村井國夫 芝居の前に読むよう言われた吉本隆明の書

村井國夫 芝居の前に読むよう言われた吉本隆明の書

1963年に俳優座養成所に入所した村井氏

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、映画、ドラマ、舞台などで50年以上にわたり活躍する村井國夫が、俳優座養成所に入所してからの駆け出しの数年間の思い出について語った言葉を紹介する。

 * * *
 村井國夫は1963年に俳優座養成所に入所する。同期には原田芳雄、夏八木勲、地井武男、高橋長英、小野武彦、前田吟、栗原小巻、太地喜和子らがおり、彼らは後に「花の十五期生」と呼ばれることになる。

「僕はずっと引っ込み思案で、母に心配されて『演劇部にでも入りなさい』と言われたんです。それでも、自分で入れてくださいとも言えず、姉の同級が演劇部だったので、僕のクラスに迎えにきてもらいました。

 その部は一つ先輩に男子が一人だけであとは女子だったのですが、その先輩が辻萬長さんでした。辻さんが高校卒業後に俳優座の養成所にお入りになったので、僕もその後を追った。最初はそんな安易なものでした。

 ここに入ったのが、僕としては幸せでした。素晴らしい同級生たちがいましたからね。僕は最年少で、みんなにくっついて歩いていたという感じです。

 先生では劇作家の田中千禾夫さんや演出家の栗山昌良さんがいて、言葉の言い方について徹底的に教わりました。たとえば、『僕はあなたを愛しています』というセリフの場合、『僕は』なのか『あなたを』なのか『愛しています』なのか、どこに力点を置くかで相手への心情は全く変わってきますよね。この人物は『僕は』を言いたいのか、『あなたを』を言いたいのか、『愛しています』と言いたいのか。それをホンの前後から見つけていく。

 ですから、今でも日本語には敏感で、若い人が語尾にばかり力点を強く持っていったりすると気になります」

 養成所の一つ上の先輩には、後に劇作家となる斎藤憐や、後に演出家となる佐藤信がいた。

「お二人から教わったことは大きいですね。たとえば、佐藤さんは一つのセリフを言うにしても、その言葉がどこから発想されたものなのかを聞いてきます。それは相手の言葉を受けてどう心が動いてそのセリフを言っているのか考える、ということです。僕が答えられなかったり、いい加減に言ったりすると、『違う。ここからだ』と教えてくれました。

 養成所では三年になるまでは芝居をしてはいけないことになっていて、七月に自主公演がありました。その前の春休みに自主発表をしようということになり、その台本を斎藤さんが書き、演出を佐藤さんにしてもらいました。これに『國夫、お前も出ろ』と誘われた時は嬉しかった。佐賀の田舎から出てきて、何もできなくて自信もなくて。一年の時なんて、暗くて人と喋れませんでしたから。それなのに、みんなで芝居をやる時に誘ってもらえたことで、仲間入りができたと思えたんです。

 それは男ばかり六人が登場する、左翼から右翼に転向する男の話でした。『テンコウ』といっても当時の僕には『学校を転校するのか』と思う程度だったんですよ。それで斎藤さんに『吉本隆明の本を読め』と言われ、読んだ後は『次に読むものは自分で考えろ。それを読んだら次に何を読めばいいのか分かるはずだから』と。そうやって役に臨む前に状況を徹底して調べるのが今でも癖になっています」

●かすが・たいち/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『鬼才 五社英雄の生涯』(ともに文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。

◆撮影/五十嵐美弥

※週刊ポスト2017年8月18・25日号

関連記事(外部サイト)