍しい。最近では中居正広さんの事務所退所会見が非常に話題になりましたが、そういった笑いを取れるジャンルのジャニーズタレントとして、河合さんがめきめきと頭角を現している気がします。

『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)では自ら“準レギュラーを狙っている”と語り、お笑いコンビ『スピードワゴン』の小沢一敬軍団の一人として番組出演したこともあります。また後輩であるジャニーズJr.と一緒に出演した回では、乾燥したタランチュラを食べるなど体を張って番組に貢献していました。キムタク(木村拓哉)のモノマネを披露して許されるというのも、彼の人徳でしょう。芸人と絡ませても安心して見ていられるのが強みですね」(Bさん)

「A.B.C-Z」といえばアクロバットやハイレベルなダンス、豊富な舞台経験など、ジャニーズ事務所のなかでも職人気質のグループとして知られる。こうした要素に加え、バラエティタレントとしての才能も兼ね備えた河合郁人の活躍に、業界からも熱い視線が注がれているようだ。

関連記事(外部サイト)