野際陽子さんの女優魂「病気だからと出演シーン削らないで」

野際陽子さんの女優魂「病気だからと出演シーン削らないで」

主宰する演劇の稽古などが行われる倉本聰さんのアトリエ

 今年4月からスタートしたドラマ『やすらぎの郷』(毎週月~金曜昼12時半~、テレビ朝日系)が、いよいよクライマックスを迎える。立案者であり、『やすらぎの郷』の脚本家・倉本聰さんは、居を構える北海道・富良野でドラマにかける思いを語った。

 6月に井深凉子役の野際陽子さん(享年81)が肺腺がんで亡くなった。末期は撮影現場で酸素チューブをつけながらも、女優としての強い信念で出演シーンを撮りきったという。

「去年の8月に脚本が上がったときは、病気のことは全然知らなかった。凉子がジョギングする場面で“実は肺を半分取っていて走れないの”と言われて、その時に知ったんです。“病気だからと出演シーンを削らないで”と、最後までおっしゃっていたし、周囲には病気を微塵も感じさせない演技は立派でした。

 でもね、本当はもう少しせりふがあったんです。7シーンぐらい書き替えました。野際さんには一応お伝えして、(加賀)まりこ(73才)にせりふを回したりして。“野際さん、このせりふは言いたかったろうなぁ”というのは随分ありました。書き直しながらつらかったですよ。彼女の気持ちを思うとね。

 制がん剤治療はやめたと聞かされた後も、撮影はまだ残っていて、山家で菊村栄(石坂浩二・76才)と芥川賞の結果を待つシーン(第108話)が最後のでっかいシーンです。野際さんはウイットに富んだ人でね、“濃野佐志美”なんてペンネームを使う凉子をおもしろがっていましたよ」(倉本さん・以下「」内同)

 今年1月には同時代を駆け抜けてきた“戦友”の脚本家・山田太一さん(83)が人知れず脳出血に倒れ、『週刊ポスト』で「もう脚本が書けないかもしれない」と、断筆宣言ともとれる告白をした。

「太一さんの病気も全然、知らなかったんです。残念だけど…(しばらく言葉に詰まる)、またなんらかの形で創作はできるんじゃないですかね。でもね、“書かないからといって作家じゃなくなった”とは言えない。作家の行動というものがありますから。死に方ひとつも作家の死に方があるし、生きざまとどれだけ結びついているか、ということです。非常に残念な気持ちもありますが、こっちだっていつどうなるかわからないから。

 ぼくもね、自分の行く末は深く考えています。だから『やすらぎの郷』も、130話の脚本を4か月で一気に書き上げたんです。こんなハイペースで脚本を書いたのは、人生で初めてのことですよ。

 この作品はぼくが体験した話や知識をいっぱい使っているでしょう。俳優が倒れても、誰かが代わりにせりふを言うことはできるけれど、ぼくが倒れたら、代わりはいない。それでとにかく、『死ぬまでに書き上げよう』と必死でした。

 第41話で、大納言(山本圭・77才)が『女房なら、若い時より、死ぬ間際の老けた女房におれは会いてえ』と言いますが、これはぼくがいつも考えていること。カミさんが先に死ぬか、ぼくが先に死ぬかとか、そういうことは頭の中で年中あるので、そういうシーンを書いている時には筆が進みます。すごいスピードで原稿用紙に書くものだから、字を書くスピードと筋肉運動が釣り合わなくなって、『だめだ、もう手が動かない!』なんてね(笑い)」

撮影/矢口和也

※女性セブン2017年9月28日号

関連記事(外部サイト)