映画初主演の田中要次「1カットだけの役の日々忘れず謙虚に」

映画初主演の田中要次「1カットだけの役の日々忘れず謙虚に」

映画初主演を果たした田中要次

「主役のお話をいただいたときは、嬉しかったです。でも、なんですかねぇ、若い頃なら舞い上がっていたかもしれないけど、もうこの歳で映画の主役は来ないだろうって、諦めていましたから(笑い)」

 田中要次(54)が映画初主演を飾ったアクションホラー映画『蠱毒 ミートボールマシン』(西村喜廣監督)が、順次全国公開されている。人々が謎の寄生生物に操られ死闘を繰り広げる街で、田中は愛する女性を守るために戦う中年男を演じている。

「このくらいの年齢になると、若い頃から主役を演じてきた役者さんまで脇役に回り始めている。そんな流れの中で、今更主役をお願いされることはないと思っていました。ましてや、ヒロインに恋をする役なんてね。若い時は恋愛映画の主役に憧れた時もあったけれど、僕の中ではもう気持ちが冷めていて、今頃来たかという感じ(笑い)。でも恋愛と同じで、こちらが一方的に想っている時ほど願いは叶わない気がしているんです」

 田中といえば、名脇役の印象が強い。2001年のドラマ『HERO』(フジテレビ系)では、どんな注文にも「あるよ!」のひと言で応じるバーテンダー役で存在感を示し、一躍有名になった。これまで300を超える作品に出演してきたが、意外なことにドラマで初めて主役を演じたのは2013年の『アウトドアロックンロール』(BS朝日)、50歳の時だった。今回が初の主演映画となるが、特に心境の変化はないという。

「周りから見て、アイツは天狗になっているって思われているかもしれないけれど(笑い)、自分が変わったつもりはありません。たとえば助監督が監督になったら『もう監督しかやらない』と貫き通す人もいるけれど、役者は『主演しかやらない』とは言い続けられないですから。 1カットしか出ない役をやっていた日々を忘れずに、謙虚にしていたほうがいいですよね」

 撮影は、昨年5月に12日間という短期間で行なわれ、激しいアクションもほぼスタントなしで演じきった。寝る間も惜しんで集中した日々を「まるでリオのカーニバルだった」と振り返る。

「特殊メイクに時間が取られるうえ、カット数も多くて、台詞も多い。最初は無理だと思ったんです。でも、予算も時間も限られた撮影現場で、みんなが集まってわーっと映画を作るのは、なんだかお祭りに似ている。ハードだったけれど、その時しか集まれないメンバーと充実した時間を過ごしました」

 役者を目指したのは、27歳の時だった。JR東海の社員として愛知で働いていた田中は、銀幕の世界に憧れながらも、退職してまで飛び込む決心がつかずにいた。そんなある日、交通事故を起こしてしまう。

「幸いにも相手に怪我をさせず、自分も大事には至らなかったけれど、失敗するなら自分が選んだ道で失敗したいと思ったんです。翌日、会社に辞職したいと伝えました。今思えば、退職してからは怖いものがなくなって、どうにでもなれという気持ちでここまで来たのかもしれません」

 すぐに上京したものの、役者になるアテはない。照明助手として入った映画『無能の人』の撮影現場で、初監督を務めていた俳優・竹中直人の目にとまり、端役でデビューする。以後、役者としての仕事を地道に増やし、『HERO』でブレイクしてからはバラエティーや旅番組と幅広く活躍する日々だ。大の猫好きとしても知られる。

「休日は妻と仲良く、自宅で3匹の猫に頬ずりしていますね。雌猫しかいないので、娘であり彼女でもあります。僕は雌猫好き。雄猫とは暮らしたくないなぁ。だって、男同士で暮らしているようなものじゃないですか(笑い)」

 無骨で寡黙な印象とは裏腹に、気さくで飾らない笑顔を見せる。今後演じたい役を聞くと目を輝かせた。

「今回は若い女性に恋する役だから、次回は娘のために戦う父親役をやってみたいですね。あれ? おかしいな、自分が主役のつもりでいるな(笑い)」

 主役か否かは問題ではないのだろう。デビューから27年、映画初主演という大役をつかんだ田中の姿勢がぶれることはない。

【PROFILE】たなか・ようじ/1963年、長野県生まれ。愛称は「BoBA(ボバ)」。1990年、JR東海を退職して上京し、照明助手をしながら俳優の道を志す。翌年、映画『無能の人』に出演。以後、300作以上の映画やドラマに出演し、バラエティ番組でも活躍。3月から『ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z』(テレビ東京系)にレギュラー出演し、映画初主演となる『蠱毒 ミートボールマシン』が新宿武蔵野館ほか全国順次公開中。

●取材・文/戸田梨恵 ●撮影/江森康之

※週刊ポスト2017年9月8日号

関連記事(外部サイト)