元SMAPに新展開、香取はパラリンピックで草なぎはお酒CM

香取慎吾が制作した壁画がパラリンピックサポートセンターに 草なぎ剛は酒CMが決定か

記事まとめ

  • パラリンピックサポートセンターには、香取慎吾が制作した大きな壁画が飾られている
  • 『SMAP×SMAP』元スタッフが懸け橋となり元SMAPはパラリンピックに関わるよう
  • 草なぎ剛は、泥酔騒動以来、初めてのお酒CMが決まったという

元SMAPに新展開、香取はパラリンピックで草なぎはお酒CM

元SMAPに新展開、香取はパラリンピックで草なぎはお酒CM

新たな展開を見せつつある元SMAPのメンバー

 鮮やかな色づかいで描かれた太陽や海、富士山、桜、笑顔は躍動感であふれている。東京・赤坂にある『パラリンピックサポートセンター(以下、パラサポ)』には、香取慎吾(40才)が制作した、縦2.6m×横4.6mの大きな壁画が飾られている。

「パラリンピックにかかわる選手やスタッフにエンジョイしてほしいという思いを込めて描かれたものです。本人も絵を描くのが好きですし、この絵は関係者から高く評価されています」(芸能関係者)

 その豊かな才能が、今後の香取の活躍の幅を広げていくことになりそうだ。SMAP解散から約8か月が過ぎ、香取と草なぎ剛(43才)、稲垣吾郎(43才)の3人が所属事務所から独立するまで1か月を切った。

「独立のタイミングで“3人のレギュラー番組は打ち切られるのでは”という噂が報じられたこともありましたが、ほとんどの番組は存続という結果になりました」(テレビ局関係者)

 しかし、香取が出演してきた『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)は、9月いっぱいで終了する。

「香取さんにとって、後番組がドラマということが少なからずショックだったようです。というのも、ドラマは放送のだいぶ前にキャスティングを始めるもの。つまり、ドラマ決定はスマステの打ち切りがだいぶ前に決まっていたことを示すからです」(前出・テレビ局関係者)

 これから3人が活躍する姿を見る機会が減るのではないか――そんな心配をするファンも多いが、3人はそれぞれ、自分の得意な分野での新しい挑戦が見られそうだ。その1つが、2020年の東京パラリンピック。

 もともとSMAPはパラサポの公式応援サポーターだった。2年前に就任すると、中居正広(44才)が「SMAPの“P”はパラリンピックの“P”」と盛り上げた。冒頭で紹介した壁画も、その縁で香取が描いたものだった。

「ただ、SMAPが解散してしまったので、予定されていた応援サポーターとしての活動計画は白紙になってしまいました。抜群の知名度をいかしてパラリンピックの認知度向上に貢献してもらっていたので残念です」(パラリンピック関係者)

 しかし、ここへきて事態が動いているという。

「パラサポのメーンスポンサーである日本財団は、このまま手伝ってほしいと熱望しています。そこでキーマンになるのが、6月末にフジテレビを退社したSさんです。彼は『SMAP×SMAP』の元スタッフです。実はこのSさん、日本財団会長の息子さんなんです。2年前にSMAPが応援サポーターになったのも、Sさんの働きかけがあったからといわれています」(スポーツ紙記者)

 Sさんが懸け橋的な「強力助っ人」となって、元SMAPメンバーはこれからもパラリンピックとかかわっていきそうだ。

「特に、あの壁画は象徴的な存在。香取さんのアーティスティックな才能と天性の明るさに期待する声が自然とわき起こり、今後、パラリンピックの顔として活動していくことになりそうです。木村拓哉さん(44才)や中居さんたちにも応援サポーターをやってもらえたら…と関係者は考えているようで、夢は広がりますね」(前出・スポーツ紙記者)

 香取以外のメンバーも、新たな一歩を踏み出そうとしている。

「草なぎさんは10月からの新CMが決まったそうです。しかも、アルコール飲料だとか。撮影はこれからだそうで、草なぎさんにとって、あの泥酔騒動以来、初めてのお酒のCMです。SMAP時代とは違った、新しい一面が見られるかもしれません」(前出・芸能関係者)

 SMAPは形を変えても、1人1人の輝きは褪せない。

※女性セブン2017年8月24・31日号

関連記事(外部サイト)