自分自身が面白がりながら噺を進化させる春風亭一之輔の魅力

自分自身が面白がりながら噺を進化させる春風亭一之輔の魅力

今、最も落語会のチケットが取りづらい春風亭一之輔の魅力は

 音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。広瀬氏の連載「落語の目利き」より、今、最も落語会のチケットが取りづらい春風亭一之輔を紹介する。

 * * *
 今年4月、NHK総合テレビの『プロフェッショナル 仕事の流儀』が春風亭一之輔を「落語ブームを牽引する男」として紹介した。ブーム云々はさておき、一之輔が今、最も「旬」な落語家であることは間違いない。

 最近の一之輔の集客力の急上昇ぶりには目を見張るものがある。彼は2013年から毎年「ドッサりまわるぜ」という全国ツアーを行なっていて、東京公演は有楽町のよみうりホール。客席数1100の大会場だけに、以前は柳家喬太郎、柳家小三治、笑福亭鶴瓶ら強力な助っ人を迎えて観客動員を図ったが、今年(7月8日)はゲストなしで即完売となった。演じたのは『千早ふる』『お見立て』『居残り佐平次』の3席。

 一之輔の『千早ふる』はアドリブのギャグに自分自身が面白がりながら成長させた素敵な作品だ。「ディスクに溜まった朝ドラ録画を消去してて忙しいから」と八五郎を帰そうとするご隠居の豪快なキャラは空前絶後、「歌を詠んだのはカリフラワーのカリフラワー」に始まり「江戸中末期の相撲取り竜田川の口が臭かったと当時の『月刊相撲』に載ってる」などと言い出す暴走っぷりは一之輔の独壇場だ。

「この噺、柳家の人はもっとちゃんとやるよ」とツッコミを入れられたご隠居がキレて「『千早ふる』なんてご隠居がその場の思いつきで適当に言ってるだけなんだよ!」と言い返したのには爆笑した。本来のサゲを素通りして到達するオリジナルのサゲも「こう来たか!」と意表を突く。

 お大尽の田舎者っぷりと喜瀬川花魁の傍若無人ぶりが際立つ『お見立て』は、人物造形のデフォルメが秀逸な一席。もはや「一之輔十八番」と言っていいだろう。2人に振り回されてヤケクソになっていく喜助が抜群に可笑しい。墓はカムチャッカだとでも言っておけばよかったと責める花魁に「言ったとしても行きますよあの人は!」と反論する喜助の気持ちがよくわかる。

「おこわにかける」の意味をマクラで仕込んでからの『居残り佐平次』は、あっけらかんとした佐平次のキャラが一之輔らしくていい。佐平次が花魁の確定申告を手伝ったり『芝浜』をやったり、「一之輔の落語」として成長し始めたのを随所に感じた。後半、二階で稼ぎ始めた佐平次の「ワケのわからないヤツ」な感じは立川談志や先代三遊亭圓楽に通じるが、ハジケた軽さは一之輔特有のものだ。

 一之輔の落語は常に進化し続けている。この日もそれを実感した。

●ひろせ・かずお/1960年生まれ。東京大学工学部卒。音楽誌『BURRN!』編集長。1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。『現代落語の基礎知識』『噺家のはなし』『僕らの落語』など著書多数。

※週刊ポスト2017年9月29日号

関連記事(外部サイト)