EXILE白濱亜嵐の魅力 ストイックな仕事ぶりを評価する声も

EXILE白濱亜嵐の魅力 ストイックな仕事ぶりを評価する声も

主演映画が公開中(時事通信フォト)

 3月13日公開の映画『貴族降臨 PRINCE OF LEGEND』で主演を務める俳優でダンサーの白濱亜嵐(26)。華やかなルックスとエキセントリックな役柄から映画では型破りな人物に映るが、そうした演技を可能にしているのは、白濱自身がもつ“マトモな人間性”だった。

 1993年愛媛県出身の白濱は、中学時代にJ SOUL BROTHERSに感化され、次第にEXILEへの憧れを強めていった。ほどなく姉でモデルのラブリ(30)とともに上京し、16歳のときに劇団EXILEに入団。“風組”を結成する。

 白濱の名前が一躍知られるようになったのは、劇団EXILEを脱退し、ダンス&ボーカル・グループGENERATIONSのメンバーとなってからだろう。2014年1月に白濱は同グループのリーダーに就任し、3か月後にはパフォーマーとして本家EXILEの新たなメンバーにも加わることになった。

 同年にはSF青春ドラマ『セブンデイズ リポート』で映画初主演も果たしている。2014年は彼にとって飛躍の年だったと言っていいだろう。その後は音楽活動はもとより、テレビドラマや舞台、映画、声優、そしてダンサーとして精力的に活動し、その才能を発揮してきた。

 そんな白濱が主演を務めて話題を呼んでいる『貴族降臨〜』は、EXILE HIRO がエグゼクティブプロデューサーを務める「PRINCE OF LEGEND」シリーズの劇場版第2弾。眉目秀麗な“王子たち”が頂点を目指して競い合うストーリーだ。白濱は、土木業者の社長からホストクラブの代表へと上り詰めた“貴族”であるドリー=安藤シンタロウ役を演じている。

 映画のストーリーだけを見ると絵に描いたような成功譚で、功成り名を遂げてきた白濱自身の人生とも重なるようにも見える。だが彼は決して棚牡丹(たなぼた)で成功を手中に収めたわけではない。

 白濱の出身地・愛媛の元ご当地アイドルで、現在はロックバンド「トライシグナル」のボーカル&サックスを務める谷尾桜子氏は、テレビ愛媛の情報番組『ほーなん』内のコーナーで白濱に取材したときの印象を次のように語る。

「ツアー中にドラマの撮影というハードなスケジュールだったとお伺いしましたが、ドラマを観てみると多忙さを微塵も感じさせない迫力のある演技で、思わず圧倒されました……! 地元・愛媛のみんなに『大きくなったよ!』と言葉にして伝える誠実さにも、愛媛県民としてグッときました! ストイックに仕事に取り組む姿勢やインタビューの受け答えの様子など、才能や実力だけでなく人間性の高さも勝手ながら感じました」

『貴族降臨〜』で共演した俳優の廣瀬智紀(33)も、白濱を「人間性が素晴らしい」と称賛していた。そのことを裏付けるようにWEBマガジン『VOGUE GIRL』のインタビューで白濱は、「自分の中身じゃないところで生きてるといつか突然辛くなる」と述べ、サステナブルに活躍するために容姿ではなく中身を磨くことが重要だと主張していた。

 ホスト専門誌の元編集者によれば、ホスト業界で生き残るためには「話術やルックスだけではダメなんです。酒を飲み過ぎず、マメにお客さんの相手をする。つまり普通に仕事ができる、マトモな人間じゃないといけない」とのことだが、ホストクラブ代表を演じた白濱は、成功譚よりも“マトモで豊かな人間性”という点で役柄と重なっているのかもしれない。

●取材・文/細田成嗣(HEW)

関連記事(外部サイト)