仲代達矢 今でも映画に出たり芝居をするのは「意地」

仲代達矢 今でも映画に出たり芝居をするのは「意地」

84歳の現在も映画と舞台で活躍(写真:時事通信フォト)

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、84歳の現在も映画と舞台の双方で活躍を続ける俳優・仲代達矢が語った言葉を紹介する。

 * * *
 今回も前回に引き続き、筆者が仲代達矢に出演作品の舞台裏や演技論・芸談についてうかがったインタビュー本『仲代達矢が語る日本映画黄金時代 完全版』(文春文庫)から、印象的な「言葉」を抜粋していく。

 仲代のキャリアを振り返ってみると、映画と舞台の双方で大きな実績を残していることに気づく。これは、自身が意図的に選択した役者人生であった。

「前にやったのと同じような役をやるのは避けたかったんですよ。映画会社に専属してスターになると、一つ当たると次から次へ同じものが来る。役者になる前から映画を見ながら『外国の役者はどうして作品によって変わっていくんだろう』ということをいつも考えていました。

 そこへいくと日本の役者は、一つ当たるとずーっと同じようなイメージの役をやる。やっぱり作品によって変わっていったほうが面白いだろうなって、なんか無意識の中にあったんですよ。

 それから、やっぱり私は芝居が好きで。苦労してお金にならなくても、一年の半分は芝居をやると。それで、残りの半分を映像にするつもりでいました。だから、年の前半は映像の世界に出て、六月でピタリと止めて、後半は通行人の役でも芝居をやると決めていたんです。たとえその時に映画主演の話があっても振り向かない、と」

「十代はメチャクチャどん底だったものですから、金は欲しかったんですが、金に対する不信感みたいなものもありました」「若気の至りっていえば若気の至りですけど、やっぱりどこかダイナミックに生きてみたいなって気持ちがあったんです」

 この方針は役者生活六十年以上、84歳となった現在も続けており、今年も主演映画『海辺のリア』が公開、この秋には主演公演『肝っ玉おっ母と子供たち』が控えている。年齢的な肉体への負担を考えると苦しい選択といえるが、仲代は役者として必要な道だと捉える。

「役者はみんな、舞台もやっておいた方がいいと思います。ハリウッドでは、たとえばトム・ハンクスのような映画スターでも何年かに一度は舞台に立っています。映画を何十年やっていても、いきなり舞台をやりだしてもできません。でも、舞台をやっていればその経験は映画にも通じます。

 映画スターの中には素晴らしいスターもいるけど、その事務所なり映画会社が若い頃からちやほやしたせいで図にのってダメになった俳優はいっぱいいます。だから、そういう二重生活をしたことは私にとって非常にいい経験だったと思います」

 自らをあえて困難な状況におく過酷な役者道を、仲代はいつまでも続ける決意でいる。

「倒れるまでは役者をやろうかな、と思っています。本当なら縁側でお茶でも飲んでないといけない年齢なんですが、それでも『舞台は足腰だ』ということでアスリートのようなことをやって、今でも映画に出たり芝居をしているのは、ちょっと意地汚い気もしますが、それこそ『意地』のようなものでしょう」

 その「意地」、いつまでも見届けていたいと改めて思った。

●かすが・たいち/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『鬼才 五社英雄の生涯』(ともに文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。

※週刊ポスト2017年9月29日号

関連記事(外部サイト)