“スー男”キンボシ西田の相撲芸人力がスゴすぎる!

“スー男”キンボシ西田の相撲芸人力がスゴすぎる!

注目の相撲芸人、キンボシ西田(撮影/山田美保子)

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、“スー女”ならぬ“スー男”、注目の相撲芸人・キンボシ西田をレポート。

 * * *
 白鵬、稀勢の里、鶴竜の三横綱に、5月に大関になったばかりの高安、アクロバティックな相撲の宇良、そして碧山、佐田の海の7力士が休場しているのが大相撲秋場所だ。

 懸賞が取り下げられたリ、チケットの値崩れなどがあったりするものの、NHKによる『大相撲秋場所』中継は11~12%をキープ(17時台。ビデオリサーチ・関東地区)。

 スー女の増加に注目が集まったり、相撲リポーターの横野レイコ、「相撲少女・眞子ちゃん」こと久志本眞子、元大関・若島津(現・年寄・十二代二所ノ関)・高田みづえ夫妻の娘、アイリら、相撲に詳しい“芸能界のスー女”たちは情報番組やバラエティー番組から引っ張りだこだ。

 そんな中、異彩を放っているのが、「キンボシ西田」こと、お笑いコンビ「キンボシ」の西田淳裕。

 6日、『バイキング』(フジテレビ系)では、件の「3横綱1大関」休場に関連する「休場の歴史」や、「そんな異常事態だからこそ面白い」という秋場所の優勝力士予想をしにスタジオへやってきた。

 先日の『ものまね紅白歌合戦』(同)では司会の東野幸治から「インドネシアの山P(山下智久)」と呼ばれたイケメンで、東京NSC16期生の30才。1期先輩の15期生に横澤夏子や「おかずクラブ」が居ると聞けば、いかに若手かがわかろう。

 芸人としては、まだまだなのだが、力士の間では、知名度100%。特に横綱白鵬は、このキンボシ西田のことが“大のお気に入り”で。巡業に同行させたり、酒席に呼んだりしていると聞く。

 お笑い芸人というと、芸人同士ルームシェアしている者が多いが、なんとキンボシ西田は「力士が好きすぎて、山口関とは一緒に住んでいたこともある」とか。

 相撲ファンになったきっかけは、出身の鹿児島県は徳之島から、朝潮と旭道山が出ており、キンボシ西田5才のときに行われた横綱朝潮太郎の銅像の除幕式にやってきた小錦を見て、「お相撲さんって、かっこいいな」と思ったからだそうだ。

「芸能人とかがやってくる島ではなかったので、出身の力士が大スターだったんです。地元では旭道山が勝った日には花火があがっちゃうぐらい大騒ぎでした。だから小さい頃から、じいちゃん、ばあちゃんと一緒にNHKの大相撲中継を毎日見ていて、どんどん、のめりこんでいきました」と西田。ちなみに、歯科医の父は、あまり相撲には興味がなかったそうだ。

 上京し、早稲田大学4年のときにNSCに。現在のウリは、某局ディレクターが名付けてくれたという「支度部屋ニュース」だ。

 これは、共演者が誰かの四股名を言うと、続けてキンボシ西田が、「下の名前」、「出身地」、「部屋」、そして独自取材による「ワンポイント情報」をスラスラ言う、いわゆる“ネタ”である。

 ベテラン、林家ペーによる「誕生日ネタ」を想像していただけばいいかもしれない。「なんで、そんなこと知ってるの?」と共演者や視聴者が驚き、笑ってくれたら成功だ。

 13日の『バイキング』CM中、曜日MCのおぎやはぎ矢作兼が「あれ、面白いんだよね」とMCの坂上忍ら共演者に説明。「ありがとうございます」と恐縮しきりのキンボシ西田に、「誰でもいいの? じゃあ…」と坂上が挙げた四股名が「魁傑」! ホントにイジワルだ(苦笑)。

 だが、キンボシ西田は顔色一つ変えず、「魁傑將晃(まさてる)」「山口県岩国市」「放駒」「水族館に行くのが大好きで、最高で週に4回、水族館に行ったことがあります」と答えたのである。

 続いて、坂上に促され、ゲストの女優、夏樹陽子が「琴恵光」の名前を挙げた。キンボシ西田はまたしても涼しい顔で、「琴恵光充憲(みつのり)」「宮崎県延岡市出身」「佐渡ヶ嶽部屋」「お姉さんがつい最近まで渡辺いっけいさんのマネージャーさんをやってました」…、その、あまりにもニッチで、相撲と関係なさすぎる「ワンポイント情報」にスタジオは大爆笑。ネタ振りした矢作兼も身体をよじって笑っていた。

 ワンポイント情報は、「できるだけ、どうでもいいものをセレクトしています。仲のいい力士が増えたいまは、『これを入れて』と情報を教えてくださる方が増えました。自薦も他薦も多いです」とのことだ。

 そんなキンボシ西田が今場所注目しているのは、豪栄道(大関)、阿武咲(前頭三枚目)、貴景勝(前頭五枚目)の3力士。

「豪栄道はカド番。最近5場所の優勝者は全て休場中の横綱ですが、6場所前は豪栄道が優勝しています。実はそのときもカド番だったんです。稽古の調子もいいし、動きもいいので、実力通りの相撲ができれば優勝できる」
「阿武咲は、21才と、いまノリにノッている若手力士。稽古で横綱から指名されたりと期待もされている。今場所のように混戦なときは経験が多いほうが有利だが、勢いにのれば優勝できる」
「貴景勝も21才で阿武咲とは小中学校のときから意識しあう仲。先場所も横綱相手にいい取り組みをしていたし、実力もあるので、阿武咲関に負けじと揃って快進撃に…という可能性もある」

 と、「ワンポイント情報」とは異なり、解説に笑いはなく、ひじょうにしっかりしている。

「はなわ」や、“相撲ものまね”の「あかつ」のように男性芸人にも相撲通が増える中、「イケメン」で「お坊ちゃま」で、多くの力士から可愛がられている「キンボシ西田」をきっかけに相撲ファンになる若者も今後、増えるに違いない。

「力士を好きすぎて、イエスマンになってしまうのが悩み」というが、間違いなく新しいカタチの“スー女”ならぬ“スー男”。「キンボシ西田」に大注目だ。

関連記事(外部サイト)