津川雅彦 「ラブシーンは、殺陣である」

津川雅彦 「ラブシーンは、殺陣である」

津川雅彦が伊丹十三監督の思い出を語る

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、作家の渡辺淳一氏と意気投合した理由、完璧主義だった伊丹十三監督作品に出演した思い出について語った言葉を紹介する。

 * * *
 津川雅彦は1980年から1990年代にかけ、渡辺淳一原作の作品をはじめとする文芸映画に多く出演、数々の女優と濃厚なラブシーンを繰り広げてきた。

「渡辺先生と気が合うと思ったのは、『《男男しい》と書いて《めめしい》と読むんだ』と話された時だ。僕も同感だった。優柔不断、嘘つき、嫉妬深さ──この点において男は、女に勝る女々しさの持ち主なんだ。僕の演技についても先生は『君は男の冴えなさ加減、卑怯さを出すことを充分分かってくれてる』と言って、可愛がってくれた。

 ラブシーンでは、観客は男優をあまり見ない。男の役割は、女優がどれだけ綺麗な肢体に見えるか、エロティックに見えるかの介添え役ということさ。女性の背中にこっちの手を入れて胸を反らせることで乳房を大きく見せるとか。胸の愛撫を見せたい時は、乳首が映らないようにうまく手を動かすとか。

 つまり時代劇の殺陣と同じく、男優は女主人公を美しく見せるための斬られ役を演じるんだ。

 ただいやらしくやっても面白くない。ラブシーンで飽きられないようにするには、『えっ』という意外性、『あっ』という驚き、『なるほど』という説得力を工夫して、『エロティズム漂うムードを醸し出すアイディア』を入れながら『女性の姿態を魅力的に見せること』。たとえば、スカートの下からパンティをはがし取るのさえ見せておけば、中でどう手を動かしてもエロティックに見えるわけさ」

 伊丹十三監督の作品には、1984年の第一作『お葬式』から1997年の遺作『マルタイの女』まで十本中九本に出演している。

「伊丹監督は徹底的に突き詰める人だった。ある時『今の良いねー。99パーセントの出来だ』って言うからOKなのかと思ったら『もう一度やって100パーセントにしよう』って。あの方は完璧じゃないとOKを出さない。全てに徹底していたね。

 撮影は大概ワンシーン・ワンカット。芝居が最後まで流れるので、役者にとっては良い緊張感になる。カットを切るのはショック療法だから、多いと芝居にアクセントが入りすぎる。

 難を言えば、注文が多い。たとえば、歩いて来てセリフを言いながら空き缶を蹴れと言う。蹴ると今度は『カメラ側の左足で蹴ってくれ。ブレスは缶を蹴る前に』と注文が出る。すると蹴る時のセリフの場所と共に缶までの歩数も決めなきゃならなくなるから、セリフが頭の中でゴチャゴチャになってしまう。

 その要求に軽く対応するためには、まずセリフを完璧に覚えなくちゃいけない。僕は車の運転をしながらチェックをしたね。運転中は信号、横断歩道、通行人、対向車と気をとられることが多いからね。それでもセリフだけは滑らかに出てくるようになれば、撮影中のどんな注文にも混乱しなくなるからさ。

 しかしそこまでセリフを入れるのには、二週間はかかった。毎日覚えては忘れ、そしてまた覚え直しては忘れる。これを繰り返していると、段々と覚え直す時間が短くなり、最後にはどんなややこしい注文にも忘れなくなる時が来るんだね」

●かすが・たいち/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『鬼才 五社英雄の生涯』(ともに文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。

◆撮影/藤岡雅樹

※週刊ポスト2017年8月4日号

関連記事(外部サイト)