津川雅彦 「過去も未来も『今』この場を楽しむためにある」

津川雅彦 「過去も未来も『今』この場を楽しむためにある」

俳優・津川雅彦が「今」を語る

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、デビュー作『狂った果実』が長らく代表作だった俳優・津川雅彦が、58歳にして次の代表作とめぐりあえたことについて語った言葉を紹介する。

 * * *
 津川雅彦は1998年の映画『プライド 運命の瞬間』で主人公の東條英機を演じている。

「似せるつもりはなかったんだ。真似るってのは下品な手段だからね。役の魂を演じるのが真っ当なやり方だと思ってる。でも努力の証として、やれることはやっておこうと、ご本人に近いメイクをしてみたら、自分でも驚くくらい似ちゃったんだね。

 この映画はいきなり東條英機の演説から始まる。ニュース映像とかでそのしゃべり方も姿もみんなが知ってたからね。似せておかないと観客には、津川雅彦の印象の方が強くなってしまう。普通は、主役が登場する前に、これは東條英機の映画だと充分印象を強めておくもんだが、今回の『プライド』はその手助けが全くない。シャレじゃないけど、いきなり東條の登場だから、顔も仕草も似せて『この人は東條英機だ』と印象付ける必要があった。

 おかげでこの映画は五十八歳にして巡り合えた四十二年振りの代表作とすることができた。それまでは十六歳のデビュー作『狂った果実』が代表作だった。主演で、大ヒットして、作品としても評価を受けて、初めて代表作といえるんだよね。

『狂った果実』の主演は石原裕次郎だと思われがちだが、違う。あれは最後に恋人を横取りされた兄を嫉妬のあまり殺す弟の純愛物語さ。観客である若者はそれで爽快な気分になるんだ。だからあれは、弟が主役なのさ。

『狂った果実』は大ヒットしたし、作品もフランスに渡りゴダールやトリュフォーまでが『大いに刺激を受けた』と評価した。それを超えるような作品は、残念ながら、その後はなかった。伊丹作品もヒットはしたし、評価も得たが、主演じゃない。『プライド』は大ヒットになったし、日本アカデミー主演男優賞も取れた。ようやく『狂った果実』を超す代表作に巡り合えたことになる」

 近年はテレビドラマで政財界の大物役を演じることが多い。

「大物といってもいろいろある。自分は大物だと思い込んでいる小物、大物だけど、らしく見せない謙虚な人、将来大物を期待される小物風大物──。大切なのは、その人物が上品か下品か、どんな性格か、どんな癖か、短所はどこか、長所はどこか。そういうことも含めて人物を構築していく必要がある。

『今後やってみたい役』というのはないね。やりたい共演者、脚本家、監督はたくさんいるんだがね。つまり、僕が田沼意次を稀代の悪党としてやってみたいと思っても、歴史的にはいろんな評価があるし、プロデューサーや脚本家、演出家がどういう意向で作品を創ろうとしているかが大事だから、僕の想いだけの問題ではなくなるんでね。

 この年になって思うことは、明日はない、昨日も二度とない、只今のみ、ということ。過去も未来も、『今』この場を楽しむためにある。このインタビューにしても、過去をしゃべりながら『今』を楽しんでいる。『これまでの努力があったから、今こうして生きていられる。こんな話ができる楽しみは、今しかない』と思うことにしてるんだ」

●かすが・たいち/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『鬼才 五社英雄の生涯』(ともに文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。

◆撮影/藤岡雅樹

※週刊ポスト2017年8月11日号

関連記事(外部サイト)