麻央さん死別後の海老蔵一家を支える小林麻耶の献身子育て

小林麻央さん死後、海老蔵が留守の間は小林麻耶が母親代わりに 子供たちも麻耶に懐く

記事まとめ

  • 麻央さんの死後、海老蔵が留守の時は麻耶が麗禾ちゃんや勸玄くんの面倒をみているそう
  • タニマチも温かい目で見守っており「再婚して2人の母親になってくれたら」と話す人も
  • 市川海老蔵の"後添え"問題を成田屋関係者は固唾を飲んで見守っているようだ

麻央さん死別後の海老蔵一家を支える小林麻耶の献身子育て

麻央さん死別後の海老蔵一家を支える小林麻耶の献身子育て

母親代わりになって…(写真:時事通信フォト)

 妻・小林麻央(享年34)が旅立ってから6週間が過ぎた。ブログで〈今日からパパママもやります〉と宣言した市川海老蔵(39)だが、歌舞伎界の名門中の名門を率いる総領だけに「ママ業」をこなすのは簡単ではないようだ。歌舞伎関係者がいう。

「『座頭市』の公演で7日まで名古屋入りしており、その後10日から14日までは大阪公演です。7月末は麗禾ちゃん(6)や勸玄くん(4)を連れて温泉や志賀高原に行ったりしていましたが、やはり寂しい思いをさせることは多く、海老蔵さんも不憫に思っている」

 海老蔵が留守の間、母親代わりになって2人の面倒をみているのが麻央の姉・麻耶(37)だ。成田屋に近い人物がいう。

「子供たちの送り迎えをしたり、海老蔵も交えて一緒に遊びに出かけたり、まさに『代理ママ』の働きをしています。子供たちも懐いていて、麻耶さんに甘えることで母親のいない寂しさに耐えている面があるようです。タニマチの多くも温かい目で見守っていて、中には“再婚して2人の母親になってくれたら……”なんて話している人もいます」

 2020年の東京五輪を前に大名跡「市川團十郎」を襲名するのが既定路線といわれる海老蔵。襲名ともなれば、贔屓筋への挨拶回りに関することから引き出物の手配まで、雑事を一手に引き受ける「梨園の妻」の存在が重要であることは再三指摘されている。

「“後添え”の問題は、そう遠くない将来浮上してくるでしょう。ただ、それは“子供が懐いているから”というような話とはまったく別の問題。もし誰かと再婚することになれば、“先妻の実家”とは距離をおくことになる。子供のため、家のため、海老蔵さんがどういう選択をするのか。成田屋関係者は固唾を飲んで見守っています」(同前)

 梨園のルールはかくも厳しいのである。

※週刊ポスト2017年8月18・25日号

関連記事(外部サイト)